2月1日の時点で 12000人から30000人死亡、21万人から37万人が入院。米国では fluの勢いが止まりません。

武藤佳恭慶応義塾大学教授より、以下の様にメールでお知らせ頂きました。
fluとは、インフルエンザ。「2月1日の時点で、12000人から30000人死亡、21万人から37万人が入院」とは大変な事態です。

米疾病対策センター(CDC)によると2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、死者数は1万人を超えた。世界で新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるなか、米国ではインフルエンザが大きな脅威となっています。CDCの最新データによると、1月25日までの1週間でインフルエンザ患者数は400万人増え、累計1900万人に達した。うち18万人が入院している。特に子どもの症状が深刻化するケースが多く、小児の死亡者数も過去にないペースで増えているということです。

渡米を予定されている方は、御注意下さい。
======================
中国の報道が騒がれていますが、米国ではそれどころではありません。

https://www.cdc.gov/flu/about/burden/preliminary-in-season-estimates.htm

2月1日の時点で、12000人から30000人死亡、21万人から37万人が入院。
fluの勢いが止まりません。
米国への渡航も禁止すべきですが…
現在の対策は、患者の隔離しかしていませんが、空気清浄機でnano platinumフィルタを通せば、ウイルスを退治できます。
武藤佳恭
現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。