月別アーカイブ: 6月 2020

一般質問(二日目)、コロナにかかわる追加議案も上程され、各常任委員会に付託/開かれた議会づくり検討小委員会/予算委員会理事会

本日は一般質問(二日目)、コロナにかかわる追加議案も上程され、各常任委員会に付託されました。

また、コロナにかかわる追加議案の提出を受けて、予算委員会理事会も(本会議終了後)招集され、(議会運営委員会を経て)予算委員会が、7月6日に行われることが決まりました。ほかに「開かれた議会づくり検討小委員会」と様々な会議が、順番に行われました。

議会かながわは、本会議を中心に、議会活動をお知らせするタブロイド判の広報紙です。おおむね4月・8月・11月・1月の年4回発行し、新聞折り込みで各家庭にお届けするとともに、県内公共機関等窓口、主要な駅などで配布しています。
今年度は、会派を代表して「開かれた議会づくり検討小委員会」委員に就任しています。以前就任した時は、「開かれた議会づくりのための広報委員会・検討小委員会」という名称だった気がしますが、審議の内容とあり方は、ほぼ同じです。県民の皆さまに議会に関心を持っていただけるような広報のあり方や「議会かながわ」の編集、議会ポスターなどについて、専門的に協議を行う非常に重要な役職です。「議会かながわ」や「県議会ポスター」をご覧になった時には、さとう知一も検討小委員会委員として、関わっていると思って頂ければ幸いです。

本日は、県議会一般質問。

本日は、県議会一般質問。

コロナ関係の大型補正予算の県当局からの提出を控えて、議会も大きく動いている感触があります。

本日は父の日、娘からは手作りの花。🌺 私から父へは、花束を💐贈りました。

本日は父の日、娘からは手作りの花。🌺
私から父へは、花束を💐贈りました。

妻が頑張り作った夕食は、写真を撮り損ねました。新茶の美味しい季節です。

ご近所の花屋さん(エレガンスフラワー)さん/家族で「居酒屋 つりきち」さんへ

本日は、ご近所の花屋さん(エレガンスフラワー)さんで、花束を購入。メインは、サンリッチ ライチ というヒマワリです。無花粉で切り花に向く人気のサンリッチひまわりのユニークカラー品種で、この夏から初めて一部の市場で販売され始め、限定販売なので希少とのことです。ライチのようにくすんだ色のグラデーションが特徴的な向日葵です。

昼は、支援者宅にお邪魔し、お話を伺いました。夜は、家族で「居酒屋 つりきち」さんへ。大将とおかみさんには、選挙の時も本当にお世話になりました。移動制限解除となり、家族そろって、美味しい料理を食べにお伺いしました。今日も家族全員、お腹いっぱいになりました。ごちそう様でした。

トマトとズッキーニと新玉葱とナスを使った夏野菜のパスタ

夏野菜の美味しい季節。
フレッシュトマトを惜しみ無く使い、茹で上がったパスタとオリーブオイルで絡めました。トマトの風味を残すために、味付けは塩のみ。
付け合わせの牛肉は一度、湯通ししてから、 ズッキーニと新玉葱、ナスと共にオリーブオイルで炒めました。
こちらは、醤油を少し落として調味料で味を整えました。
パスタは、厚木産のオーマイパスタです。

本格的に始まる常任委員会(国際観光文化・スポーツ常任委員会)と特別委員会(新型コロナウイルス感染症特別委員会)の質問準備に入っています

本格的に始まる常任委員会(国際観光文化・スポーツ常任委員会)と特別委員会(新型コロナウイルス感染症特別委員会)の質問準備に入っています。そうした中、以下のようなニュースが入ってきました。

/本日の読売新聞(Yomiuri on-line)で「新型コロナウイルスの感染者受け入れ病院などに配るため、神奈川県が購入し、4月下旬~5月上旬に納品された中国製の医療用防護マスク50万枚の一部に不良品が見つかり、一枚も配備できないまま保管されていることが18日、分かった。県内で1日あたりの新規感染者が2桁に上る日が続き、入院患者も多かった時期に、医療現場にマスクが届かなかったことになる。 」(中略)「県の担当者は取材に「契約当時は国内メーカーから調達できる状況になく、緊急を要したため、この会社と契約した」としている。」との報道がありました。

