月別アーカイブ: 10月 2020

オンライン朝活☆交流会(ZOOM)/あつぎ市民発電所 第3回 収穫祭/もりあそび小物店(展示販売)@ Cafe4分休符

本日朝は、厚木の方が主催している「オンライン朝活☆交流会(ZOOM)」にお声かけ頂き、参加をしました。

/午後からは、妻や子ども達と一緒に「あつぎ市民発電所 第3回 収穫祭」にお伺いしました。晴天の中、サツマイモ掘り、里芋掘り、菊芋掘りをみんなで楽しく行いました。(芋を掘り始めて)2時間経っても終了しない勢いで、強制終了となりました。特に「菊芋掘り」は、子ども達が大熱中。うちの長男も先頭になって掘り続けていました。今年はコロナ禍のため(恒例の)サツマイモ汁、焼きそば等の調理は無しとなりました。冒頭は、愛甲郡選出の佐藤圭介県議も来られ、新川勉前厚木市議は、理事として参加をされていました。
その後、(いつものように)Cafe4分休符で小休止。ただ、子ども達はお腹が空いたのか午後3時を廻って、それぞれスパゲティを完食しました。「もりあそび小物店(展示販売)@ Cafe4分休符」も開催中でした。

/夜は軽めに つけ麺(大勝軒風)。帰宅後すぐに風呂に入ったので、今夜はゆっくりとした週末です。

松尾寛二さん主宰「折り紙サークルの折り紙教室」に本日も参加をさせて頂きました

私の選挙の時に本当に力になって頂いた松尾寛二さんが主宰する折り紙サークルの折り紙教室に本日も参加をさせて頂きました。
松尾さんのお誘いですから、都合のつく限り、参加をさせて頂いています。(本日はちょうど、決算特別委員会も休会日ですし、2時間しっかり、参加しました)
長田倫子先生ご指導の下、本日は、薔薇の花を折りました。
コロナ禍、密に配慮して行われました。
恒例となっている最後の記念撮影は、マスクを外して「はい、チーズ!」
(写真の折り紙は 私の作品です)

本日は決算特別委員会総括質疑/残業し、只今午後10時。そろそろ帰ります

本日は決算特別委員会総括質疑。
我が会派からは、楠議員が質問に立ちました。本日も他会派から、津久井やまゆり園指定管理者の不適切事案やマグカル(観劇・文化振興)に関わる事柄の質問がされていました。

私は、第3回定例会後半戦に向けての準備をしています。残業し、只今午後10時を廻りましたので、そろそろ帰ります。

本日は 令和2年度最後の開催となる夕焼け市に出かけてきました

本日は、令和2年度最後の開催となる夕焼け市に出かけてきました。市内のバラ農家が丹精こめて育てたバラのプレゼントがありました。厚木の夕焼け市は、市内で生産された採れたての里芋、しいたけ、柿などの秋の味覚がたくさん揃っています。他にも赤飯、せんべい、豆腐、パン等の店が多数並びます。来年をお楽しみにして頂き、毎週日曜日朝6時からの厚木市民朝市は、正月最初の日曜日以外は開催しておりますので、ぜひこちらにお越し下さい。

閑話休題。
厚木夕焼け市の出店。私の小学校・中学校の同級生で幼馴染みの建部君のパン屋さん。bakeryチャバッタ。自慢のクリームパンを本日も購入させて頂きました。この隣の隣も、厚木中学校の同級生で幼馴染みの大久保君(彼も現役の消防団員)。厚木三河屋。私は、選挙事務所陣中見舞いの手土産は、厚木三河屋の「せんべい・あられ詰合せ」と決めています。「厚木生まれで厚木に育つ、ちょっとうまいやつ」のキャッチフレーズの通り、美味しくて、どこに持って行っても喜ばれるからです。

