本日も2時間半ほど、本厚木駅北口、中心市街地交差点をお借りして街頭演説/ご挨拶廻り/消防団出動指令(災害出動順次指令)が出され火災出動/支援者の方から、高幡不動尊の勝守(勝ち守り)を頂きました

本日も2時間半ほど、本厚木駅北口、中心市街地交差点をお借りして街頭演説を行いました。議会活動報告は、厚木市議会議員時代より16年超続けており、本日で通算2378日目(延べ日数ではなく実数)となります。
早朝できない時は、夕方に行うなど柔軟に対応しています。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。

/ご挨拶廻りの中で、支援者の方から、高幡不動尊の勝守(勝ち守り)を頂きました。ありがたいことです。絶対に勝ち抜きます。

/1月7日14時51分、消防団出動指令(災害出動順次指令)が出されて、火災出動しました。大渋滞の中、市内に戻り、現場に到着しました。詳細は申し上げられませんが、その後、屋上の一部を焼損し鎮火しました。その後、反転帰署命令(帰宅指示)がでました。(鎮火連絡は16時12分)負傷者は居りませんでしたが、出火し、家屋の損失がありました。私も地元の消防団員として出動し、しっかりと消火活動に参加しています。

/現在、厚木市は、厚木市役所を本厚木駅前(中町2‐2地区)に移転することを決めていますが、これに合わせて、厚木市消防本部も合築することとしています。

昨日も市内は大渋滞でしたし、平日の市内渋滞も常態化しています。厚木市消防本部では、分署も含めて、45分に一回の割合で、救急車が出動しています。(数は年々増加しています)
駅前一等地で、交通渋滞が日常となっている本厚木駅前に消防本部を持ってくることを知っている市民は、どれほどいるのでしょうか?

厚木市民は、厚木市役所や消防本部の本厚木駅前移転を決めたことと、消防署が駅前に来ることで、火災や救急車搬送にどれほど、影響を与えることとなるのか、十分に説明を受けているのでしょうか?
現職が再選すれば、それは既成事実となり、市役所庁舎のみならず、消防本部(消防署)も本厚木駅前に移転することとなります。本来は、厚木市長選挙の争点となるべきと考えますが、現職は、「争点隠し」をしています。

私は、市民に問いたいと強く考えています。

~~~~
平成 29 年中の救急出動件数は 11,612 件で、前年に比べ 319 件(2.8%)の増、搬送人員は 10,525 人で、前年に比べ 349 人増となり、1日当りの平均は、出動件数が 31.8 件、搬送人員は 28.8 人で、これは約 45.3 分に1回の割合で救急車が出動したことになります。
厚木市消防本部「救急活動の概要」
~~~~

【写真】: 支援者の方から、高幡不動尊の勝守(勝ち守り)を頂きました/本日の消防団火災出動。鎮火・反転指令後。
※ 撮影は(分団長・消防本部から)反転帰署命令が出たのちに行いました。

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。