県がなぜ越洋通商を選び、契約したのか、経緯については、議会の中でも説明はあるはずですので、きちんと調査をしたいと思います。

「行政レベルから見た時には、地域にある企業も大事な地域資源」との観点から、私が厚木市のマスクメーカーと神奈川県の間に立ち、議会で取り上げました。「その後、様々な業者からマスクの売り込みがあった」とは、聞いていました。医療用マスクですから、品質は第一です。本来は、きちんと入札を経て納品されるべきものですが、緊急事態と言うこともあり、売り込みのあった会社と契約をしたのかもしれません。ただ、顔の見える関係にある地元のメーカーであれば、このようなことはおきなかったのではないかとも思えます。県の担当者によるこのような失態は、地元の製造業者の信頼も間接的に傷つけることとなりかねません。引き続き、委員会等で調査を行います。

東京都知事選挙が始まりました。さとう知一は、チャレンジする人を応援します。 今回立候補された全ての候補者のご検討を心よりお祈りします。

東京都知事選挙が始まりました。
私の選挙や日常の後援会活動にも入って頂いているウグイスさんは今回、れいわの山本太郎陣営と 宇都宮健児陣営に入って選挙戦を戦われるそうです。

さとう知一は、チャレンジする人を応援します。
今回立候補された全ての候補者のご検討を心よりお祈りします。

============
(NHK WEBより)
東京都知事選挙には
▼現職の小池百合子氏(67)が再選を目指して立候補を表明しているほか、
▼日弁連・日本弁護士連合会の元会長の宇都宮健児氏(73)
▼日本維新の会が推薦する熊本県の元副知事、小野泰輔氏(46)
▼諸派で、自らが党首を務めるNHKから国民を守る党が推薦する立花孝志氏(52)
▼れいわ新選組の代表の山本太郎氏(45)も立候補を予定しています。

自民党は事実上の自主投票ですが、二階幹事長は小池氏を支援したいという考えを示しています。また、公明党は推薦や支持は出しませんが、小池氏を実質的に支援することにしています。一方、立憲民主党、共産党、社民党は宇都宮氏を支援する方針です。
このほか、これまでに次の方々も立候補を表明しています。
▼無所属の新人でフリージャーナリストの石井均氏(55)
▼諸派の新人でイベントプロデューサーの市川浩司氏(58)
▼無所属の新人で元会社員の岩橋健一氏(52)
▼無所属の新人でNPO法人代表の押越清悦氏(61)
▼無所属の新人で元介護職員の込山洋氏(46)
▼諸派の新人でNHKから国民を守る党が推薦する、実業家秘書の齊藤健一郎氏(39)
▼諸派の新人で日本第一党の党首、桜井誠氏(48)
▼無所属の新人で、元朝日新聞社員の竹本秀之氏(64)
▼無所属の新人で、元陸上自衛官の内藤久遠氏(63)
▼無所属の新人で、薬剤師の長澤育弘氏(34)
▼諸派の新人で幸福実現党広報本部長の七海ひろこ氏(35)
▼諸派の新人で、歌手の西本誠氏(33)
▼無所属の新人でスポーツインストラクターの久田真理子氏(54)
▼諸派の新人で社会活動家の平塚正幸氏(38)
▼諸派の新人でコンサルティング会社代表の古田真氏(73)
▼無所属の新人で不動産業の山口節生氏(70)

今回の選挙では、小池都政の評価や新型コロナウイルス対策のほか、1年延期された東京オリンピック・パラリンピックへの対応などが争点となる見通しです。

神奈川県議会代表質問・県政会 楠梨恵子議員/城山ダム洪水調節機能の強化/新型コロナウイルス感染症拡大による県内医療機関の経営悪化状況とそれに対する支援

本日は、代表質問として、楠梨恵子議員が、会派 県政会を代表して質問に立ちました。
タウンニュース厚木・愛川・清川版 2020年6月12日号においての私の県議会報告には、「厚木の医療を守る」として、新型コロナウイルス感染症対策について取組むと記しました。本日は、楠議員の代表質問「新型コロナウイルス感染症拡大による県内医療機関の経営悪化状況とそれに対する支援について」として、医療機関の経営悪化問題を指摘し、強く知事に対しての要望を行いました。
新型コロナウイルス感染症拡大による県内医療機関の経営悪化状況とそれに対する支援については、過日も厚木市長から、厚木市副市長を通じて私もお受けしました。しっかりと対応する旨の約束を佐藤明厚木市副市長にお伝えしております。県議団として受け止め、団として対応をさせて頂いております。

また、「城山ダム洪水調節機能の強化と新型コロナウイルス感染症の拡大も踏まえた今後の課題について」として、「台風19号通過後の厚木市内の相模川(相模大橋)」の写真を示しながら、城山ダムの運用見直しによって、相模川の氾濫をどのようにしたら防げるのかを確認し、新型コロナウイルス感染症対策についても、黒岩祐治知事に対して確認をしました。

