第43回 ハトポッポ桜まつり/第54回 あつぎ飯山桜まつり(最終日)/立正佼成会 降誕会(花まつり)式典/伊勢原市議会 会派創政会 議員主導住民協議会

本日は、「第43回 ハトポッポ桜まつり」「第54回 あつぎ飯山桜まつり(最終日)」「立正佼成会 降誕会(花まつり)式典」等を廻らせて頂きました。
長男が、発熱のため(元気ではありますが)、長女を連れて、それぞれの会場を廻らせて頂きました。

飯山桜まつりでは、親しくさせて頂いている先生方にお点前を頂戴し、その後、先週に引き続き二回目となる記念撮影をさせて頂きました。いつも、快く歓迎をして頂き、感謝しています。

/午後からは、伊勢原シティプラザ ふれあいホールにて、開催された「議員主導住民協議会」にお伺いしました。伊勢原市議会の最大会派「創政会」が、構想日本(政策を実現するシンクタンク)の協力のもと、これまで行ってきた「事業仕分け」を一歩進めて、昨年から行っているものです。
「住民協議会」は、住民の関心が高い行政課題について、無作為に抽出した住民に案内を送付し、応募のあった人が委員として参加するものです。
住民に集まって頂き、議員と共に問題整理とその解決策を考え、行政として一定の方向性を出すという取組みです。

/本日は、「伊勢原駅北口周辺地区の整備について」をテーマとし、協議がなされました。私自身も構想日本の仕分け人でもありますので、本日、お伺いし、オブザーバーとして、傍聴させて頂きました。

伊勢原市議会の会派「創政会」は、自民党系会派ではありますが、最後に私も厚木市選出の県議会議員として、御紹介頂き、会場の皆様にご挨拶をさせて頂きました。御配慮頂きました 議長並びに会派代表、議員、及び関係者の皆様に感謝します。

/本日のテーマ、「伊勢原駅北口周辺地区の整備について」の議論は、非常に興味深く、最後の報告の中で出てきた「観光は目的ではなく、あくまでも手段で、最終的な目的は、住民や子供たちの地域アイデンティティの確立に有る」という言葉が印象的でした。

【写真】: 第43回 ハトポッポ桜まつり/第54回 あつぎ飯山桜まつり(最終日)/立正佼成会 降誕会(花まつり)式典/伊勢原市議会 会派創政会 議員主導住民協議会

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。