2019年(第7回)飯山花の里ポピーまつり/東京六大学野球 2019春季リーグ戦 慶応義塾大学 – 法政大学(第2回戦)を観戦

本日は、地域活性化団体「みどりと清流のふるさと創造委員会(小島富司委員長)」による「2019年(第7回)飯山花の里ポピーまつり」の式典に来賓としてお招き頂きました。本日は、式典前に会場に入り、祝電メッセージを持参し、関係者・御来場の皆様にご挨拶をさせて頂きました。飯山花の里ポピーまつりは、明日29日も開催されます。

/午後からは、妻と子どもたちと共に東京・神宮球場にて行われた 東京六大学野球 2019春季リーグ戦 慶応義塾大学 – 法政大学(第2回戦)を観戦しました。試合時間も2時間半を超える熱戦となりました。法政大学が、慶應義塾大学の追い上げを振り切って勝利し、1勝1敗としました。

慶応大学の佐藤 宏樹投手は、2020年のドラフト候補とも言われる逸材です。佐藤投手応援時は、私も同じ佐藤として、気分が良かったです。結局、負けてしまったわけですが、子ども達も大喜びでした。ただ、(子ども達は二人とも)帰りの電車では、疲れて寝てしまいました。

【写真】: 2019年(第7回)飯山花の里ポピーまつり/東京六大学野球 2019春季リーグ戦 慶応義塾大学 – 法政大学(第2回戦)を観戦

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。