幼馴染みの告別式が厚木市斎場にて、しめやかに執り行われました/小学校PTA事務作業(印刷等)/長男・長女の体操教室

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(8歳)の小学校登校を見送り、長女(5歳)を保育園に送り届けてから、仕事に就きました。

/事務所に寄ってから、地元小学校へ参りました。小学校PTAにかかわる事務作業(印刷等)があり、役員の皆様が中心となって、お声かけ頂きました。総会資料の準備(印刷)等です。委員長として、お伺いし、しっかりとお手伝いをする予定でした。
厚木小学校・中学校の幼馴染みの不幸により、告別式に参列することとなりました。集合時間に集合し、会長・顧問の皆様にご挨拶し、皆様の御理解を頂き、PTA室から退室させて頂きました。

/午前10時30分からは。幼馴染みの告別式が、厚木市斎場にて、しめやかに執り行われました。昨今は、故人の人柄が偲ばれるようなお葬式を演出されることがありますが、本日参列した友人の御葬儀も、またそうでありました。故人の好きだった、DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー )の曲が流れ、おしゃれ好きの故人が生前、身に着けていた洋服、靴が祭壇の脇に飾られ、焼香ではなく、献花という形で執り行われるといった、オリジナリティあふれるものでありました。
同じ小学校・中学校の幼馴染みも、多く集まり、故人を偲び、参列しました。波乱に満ちた48年間の人生の幕を閉じた故人、素晴らしい人生の中でも、同じ小学校と中学校で、同じ時間をあなたと分かち合えた喜びは何物にも替えがたく感謝しております。ご家族の皆様には大切な人を亡くした悲しさの現実を今は受ける余裕は無いとお察し申し上げますが、一刻も早く立ち直られる事が故人の願いでもあると思われます。
喪主は、20代の御子息が、頼もしくも、立派に務め上げられました。ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。

/夕方は、長女を迎えに行きつつ、長男の体操教室を見学し、その後、子供達と帰路につきました。子ども達に夕食を食べさせて、妻の帰りを待ちます。妻の帰りを待って、妻は子供たちの寝かしつけ、私は残った仕事に取り掛かります。
我が家はフルタイムの共働きですが、夜の会合・打合せ・勉強会等のない日は、たいてい私が送り迎えをし、朝と夕食を用意します。県庁から帰る時は、スーパーで惣菜を買ったり、弁当だったりもします。それだけに可能な限り、手作りを心がけています。

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。