他にも私の所管(国際文化観光・スポーツ常任委員会)でもある文化施設、県立スポーツ施設、観光(海水浴場・広報)、外国籍県民(国際)等、幅広く取り上げ、多くの答弁を引き出しました。また、教育長に対し、市町村立小・中学校における教育活動の再開に伴う不登校対策について、質問を行いました。

楠 梨恵子 議員(県政会)発言要旨

答弁者
1 新型コロナウイルス感染症拡大による県内医療機関の経営悪化状況とそれに対する支援について 知事
2 県の施設の再開に向けた取組について
(1) 今後の県文化施設の再開に向けた取組について
(2) 県立スポーツ施設の利用再開に向けた取組について
知事
3 今夏、海水浴場を開設しない海岸の安全確保対策と県内外への広報について 知事
4 城山ダム洪水調節機能の強化と新型コロナウイルス感染症の拡大も踏まえた今後の課題について 知事
5 外国人労働者の支援について 知事
6 市町村立小・中学校における教育活動の再開に伴う不登校対策について 教育長

早朝議会活動報告は本日で通算2537日目(延べ日数ではなく実数)/本日もアベノマスク装着/本厚木駅南口・中心市街地交差点

東京オリンピックの関係で、2020年10月開催予定となった「あつぎ鮎まつり 」、そして、11月開催予定だった「あつぎ国際大道芸 」は、新型コロナウイルスの感染予防の観点から中止が決定いたしました。10月に開催予定だった「あつぎマラソン」もすでに開催中止を決定しています。コロナ禍を乗り切るためには仕方がないとは言え、寂しい思いも致します。

/新型コロナウイルス感染症による影響で、休止をしておりました早朝議会活動報告を先週より再開しています。
本日の早朝議会活動報告は、朝6時40分から8時45分まで、本厚木駅南口・中心市街地交差点にて行いました。これまでも、基本、平日毎日行ってきた早朝議会活動報告は本日で通算2537日目(延べ日数ではなく実数)となります。
本日の街頭活動もアベノマスク装着です。

6時40分から8時15分まで、本厚木駅南口で街頭活動をして、その後、30分にわたり、本厚木駅東口から、なかちょう大通り(旧小田急通り)、市役所前、国道246号と廻らせて頂きました。早朝議会活動報告活動終了後は、いったん自宅に戻り、長女を学童保育へと送り届け、(シャワーを浴びて着替えて)県議会に登庁しています。
本日は、国道246号線の事故があり、車ではなく、電車にて登庁しました。今日も一日しっかり頑張ります。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2020年6月17日現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2537日目 (延べ日数ではなく実数/今週より再開しました)
・ブログ更新日数 - 18年10ヶ月17日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算303回
・タウンニュース掲載部数(合計) - 1785万6860部

・情報誌 厚木時間 活動報告掲載回数 - 通算4回
・情報誌 厚木時間 掲載部数 - 10万0000部(各回2万5000部)
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・年3~4回・各回18万部発行)総発行部数 -305万9000部

・献血回数 - 162回(16歳から継続中)
=====

県議会本会議 代表質問/大型客船「飛鳥Ⅱ」火災

本日は朝から議会に登庁し執務にあたりました。いよいよコロナ対策などを審議する議会も本格的に始まります。私も準備に取り掛かっています。

/本日の県議会本会議中、(1時半くらい)にたくさんの消防車のサイレンの音が聞こえました。コロナ対策で、県議会議場の入り口がすべて開放されていたこともあり、よく聞こえました。現役の消防団員としては、サイレンの音を聞くと無条件に反応します。消防車の出動先は、飛鳥II でした。けが人なども出なかったようでよかったです。

===
(朝日新聞デジタル)16日午後1時25分ごろ、横浜市中区の大さん橋に停泊中の大型客船「飛鳥Ⅱ」から「デッキでぼやが起こり、乗組員が消火している」と横浜海上保安部に通報があった。神奈川県警横浜水上署や横浜市消防局によると、船の上部から黒煙が上がっている。乗客はおらず、けが人の情報はないという。横浜港大さん橋国際客船ターミナルによると、飛鳥Ⅱは4月1日から停泊中。飛鳥Ⅱを所有する郵船クルーズ(横浜市)などによると、火災は最上階(12階)のじゅうたんなどが置いてある資材庫で起きた。乗客はおらず、乗組員153人にけがはないという。飛鳥Ⅱは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で予定していたクルーズがとりやめになり、大さん橋で停泊を続けていた。日本船籍では最大の客船で全長約240メートル、約5万トン。乗客定員は約870人。
===