国際文化観光スポーツ常任委員会の県内調査/スポーツアリーナ1、スポーツアリーナ2、宿泊棟、歴史的建造物・グリーンハウス、球技場の視察を行いました。一般社団法人神奈川県障がい者スポーツ協会にもご挨拶に伺いました

昨日は、国際文化観光スポーツ常任委員会の県内調査に委員として参加致しました。視察先は、完全リニューアルした神奈川県立スポーツセンター。まだ、真っ新なスポーツ施設です。

新たな県民の総合的なスポーツ推進拠点として、昭和43年の開設以来親しまれてきた「県立体育センター」が「県立スポーツセンター」に生まれ変わりました。屋内50mプールやバリアフリーを施した多目的フロア(スポーツアリーナ2)、全室車いす対応の宿泊棟も新設され、生涯スポーツ・パラスポーツ・競技スポーツなどさまざまなシーンで利用できます。

(スポーツアリーナ1、スポーツアリーナ2)
スポーツアリーナ1のメインフロアでは、バレーボール、バスケットボール、バドミントンなどの室内競技のほか、専用マット等を準備すれば体操等でもご利用いただけます。新設のスポーツアリーナ2には、屋内50mプール、トレーニングルームのほか、ボクシング、フェンシング、ウエイトリフティングの専門競技フロアや障がい者のスポーツに配慮した多目的フロアを備えています。

(宿泊棟)
全室車いす対応の宿泊室を42部屋ご用意しています。レストランやラウンジも併設しており、数日に渡る大会や強化合宿等にご利用いただけます。通常1室2名宿泊可能。エクストラベッド使用時は4名まで。全室に車いすのままで回転可能なユニットバスを完備。宿泊室を利用する場合は6か月先まで申込みをすることができます。

(グリーンハウス)
歴史的建造物であるグリーンハウスは、施設の総合受付窓口になります。また、ラウンジやミーティングルームは、懇親会等で利用できます。

(球技場)
天然芝と人工芝の2つの球技場があります。天然芝の球技場には、970人を収容できる観覧席があります。

【写真】: スポーツアリーナ1、スポーツアリーナ2、宿泊棟、歴史的建造物・グリーンハウス、球技場の視察を行いました。施設内にある一般社団法人神奈川県障がい者スポーツ協会にもご挨拶に伺いました。
 し

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。