神奈川県消防学校(厚木市)に全国で最大規模 救助訓練施設が完成/知事が出席してオープニング記念式典・救出救助デモンストレーション、新訓練施設見学が行われました

神奈川県では、近年多発している様々な自然災害に備えるため、消防職員・消防団員・自主防災組織等の災害対応能力向上を図る災害救助訓練施設を建設しました。本日、知事が出席してオープニング記念式典・救出救助デモンストレーション、新訓練施設見学が行われました。

施設の特徴としては、地震による家屋倒壊、土砂災害による埋没、豪雨による浸水など、様々な災害現場を再現することが可能で、専門性・経験・能力に応じた段階的・体系的な訓練を実施することができます。なお、このような施設は消防としては和歌山県に続き2番目で、全国最大規模になります。

厚木市にある神奈川県消防学校の敷地内に完成したこの施設は、広さおよそ1万5000平方メートルの規模を誇ります。大雨で水没した車両から人を救出する訓練を行うプールや、崩落したコンクリートの下敷きになっている人の救助訓練を行う設備などが整備され 、本日、私も内覧をしました。

【写真】: 神奈川県消防学校(厚木市)に全国で最大規模 救助訓練施設が完成/知事が出席してオープニング記念式典・救出救助デモンストレーション、新訓練施設見学が行われました

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。