本日の夕食は、夕焼け市で購入した食材で、すき焼き煮を作りました。豆腐も長ネギも春菊もだいたい厚木産。牛肉はお買い得な切り落とし。とれたて野菜は美味しかったです。デザートは、ポニイさんの梨ケーキ。こちらも本日焼き立てのケーキを購入しました。

【写真】: 

議員限定のオンライン勉強会(参加費無料)/11/1 子育て議連・出産議員NW合同オンライン勉強会 「コロナ禍の労働相談から見えた 働く妊婦・ワークライフバランス・雇用の課題」

+議員限定の勉強会のお誘いです+
当日は私 さとう知一も担当幹事・司会としてコミットします。私は現在無所属ですが、政党に関わらず、ご参加頂けます。

======
★ 11/1 子育て議連・出産議員NW合同オンライン勉強会 「コロナ禍の労働相談から見えた、働く妊婦・ワークライフバランス・雇用の課題」 ★
のお知らせ
地域・党派を超えて活動している、「子育て議員連盟」「出産議員ネットワーク」では、6月から続けて、コロナ禍での妊産婦・子育て政策に関して専門家を講師にお願いして、勉強会と各自治体での取組みの情報交換をオンラインで行っています。

次回は、11/1(日)14時~
「コロナ禍の労働相談から見えた、働く妊婦・ワークライフバランス・雇用の課題」
をテーマに、連合東京 事務局長 斉藤 千秋 さんにご講演いただきます。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で雇用の課題も数々浮上してきました。
働く妊婦さんのコロナ禍での対応、テレワークが増えたり、ワークライフバランスの新たな課題等も出てきました。
労働相談等で見えてきた課題について、連合東京初の女性事務局長 斉藤千秋さんにお話を伺います。

テ ー マ:「コロナ禍の労働相談から見えた、働く妊婦・ワークライフバランス・雇用の課題」

講  師:連合東京 事務局長 斉藤 千秋

申し込み:Googleフォームにご記入の上、お申し込みください。
⇩⇩⇩
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfxkhwP8JoFWOf10oJCg7mjxgZPAdLAwWY_xufg0H8l7Af-cQ/viewform

※ 講義の後、質疑の時間を設けます。講演の終了は15時を目安としています。勉強会終了後、希望者は残っていただき、30分程度の交流会(自己紹介・近況報告など)を行う予定です。皆様のご参加をお待ちしております☆

かながわ県民センター/KAAT神奈川芸術劇場/県議会/中華街/帝国ホテル(東京三田倶楽部)

本日は、県庁周辺をはじめ横浜市内を廻り、県議会へ登庁。
夜は東京の帝国ホテルで、慶応大学弁論部OBOG会正副会長・事務局長の会合に副会長として参加します。
本日は、文化振興として常任委員会で取り上げてきた神奈川芸術劇場に観劇に行って参りました。
コロナ対策の実情の確認やお客様の入り具合を気にしつつ、楽しく観劇をさせて頂きました。
~~
神奈川芸術劇場KAATでは、2020年7月14日に劇場を再開しました。その際、「KAAT神奈川芸術劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を設定し対策を行っています。KAAT入口では、靴裏用消毒マットを通ってから、手指のアルコール消毒を行います。それに続いて、サーモグラフィカメラでの検温が行われます。足元には、ソーシャルディスタンスを取るための印が付けられているので、その印に従って順番を待ちます。
入るとすぐに神奈川県「LINEコロナお知らせシステム」への登録デスクが設置されています。これは新型コロナ感染者が発生し、登録した方も感染リスクが疑われる場合にLINEメッセージが送られてくるシステムで、ここでは来場記録の登録をお願いしています。メッセージが届いた場合は、スムーズな案内や対応を受けられます。他のイベント会場でも取り入れられているので、事前に神奈川県のLINE公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」への友だち登録をしておくと、入場がスムーズです。
※LINEアプリを利用していない方向けに、「来場者カード」もあります。
 
