私と同じ6期生として仲間が揃いました。左から、浜口健司さいたま市議、私、山口拓東京都議、宮本秀憲山梨県議/テレビや新聞等、マスコミ取材が殺到/東京オリンピックの会場を視察/令和2年 厚木地区食品衛生協会 賀詞交換会(式典・祝宴)

昨日のブログにも掲載した通り、昨晩、そして本日と 東京の小沢一郎政治塾(在塾生と卒塾生の懇親会)に行って参りました。
私は現在 無所属ですが、昨日は、小沢一郎政治塾20周年記念講演として、ゲストに共産党の志位和夫委員長にお越し頂きました。小沢塾長は国民民主党ですが、政治塾は「入塾に関し、政治的信条、支持政党は一切問わない」というスタンスで運営されています。

昨晩は、私と同じ6期生として、山口拓東京都議、宮本秀憲山梨県議、浜口健司さいたま市議と仲間が揃いました。自民党、立憲民主党、無所属と所属政党もバラバラですが、同じ釜を食った仲間達とのつながりは、大切にしています。同じ6期生としては、他にも 西川将人 旭川市長、山根理広北海道議会議員、水上美華札幌市議等がいます。
小沢一郎政治塾は、現職の国会議員及び国会議員の元職が中心で、今も運営されていますが、私たち地方議員も裏切らない仲間として、強い結束を誇っています。

昨晩は、志位和夫共産党委員長の講義、本日は、小沢一郎塾長による講義をそれぞれ1時間半(含質疑応答)も現役塾生と共に私も、聴講しました。マスコミも多く集まりました。その中の一人に私の慶応義塾大学弁論部時代の後輩が、NHK政治部記者の小沢番として、連日会場におりました。当時、学生だった私は、すでに現役の市議会議員でしたが、あれから20年近く経ち何とも言えない嬉しい思いです。(実は彼をテレビで見かけた時には、写真にとり、このブログにもアップしております)

/本日、夕方からは、「令和2年 厚木地区食品衛生協会 賀詞交換会(式典・祝宴)」 に参りました。
毎年、厚木地区食品衛生協会賀詞交歓会に地元選出県議会議員として、出席をさせて頂き、地元選出県議会議員としてステージ上から、一言ご挨拶をさせて頂いております。本年は、コロナウイルスにかかわる神奈川県の対応等について、新年度予算を審議する予算議会についてなど、お話をさせて頂きました。
厚木地区食品衛生協会は、昭和25年4月、厚木市、海老名市、座間市、愛川町、清川村の食品営業者が自主的に組織した団体として発足し、約2,000名の会員がおり、消費者へ安心・安全な食の提供をするために勉強し、食に関する諸活動を行なっている団体です。食中毒などの食品による事故を未然に防止するため、自主管理の向上に努め、消費者に安全で信頼される食品を提供することを目的に活動されています。

【写真】: 私と同じ6期生として仲間が揃いました。左から、浜口健司さいたま市議、私、山口拓東京都議、宮本秀憲山梨県議/テレビや新聞等、マスコミ取材が殺到/東京オリンピックの会場を視察/令和2年 厚木地区食品衛生協会 賀詞交換会(式典・祝宴)

朝日新聞デジタル 2020年2月9日

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。