地区春季健康まつり。厚木北・厚木南地区、南毛利地区等。パンチ佐藤さんとシドニーオリンピック銀メダリスト 安藤美佐子さん/栄光学園中学高等学校 文化祭(第71回栄光祭)/本日「母の日」/緑のまつり二日目

本日は、自治会の球技大会(地区春季健康まつり)が、市内各地域で行われています。厚木北地区と厚木南地区では、開会式で、御挨拶をさせて頂きました。
厚木南地区では、パンチ佐藤さんが、助っ人外国人ならぬ助っ人元プロ野球選手として参加します。(と聞いています)
パンチ佐藤さんの隣にいるのは、シドニーオリンピック銀メダリスト 安藤美佐子さん。同じく強力助っ人として参加(と聞いています)。その後も南毛利地区等を廻り、御挨拶をさせて頂いています。お伺いできなかった会場も全て、昨日までに直接お伺いし、祝電メッセージをお届けさせて頂いております。本日は、緑のまつり二日目です。

/午後は、妻と子供たちと共に鎌倉市の栄光学園中学高等学校 文化祭(第71回栄光祭)に出かけて参りました。進学校として有名な栄光学園ですが、私は、初めてお伺いしました。
栄光学園OBの隈研吾氏が監修して新築された校舎を隅々まで、見ることができました。「新校舎の1階はRC造主体、2階は木造主体のハイブリッド構造。時代の先駆けとなる『みらいの学校』のモデルを目指した」とされるものです。隈研吾マニアとしては、一度はしっかりと見て廻りたかった建物(選定委員長としての監修ですが)でした。

木造部の柱や梁(はり)、外壁などには国産材を、廊下の下駄箱や教室内の棚には神奈川県産のヒノキを使用しています。
完成した校舎は、3階建てを全て2階建てとしたことも話題となったそうです。
3階建てだった校舎をわざわざ2階建てにした理由は「(栄光学園は)休み時間などには校庭へ出て伸び伸び遊ぶ伝統があり、3階からは下りるのに時間がかかってしまうから」ということで、二度びっくりです。耐震性能を受け持つ鉄筋コンクリートと柔らかく空間を包み込む木造のハイブリッド構造で、新築から丸2年と新しい校舎は、素晴らしかったです。

/本日は、母の日。
妻は、子ども達にとっての母なので、本日は、子ども達の意見を最大限尊重(したつもり)です。
夕食は、(子ども達の大好きな)無添くら寿司 でお腹いっぱい。
プレゼントは、ケーキ(とカーネーション)。
「我田引水」感が漂いつつも、子ども達の思惑通りにコトが進みました。
私の母は、昨年亡くなりましたが、思えば私は、ろくすっぽ親孝行など出来なかった。とても親不孝な息子でした。
子ども達には(私を反面教師に)母親孝行な大人に育ってもらいたいと思いました。
そんな、母の日でした。

【写真】: 地区春季健康まつり。厚木北・厚木南地区、南毛利地区等。パンチ佐藤さんとシドニーオリンピック銀メダリスト 安藤美佐子さん/栄光学園中学高等学校 文化祭(第71回栄光祭)/本日「母の日」

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。