8月は「かながわ子ども・子育て支援月間」/かなチャンTV パラデル漫画シリーズ第1弾/神奈川県は「子育て」を応援しています

本日は8月1日、8月は「かながわ子ども・子育て支援月間」です。
パラデル漫画シリーズ第1弾
神奈川県は「子育て」を応援しています。

昨年度、「誰も見たことないパラパラ漫画」と話題の作家、本多おさむ氏と神奈川県の公式動画サイト「かなかなかぞく」が、交通安全PRでコラボした動画を掲載し、大きな反響があったことを受け、今年度は「パラデル漫画シリーズ」として、県の重要な政策を分かりやすく紹介しています。

第1弾のテーマは、「子育て」です。是非、ご覧下さい。
#パラパラ漫画 #パラデル漫画 #かなチャンTVパパノミカタ

/そしてもう一つ、かながわパパ応援ウェブサイト「パパノミカタ」

良くできていると思うのですが、やはりちょっと違和感があります。
特に以下の表現。
子育てポイント ~日常編~http://c.rakuraku.or.jp/mikata/contents/index/page/point-home
・ママの話を聴く。~聴く姿勢に徹しよう。子どもが寝ている時間を有効活用してみては。~
・ママのリフレッシュのお手伝い。~美容室やママの趣味の時間は、子育ての合間の大切なひと時。ママのリフレッシュタイムには子どもを連れて外出を。~

ママの話を聞くのではなくて、「妻の話を聞く」だし、ママのリフレッシュのお手伝いではなくて、「妻のリフレッシュのお手伝い」であるべき。
うまく言えませんが、個人的には、ちょっとネガティブな印象を持ちました。
「子育ては、夫婦共同でやるものである」という前提で作成しているにもかかわらず、こう書くことで、子育てに対する(父親の)上から目線な表現となってしまって、とても残念です。細かいことは、あまり言いたくはないのですが、かながわパパ応援ウェブサイトとして、子育てポイントをアドバイスするとしているからには、こういう細部に表れてしまう表現こそ大切にしてほしいと思います。

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。