第51回神奈川県消防操法大会@神奈川県総合防災センター(厚木市下津古久280)

本日は、第51回神奈川県消防操法大会が、神奈川県総合防災センター(厚木市下津古久280)にて行われました。
消防団員は、地域の安全・安心を支える地域防災の要として、日ごろから火災予防や地域の防災活動、災害時の消火救助などの活動を行っています。本日は、2年に1度の「神奈川県消防操法大会」を開催し、消防団員が日頃の訓練で磨き上げた消火技術を競い合うものです。

競技内容としては、県内消防団33隊が、4人(小型ポンプ操法の部)又は5人(ポンプ車操法の部)1組で、消防ホースの延長、接続、筒先の結合等を行い、放水により標的を倒します。所要時間、各隊員の士気、規律、迅速な行動、確実な動作、チームワーク等を審査し、順位を決めます。ポンプ車操法の部で最優秀となった消防団は、10月19日(金曜日)に富山県で開催される「第26回全国消防操法大会」に神奈川県代表として出場します。

【写真】: 第51回神奈川県消防操法大会@神奈川県総合防災センター(厚木市下津古久280)

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。