====
人類200万年の歴史を一挙に駆け抜ける!二足歩行、言語の獲得、コミュニケーションによる表現の進化科学革命による圧倒的な進化を遂げてなお、人類の未来は発展し続ける
開館10周年を迎えるKAATでは、今秋、劇作家・演出家、谷賢一とともに、誰も想像しえない壮大な舞台表現に挑戦します。2019年、福島と原発の歴史を問い直した「福島三部作」で社会問題に鋭く切り込み、岸田國士戯曲賞・鶴屋南北戯曲賞をダブル受賞した谷が次に挑戦するのは、人類の歴史。我々人類が、他の人類種を根絶やしにし、力の強い他の生物を押しのけてこの地球の頂点に君臨できたのはなぜか?その謎をホモ・サピエンスだけが持つ「虚構を信じる」という特殊な能力から読み解いたユニークな学説に着目し、言葉、身体表現、音楽が混然一体となった演劇ならではのアプローチで人類史を描き、スケールの大きい舞台作品の実現を目指します!
====

【写真】: KAAT神奈川芸術劇場/中華街/県議会/かながわ県民センター

夕方、長女は学童でのハロウィンイベントに参加/地域廻り/私の後援会長宅へお邪魔しコロナ禍に於いての政治活動についての打合せ

平塚の県立 花菜ガーデンから帰宅し、夕方、長女は学童でのハロウィンイベントに参加しました。

/夜は私のみ外出し、七沢の実家など地域を廻りました。最後は、私の後援会長宅へお邪魔し、コロナ禍に於いての政治活動についての打ち合わせを行いました。多くの皆さまのご支援を受けつつ行ってきた活動ですが、コロナ禍での制限があるため、活動もままなりません。
本日も、経験豊富な後援会長から、様々なアドバイスを頂戴致しました。感謝の思いしかありません。

本日は小学校運動会の振り替え休日/神奈川県立 花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン(かなガーデン)」/家族で出かけて参りました

本日は、小学校運動会の振り替え休日。妻も有給休暇を取り、家族で平塚市にある神奈川県立 花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン(かなガーデン)」に出かけました。魅力的な施設となったとあらためて思いました。
「花菜ガーデン」は、園芸や農業を楽しみながら学べる施設です。約9.2ヘクタールの広大な園内は、サクラやバラ、クレマチス、モミジなどの約3,460品種の花々が植栽された「フラワーゾーン」と、田植えや野菜の植え付け・収穫などの体験の場となる「アグリゾーン」、農業や食の大切さを学べる体験ルームや、展示室、ライブラリーを備えた「めぐみの研究棟」で構成されています。花(園芸)や野菜(農)に関する様々な情報を、体験などを通じて提供しています。この施設は、県が指定した指定管理者により維持管理・運営が行われています。

私は県議会において、この施設の審議のあり方について指摘をして参りました。花菜ガーデンは、指定管理者が維持管理・運営がされていますが、開園1年目から入園者が計画の約4割に止まるなど収益状況があまり良くありませんでした。混雑時の駐車場の対応強化など課題も多く上げられ、指摘を続けて参りました。

定期的に家族でお伺いし、もちろん、割引券等の優待券も使用せず、自腹でお伺いしています。お伺いするときは、毎回、昼食も神奈川県産の食材を使い、素材の持ち味を十二分に引き出した料理が自慢と言われるレストラン「キッチンHana」で、食事をしています。3年前のブログでも指摘をさせて頂きましたが、当時のレストランはサービスがいいものとは言えない状況にありました。
本日は、薔薇のシーズンであるとは言え、平日であるにもかかわらず駐車場はほぼ満車で、多くの人が入園されていました。また、この施設はレストランと土産販売店の利用は、入園料が必要ではなく、レストランで一定の買い物をすれば駐車場も無料となりますが、本日は、入園をされていない食事だけのお客様も少なからずいらっしゃいました。
当該のレストランが魅力的な存在となれば、新規訪問者を再訪者とすることにもつながり、経営の安定にも大きな影響を与えることとなります。県の税金が投入された施設であるからこそ、そこに甘えることのないような運営が期待されます。

