ベトナムフェスタ in 神奈川2018/厚木南地区 熊野神社(旭町3丁目)例祭/学童クラブ来年度入会説明会

今年、日本とベトナムは外交関係樹立45周年を迎えました。
この節目の年に今年で4回目となる「ベトナムフェスタ in 神奈川2018」を今日と明日の日程で、開催しています。黒岩知事を先頭に神奈川県とベトナムの交流のさらなる発展を目指して開催するものです。

今年は横浜公園エリアを会場に追加し、バラエティ豊かなベトナム料理や伝統ある水上人形劇を、アオザイやノンラーがあふれる空間で、ベトナムの伝統や文化を感じながら楽しめます。また、ベトナムのトップアーティストNoo Phuoc Thinh(ヌー・フック・ティン)さんによるライブステージをはじめ、「ベトナム」の“今”を身近に感じられるプログラムやコンテンツが、用意されています。

エリアとしての「日本大通り」は、認知度としては低いことから、ブランド構築を考えた時にもブランド構築を意識して、更に活用するべきということは、平成30年6月25日 県議会本会議一般質問等で、「横浜スタジアムのある横浜公園と県庁本庁舎を活用して、それぞれをつなぐ」と具体に提案して参りました。
「ベトナムフェスタ in 神奈川2018」にご来場ください。本日は、長男と妻は、別のイベントに出かけていた為、長女と二人で電車に乗って出かけて参りました。

/「映画『赤ひげ先生』(仮)の制作に向けて」と題した 映画プロデューサー 竹本克明氏のトークショーも行われました。竹本克明氏は、一大ブームを巻き起こした『佐賀のがばいばあちゃん』、『バトルロワイヤル』といった映画をプロデュースされた方です。

/午後は、長女と共に厚木に戻り、学童クラブ来年度入会説明会に出席させて頂きました。

/夜は、厚木市内のお祭りやイベントをいくつか廻らせて頂きました。
厚木南地区 熊野神社(旭町3丁目)の例祭は、古くから「おくまんさん」の愛称で親しまれ、敷地になる御神木(銀杏の木)の樹齢は450年とも500年とも言われています。この付近は、古くから「熊野の森」といわれ、天保2年(1831)に厚木を訪れた渡辺崋山が描いた 厚木六勝図の一枚、「熊林ノ曉鴉」はここの風景を描いたものと聞いています。(夜は、携帯を忘れたので、写真は無し)

【写真】: ベトナムフェスタ in 神奈川2018/学童クラブ来年度入会説明会

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。