昨日の視察先は、札幌市役所 「札幌市におけるMICEの取組について」(札幌市経済観光局観光・MICE推進部)/いよいよワールドカップまであとわずか。札幌地役所にて リーチマイケルとツーショット

=令和元年度 神奈川県議会 国際文化観光・スポーツ常任委員会 県外調査(初日)=
初日となる昨日の県外調査視察先一か所目は、
札幌市役所「札幌市におけるMICEの取組について」(札幌市経済観光局観光・MICE推進部)でした。

=====
・視察先1- 札幌市役所:
札幌市は、 MICE の誘致に比較的早い時期から着目し、これまで積極的な取組を進めてきた。平成 15 年には札幌コンベンションセンターをオープンさせ、 観光庁が Japan MICE Year と定めた平成 22 年には、札幌 MICE の現状と5 年間 の方向性を定めた「札幌MICE 総合戦略」を策定する等、ソフト及びハードの両面での MICE 推進を実践してきた 。 戦略策定から 5年を経過し、国際会議やインセンティブツアーの動向、国内外の他都市の状況等、 MICE を取り巻く環境は著 しく変化していることから、現在の状況に対応した新たな戦略を定め、 札幌の都市の魅力を十分に生かした MICE の推進に取り組み、地元への直接的な経済波及効果、札幌のブランド力向上と観光を含めたリピーター確保、学術レベルの向上や発展、市民における創造性の育成等を図ることを目的に今後5年間の新たな取組の方向性を定め ている 。本県においても、県内には多くのグローバル企業が立地し、MICEの需要が高まっていることから、観 光客の平均消費単価を高めるため、 MICE を呼び込 む コンテンツづくりに取り組んでおり、同市 の取組を調査することにより、今後の委員会審査の参考に資する。
=====

※ MICEとは、Meeting(会議・研修・セミナー)、Incentive tour(報奨・招待旅行)、Convention またはConference(大会・学会・国際会議)、Exhibition(展示会)の頭文字をとった造語で、ビジネストラベルの一つの形態。参加者が多いだけでなく、一般の観光旅行に比べ消費額が大きいことなどから、MICEの誘致に力を入れる国や地域が多い。日本でも、インバウンド振興策の一環として、国や自治体により誘致活動が盛んに行なわれている。

「ユニークべニュー」について
海外においては、会議やレセプション開催時に、歴史的建造物や公的空間等で特別感や地域特性を演出できる施設「ユニークベニュー」が都市の差別化を図るツールの一つとして利活用が進んでいます。また、MICE誘致活動においても「ユニークベニュー」の活用提案は、地域全体で誘致機運が醸成されている点から開催地決定要因の一つにも挙げられています。一方で、日本国内における「ユニークベニュー」に対する理解は十分とは言えず、利用できる施設が大きく増えていない状況にあります。このような状況を踏まえ、観光庁では我が国の「ユニークベニュー」の開発・利用促進を図っています。

※「ユニークベニュー(Unique Venue:特別な場所)」とは、「博物館・美術館」「歴史的建造物」「神社仏閣」「城郭」「屋外空間(庭園・公園、商店街、公道等)」などで、会議・レセプションを開催することで特別感や地域特性を演出できる会場。

/札幌ということで、昨日は視察日程終了後、札幌の友人たちと会うことにしました。この地には、同じ同門で、同じ釜の飯を食った仲間である 山根理広北海道議会議員(札幌市北区選出)、水上美華札幌市議(札幌市北区選出)がいます。現在は、お二人とも立憲民主党に籍を置いてご活躍されています。(同じ門下生ということで言えば、この地域では、西川将人旭川市長も私と同期(6期生)です。)

閑話休題。今年の統一地方選挙で見事初当選を勝ち取りましたが、お二人とも、当選に至るまでは本当にご苦労なさいました。山根県議は、前回は当選至らず、4年間辛抱の上での初当選。水上市議は、北見市議会を二期務め、総支部長となり、日本で一番広い選挙区(小選挙区なのに神奈川県の5倍広い)で、総選挙を二回戦いました。
その後、一念発起して、選挙区を札幌市北区に移し、札幌市議会議員に初挑戦し、見事初当選を勝ち取りました。昨日から 山根議員は、視察で石川県に向かわれるそうで入れ違いになります。また、今後も連携をとって、県政課題の解決に向けて取り組んで参ります。昨晩は、紋別市出身のマスターのお店でお話をしましたが、(水上議員の前選挙区である)紋別市議会議員もご一緒となり、ご挨拶をさせて頂きました。

【写真】: 昨日の視察先は、札幌市役所 「札幌市におけるMICEの取組について」(札幌市経済観光局観光・MICE推進部)/いよいよワールドカップまであとわずか。札幌地役所にて リーチマイケルとツーショット

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。