全国の超党派の地方議員で構成する「出産議員ネットワーク」「子育て議員連盟」要望活動/県庁新庁舎にラグビーワールドカップ開催の新バナーが掲示されました/夜は浮世絵カフェ/横浜スタジアムでのパブリックビューイング

本日は、朝一番で登庁し、勉強会・ヒアリング。県議会を出たり入ったりしながら、課題解決に向けて取り組んでいます。

/午後は、全国の超党派の地方議員で構成する「出産議員ネットワーク」「子育て議員連盟」として、要望と意見交換のため全国町村議長会への要望活動に「子育て議員連盟 世話人」の一人として同行しました。(午前中の全国都道府県議会議長会への要望活動は、公務のため欠席)

代表の永野裕子豊島区議は、所属議会では初めて現職の議員として2度出産し、様々な困難に直面した経験から、議連を立ち上げました。議員の出産の全国議会調査を行い、該当者や賛同者に声を掛け、ネットワーク化、議員連盟を立ち上げ「どんな立場にあっても、妊娠・出産・子育てが安心してできる社会」「開かれた民主主義のツールとしての議会」を目指して活動しています。
私も趣旨に賛同し、「子育て議員連盟」設立に協力、チャーターメンバーの一人として活動しています。

各全国議長会は「地方六団体」と称され、地方自治法第263条の3に、内閣総理大臣に届け出を行うことや、地方自治に関する事項について総務大臣を通じて内閣に申し出を行ったり、国会に意見書を提出したりすることができると定められています。国で議論が進まない課題などに対して、この地方六団体の意義を活かした働きかけをしていくことも重要と(永野代表は)考え要望活動を行っています。

/夜は、県民ホール6階にオープンしたエンターテインメントレストラン「浮世絵カフェ」に出かけて参りました。オープンに先立ち開かれた内覧会にお伺いできなかったため、初日となる本日、お伺いしました。

事業を手がける神奈川県は、訪日外国人をはじめとした横浜を訪れる観光客の「ナイトタイムエコノミー」を活性化し、地域のにぎわい創出を掲げています。私自身も県庁周辺の活性化については、これまでも本会議での質問・委員会質問で取り上げて参りましたので、期待も大きいものがありました。

出演する「パフォーマンス集団白A」は、音楽とダンス、そしてステージ上に映像を映し出す「プロジェクションマッピング」を駆使するエンターテイメント集団です。動画を見る限り、海外でも実績があり、有名な方々のようです。

パフォーマンスは40分程度。二度の入れ替え制で、入場料は3000円。ワンオーダー制です。私は、2500円の幕の内弁当を購入しました。(正直に言うとあまり期待していていなかったのもありますが)料理は、大変、美味しかったです。ただ、周りに居られたシニアの夫人の方々は、500円の珈琲のみのオーダーで、ちょっと残念でした。

(私がお伺いしたのは)初日、二回のうちの第一回目でしたが、私も懇意にしている会社の方々が10人くらい動員されてきたり、県の職員の方々もお客として少なからず、来られていました。演目もエンターテインメントに優れていて、素晴らしかったですが、3000円支払って、リピーターとなられる方が多くいるかは疑問です。また、外国の方がいないにもかかわらず、半分英語で行われているショーは、ちょっとシュールな感じもしました。

私は飲食業の世界で長く働き、現場も多く見て参りました。本日オープンしたエンターテインメントレストラン「浮世絵カフェ」ですが、正直に言うと嫌な予感しかしません。まさに絵にかいたような「武士の商法」とでもいいましょうか、ここにはいちいち書きませんが、目につくことが、たくさんありました。私の予想を裏切って「外国人旅行客に好評になるように期待したい(神奈川県国際文化観光局文化課)」と強く願います。

【写真】: 全国の超党派の地方議員で構成する「出産議員ネットワーク」「子育て議員連盟」要望活動/県庁新庁舎にラグビーワールドカップ開催の新バナーが掲示されました/夜は浮世絵カフェ/横浜スタジアムでのパブリックビューイング

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。