県立厚木東高校(村越みどり校長)文化祭「手児奈祭」/フードバンク@厚木東高校/厚木YMCA子ども食堂(今回はフィリピン料理)/子ども達の3時のおやつには 手作りホットケーキ/あつぎ市民発電所 総会・講演会・交流会(厚木市文化会館 研修室)/寒川町へ選挙応援/おそらく今年の夏、最後となるカブトムシ・クワガタ取り

本日は、厚木YMCA子ども食堂に妻と子供たちと共に参りました。8月は神奈川県が実施する「かながわ子ども・子育て支援月間」です。
厚木YMCAは子どもの未来を応援する企画のひとつとして、こども食堂の開催で協力しています。2017年度から厚木市の市民協働提案事業として採択され始まったこども食堂ですが、子ども達が保育園の頃から、家族でお伺いしています。
本日は、YMCA健康福祉専門学校に通う留学生が、母国の料理を調理して振るまったり、各国の遊びを体験できるコーナーも設置されました。

/子ども達の3時のおやつには、手作りホットケーキ。将来の夢は「パティシエ」という長女が頑張ってお手伝い。いつも通り、でっかいホットケーキが出来上がりました。

/その後、県立厚木東高校(村越みどり校長)の文化祭「手児奈祭」に足を運びました。毎年2日間で、約2000人という大勢の皆様が、厚木東高校の文化祭に来校します。来場者の皆様、地域の皆様のご協力の元、生徒たちの運営で大変盛り上がる手児奈祭です。
今年は、フードバンクの取組をするということで、激励に参りました。同校の家庭科の授業でフードデザインを学んでいる生徒らが、“食”に関する知識を学ぶ中で、現在深刻な社会問題になっている食品ロスを知り、対策としてフードバンクに着目し、実現に至りました。
今年度厚木市市民協働提案事業として「フードバンク」に取り組んでいる『特定非営利活動法人Heart34(みいよ)』(立石太郎理事長)が全面的に協力しています。本日も平野祐司事業本部長にご案内頂き、お話をお聞かせ頂きました。
厚木東高校では、他に 村越みどり校長、厚木東高等学校同窓会 常盤会 山田一志会長他、日頃よりお世話になっている方々とお話をさせて頂きました。

/午後は、あつぎ市民発電所 総会・講演会・交流会(厚木市文化会館 研修室) にお伺いしました。第二部の記念講演会は「有機農業とソーラーシェアリングの融合による地域再生」で、講師は東光弘 市民エネルギーちば株式会社 代表取締役でした。

/交流会終了後は、文化会館のくつろぎスペースで、村田さん・本間さんとミーティング。

/夜は、寒川町へ選挙応援。そして、おそらく今年の夏、最後となるカブトムシ・クワガタ取り。カブトムシの雌一匹。クワガタも雄雌一匹ずつ採集しました。

【写真】: 県立厚木東高校(村越みどり校長)文化祭「手児奈祭」/フードバンク@厚木東高校/厚木YMCA子ども食堂(今回はフィリピン料理)/子ども達の3時のおやつには 手作りホットケーキ/あつぎ市民発電所 総会・講演会・交流会(厚木市文化会館 研修室)

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。