県議会で執務・勉強会/今月の「月刊 ガバナンス」の表紙は、ビアンキアンソニー犬山市議会 市議会議長

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(8歳)の小学校見送り、長女(5歳)を保育園に送り届けてから、早めに県議会に登庁し、執務に就きました。予算を審議する定例会も近くなり、勉強会を精力的に重ねています。

/今月の「月刊 ガバナンス」の表紙は、ビアンキアンソニー犬山市議会 市議会議長です。
米国ニューヨーク ブルックリン出身のアンソニー・ビアンキ氏は愛知県犬山市の市議会議長です。2014年9月「前例より前進 青い目の市会議員奮戦記」を出版しています。
私は、フィンランド出身の元議員、ツルネン・マルテイさんの選挙スタッフとして、政治活動をはじめています。ツルネン氏も地方議員から、政治の世界に入って、参議院議員となりました。ビアンキアンソニー 議長とは、FBフレンドですが、意見交換もさせて頂いています。ご活躍を期待しています。

/過日も政策局長による「平成30年度 当初予算案等に係る各会派説明会」が行われました。内容としては、平成30年度 当初予算案及び、第1回定例会提出予定議案等です。しっかりと取り組んで参ります。
この時期になると、書類も多くなりがちですが、神奈川県議会は、ペーパーレスの取組みでだいぶ減りました。机上を見てみると紙の書類のない綺麗な机と、書類が高く積まれた机に二極化しています。(県議会執務室・厚木の事務所共に)私の机上は、(紙の書類は)それほど高く積まれていませんが、その分、自宅のパソコンの横には、高く積まれています。議会が終わったら、整理します。

【写真】: 本日も県議会で、勉強会。今月の「月刊 ガバナンス」の表紙は、ビアンキアンソニー犬山市議会 市議会議長。議会が終わるころには、机上の紙もなくなると思います。

Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。