早朝議会活動報告は厚木郵便局前交差点(国道246号)他、中心市街地交差点(通算2380日目)/厚木商工会議所 平成31年 新春賀詞交歓会(レンブラントホテル厚木)/湘北教職員組合・相模原市教職員組合 鏡開き 2019年新春の集い・湘北50周年/夜は、長女を連れて、スイス菓子「ポニイ」さんへ。阪神淡路大震災から、もうすぐ24年

本日は、厚木郵便局前交差点(国道246号)他、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。市議会議員時代より通算で、2380日目(実数)となります。風は冷たかったですが、今朝の街頭活動も気持ちよく行わせて頂きました。自転車ですれ違う方々からも、応援・御支援、そして、お菓子(北海道限定)の差し入れも頂戴しました。ありがとうございました。

/本日は地元デー。午後は、「厚木商工会議所 平成31年 新春賀詞交歓会(レンブラントホテル厚木)」、「湘北教職員組合・相模原市教職員組合 鏡開き 2019年新春の集い・湘北50周年」に来賓としてお招き頂き、それぞれ、鏡開きや御挨拶等、高い席からではありましたが、御参列されて皆様に対し、新春の御挨拶をさせて頂ける機会を頂戴しました。感謝します。

/夜は、長女を連れて、スイス菓子「ポニイ」さんへ。
長い歴史を持つ神戸の老舗ベーカリー・洋菓子店「フロインドリーブ」で修業中に被災(阪神淡路大震災・1995年1月17日午前5時46分)し、それを機に厚木で、独立開業された「スイス菓子 ポニイ」のご主人・岸田嘉夫さん。 阪神淡路大震災を忘れないように毎年、1月17日は意識して、ポニイのご主人の作られたケーキやお菓子、パンを食べるようにしています。

東日本大震災時は、私も支援ボランティアの一人として、現地(被災地)入りを致しました。
必要物資が圧倒的に足らない状況を目にし、調査をすると「全国から次から次に届く物資」も大阪等の近郊で止まっている状況でした。まさに「ボトルネック」を認識しながらも、必要な場所の選定も出来ず、適所に配布する人材も方法も全くない状況でした。私は現地で指揮を執る友人のアドバイスに添ってのお手伝いを夢中でしていました。あれから、24年です。

2月の厚木市長選挙を控え日々、忘れてしまうことも多いので、今年は少し早めですが、阪神淡路大震災の教訓を忘れないようにとの思いを込めつつ、美味しく頂いています。 本日も、長女を連れて店内に入ると、
ポニイのご主人から、「もうすぐ、24年になります。」と一言頂きました。毎年、この季節には、ご主人・岸田さんとお会いして、阪神淡路大震災前後の神戸の街についてのお話をさせて頂きます。
これからも震災ボランティアとしてかかわりを持った経験を教訓として忘れないように日々の活動に励んで参ります。今年は、ロールケーキ等、生菓子をたくさん購入して、家族で楽しみました。

【写真】: 早朝議会活動報告は厚木郵便局前交差点(国道246号)他、中心市街地交差点(通算2380日目)。いつも温かく御支援頂いている方にマンションのベランダから撮影して頂きました/厚木商工会議所 平成31年 新春賀詞交歓会(レンブラントホテル厚木)/湘北教職員組合・相模原市教職員組合 鏡開き 2019年新春の集い・湘北50周年/夜は、長女を連れて、スイス菓子「ポニイ」さんへ。阪神淡路大震災から、もうすぐ24年

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。