本日も 決算特別委員会審査(質疑)です。本日も質問に登壇しました。4連投となりました

本日も 決算特別委員会審査(質疑)です。本日も質問に登壇しました。4連投となり、質問機会は今期の決算委員としては、かなり多いほうだと思います。4回とも、会派(県議団)の持ち時間を全て頂いています。とは言え、持ち時間が足りなかったです。

本日の決算審査は、第10款 警察費と 第11款 教育費 についてでありました。私は主に教育費について、質問を致しますが、冒頭、警察費、特に信号機について、いくつか確認をさせて頂きました。

1、
警察費については、主に信号機の設置についてでありました。
私自身も、子供たちやお年寄り等、交通弱者の安全を考えた上で、スクランブル交差点への改良をこれまでも要望して参りました。
ただ、近年、厚木に在住のアイメイト、いわゆる盲導犬を連れて外出されている方から、スクランブル交差点を増やして頂きたくないとの声を頂きました。犬の視力はモノクロと言われて色の識別ができません。アイメイト協会での歩行訓練を受けている盲導犬であっても、信号を読むことはできないわけです。交差点の車の音で判断をするということで、交差点で自分が立っている前を車が行き交っていれば赤信号、渡ろうとする同じ方向の車が動きだしたら青信号と判断して渡るそうであります。
交通量が少ない交差点では、赤で車が来ないのか、車の流れが途絶えて来ないのかの判断が非常に難しいということで、交通量の少ない交差点は人の通りも少なく、人に尋ねることもできないとのことです。不安、恐怖を感じるのは、交通量の少ない、音響式信号が設置されていない交差点であると伺っています。
また、子を持つ親として一番心配なのは、交通事故であり、危険個所には、横断歩道を設置して頂きたいとの声も多く頂きます。そうした視点から、いくつか、30年度の警察費についての質疑にあたりました。

2、
教育費については、一つ目として「教員の働き方改革の推進について」質疑を行いました。例えば、特に中学校の部活動の指導指導についてでありますが、

「教職員給与特別措置法」(給特法)と呼ばれる法律により、学校の先生は、給料月額に対して4%多く給料に上乗せ(教職調整額)する代わりに労基法上の「時間外勤務手当及び休日勤務手当は、支給しない」と定めています。つまり、残業手当はつかないことになっています。
その上で、残業や休日出勤のお金はないけど、部活動指導には、別に手当を用意しますというこの仕組みにも触れました。
~~~~
特殊勤務手当(部活動等指導業務)の平成30年度の執行額は、9億4204万9800円です。部活動等指導業務の一人当たりの金額は、4時間未満は、300円。4時間以上は、1200円。休日は、4時間以上は、2800円。4時間未満の場合は、300円。とのことです。
答弁では「休日に学校に登校しての部活動指導は、平均3時間」とのことでした。休日、部活動を3時間指導するとしたら、一時間当たり100円となります。4時間未満なら、1時間「75円ちょっと」。
※ 神奈川県の最低賃金は、1,011円(令和元年10月1日発効)です。
~~~~

/学校経営アドバイザーの活用などにも触れ、教員の働く環境の改善について、質疑を行いました。
社会の急激な変化が進む中で、子供が予測不可能な未来社会を自立的に生き、社会の形成に参画するための資質・能力を育成するため、学校教育の改善・充実が求められています。また、学習指導のみならず、学校が抱える課題は、より複雑化・困難化しています。こうした中、本県としても教員の働き方改革の推進を行い、様々な取組を行っております。教員のこれまでの働き方を見直し、自らの授業を磨くとともに、その人間性や創造性を高め、子供たちに対して効果的な教育活動を行うことができるようにすることは、もちろん、教員自身のワークライフバランスの充実についても、目を向け、しっかりと推進して頂けるよう強く要望しています。

3、
教育費については、二つ目として「不登校、いじめ・暴力行為への対応の強化」について、質疑を行いました。

いじめにより児童生徒が自らその命を絶つという痛ましい事件が相次いで発生したことをきっかけに、いじめ問題が大きな社会問題となっています。件数の増減はありますが、この状況は、ずっと続いています。本県の認識の通り、「不登校いじめ・暴力行為など、児童・生徒の問題行動等については、その発生する要 因・背景が子どもたち一人ひとり異なっており、それぞれの状況にあわせたきめ細かな対応を行う必要」があります。いじめの件数が多いか少ないかの問題以上に,問題が発生した際に早期発見・早期対応に努めることが大切です。市町村とも連携をとりながら、引き続き実態把握に努めるとともに、いじめ問題への取組推進を強く要望しています。

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。