文学座なつやすみこどもフェスティバル2018「ヘンゼルとグレーテル」@新宿区信濃町の文学座 稽古場

子ども達の夏休みも始まりました。我が家は共働きですので、夏休みも保育園と学童クラブにお世話になっています。
そうした中、本日は、一日時間が空いたので、(保育園と学童クラブも休みを取り)子ども達を連れて、東京都新宿区信濃町の文学座 稽古場で行われた「文学座なつやすみこどもフェスティバル2018『ヘンゼルとグレーテル』」に出かけてきました。
文学座所属の俳優さん達ですので、舞台のみならず、CMも含めてテレビやラジオで御活躍の方が多くいます。子供向けの演目ですが、やはり、生の演劇は面白いです。女優の頼経明子さんが、受付(チケット確認)に居られました。
その他、(前説も含めて)子供向け演目の中でも、ノウハウの蓄積が随所で見ることができて、いつも感心します。そして、子ども達はいつも大喜び。文学座の皆さん、ありがとうございます。

/その後、厚木に戻り、マクドナルドで、シェイクで身体を冷やしつつ、スーパーで食材の買い出しをして帰宅しました。

/政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2018年8月1日号の作成に入っています。月刊さとう号外(ケンオウニュース)は、年3回~4回、厚木市内を中心に毎回18万枚を目標に配布しています。(前回発行した4月号は15万部発行。前号発行分で、通算217万9000部発行しています。)隔週でタウンニュースに掲載している県議会活動報告記事の再掲を中心としたものですが、掲載する記事選びと並行して、トップ記事の作成も行いますので、それなりの作業量となります。しっかり頑張ります。

【写真】: 本日は、子ども達を連れて、東京都新宿区信濃町の文学座 稽古場で行われた「文学座なつやすみこどもフェスティバル2018『ヘンゼルとグレーテル』」に出かけました。(撮影許可のある時間帯のみ撮影しています。後半の演目に入ってからは撮影禁止です。)

 

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。