指定管理者により維持管理・運営が行われている施設に小田原市の「小田原フラワーガーデン」がありますが、様々な点で見習うべきところも多いとこれまでも提言を続けてきた思い入れのある施設です。
参考: 平成25年第3回定例会 環境農政常任委員会(2013年10月10日)での意見発表では、花菜ガーデンについて、私は次のような意見を県に対して述べました。「神奈川県立花と緑のふれあいセンター『花菜ガーデン(かなガーデン)』の運営でありますが、花菜ガーデンは、開園1年目から入園者が計画の約4割にとどまり、事業者の収支の悪化により、対策としてトライアル期間を設けておりますが、そもそもPFI事業は、民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用することを目的としたものですから、一義的には、事業者が責任を持って対処すべきであります。トライアルの結果、徐々に成果が表れ、入園者数が増加しているということですが、混雑時の駐車場の対応強化など、より一層の努力が必要と感じます。さらに、県が主催しているイベントにおきましては、より効果が上がりますよう、取組の強化をお願いいたします。」

【写真】: 本日は小学校運動会の振り替え休日/神奈川県立 花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン(かなガーデン)」に家族で出かけて参りました。
※ よく見ないとわかりませんが、写真のミルキーは。 神奈川県立 花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン(かなガーデン)」 オリジナルです。ペコちゃんがバラの花束を抱えています。

子育て議員連盟・出産議員ネットワーク合同オンライン勉強会/コロナで浮上した課題~医療の現場から(日本女医会の取組み)

週末も「子育て議員連盟・出産議員ネットワーク合同オンライン勉強会」議員連盟のZOOM研修会に子育て議員連盟の一人として参加しています。政策研究に対して非常に精力的な永野ひろ子代表世話人は、週末も休ませてくれません。毎週のように研修会をセッティングして頂いています。勉強の機会を与えて頂き、大変感謝しております。近頃インプットの場が足りないと感じていたので、非常に楽しい時間でもあります。
今回も予定時間を超過しつつ、中身のある議論となりました。全国の仲間と連携し、神奈川県の自治体政策に活かして参ります。
=====
「コロナで浮上した課題~医療の現場から」(日本女医会の取組み)
公益社団法人日本女医会 前会長 前田佳子先生よりお話を伺いました。日本女医会は、日本女医会は「女性医師の社会的地位向上と相互研鑽」を目的に1902年創立された公益社団法人です。
新型コロナ感染症拡大の状況下にあっても、社会に起こっている課題等への提言を行ってこられました。本年5月まで会長職を務めてこられた医師の前田佳子先生に、日本女医会の取り組み、社会課題等、女性医師ならではの目線で提言を頂きました。
日 時:2020年10月25日(日)14時~16時20分
開催方法:ZOOMにてオンライン
テ ー マ:「コロナで浮上した課題~医療の現場から」
講 師:公益社団法人日本女医会 前会長 前田佳子医師
=====

本日も長女に起こされて、厚木市民朝市に/昨日の「運動会頑張りました」ということで夕食はサイゼリヤで お腹いっぱい

 

本日も長女に起こされて、厚木市民朝市に出かけて来ました。高村しんわ厚木市議も、毎週欠かさず来られています。長女と一緒にたくさんのお買い物をさせて頂きました。

/本日の昼は、市民朝市で購入したうどんの他、食材を使ってうどんにしました。大根の葉と長ネギのピリ辛肉味噌。やはり美味い。富塚豆腐店の豆腐・がんもの煮物も昼食に並びました。

/昨日の「運動会頑張りました」「朝市もよく起きられました(長女のみ)」ということで、子ども達の希望により、夕食は、サイゼリヤで、お腹いっぱい。

【写真】: 本日も長女に起こされて、厚木市民朝市に/昨日の「運動会頑張りました」ということで夕食はサイゼリヤで お腹いっぱい。