本日は前半戦の本会議採決日/本日は県議団を代表し 本会議討論に立ちました

第3回定例会は、9月7日から 12月17日までの102日間にわたり開催されますが、本日は前半戦の本会議採決日となりました。本日は 会派を代表して、本会議討論に立ちました。その後の採決も滞りなく終えました。

本会議討論ということで、動員などは一切しませんでしたが、地元からも複数人傍聴にお越し頂きました。コロナ禍もあり、その後の予定もあるため、そのままお帰り頂きましたが、大変嬉しく思いました。

本会議発言(討論)を受けて、以下のような感想を頂きました。一部コメントを掲載します。
「おつかれさまでした。すごくよかったです。いつも通り声も通りがよいし、内容もとてもわかりやすく、女性の私にも興味深いトピックスでした。佐藤知一県議のご意見は、常に県民目線、そして厚木を代表した県議さんだというのがビンビン伝わってきて、これじゃ厚木市民から信頼を受けるわけだ~と思いました。厚木の話の挟み込み方も絶妙です。最新の話題であるところが、また良い! ただ話題を出してのアピールなのではなく、結果を踏まえて移住定住を誘発してこうという意見に引っ張るのが佐藤流。具体的な数字も出てきて、絵空事でない知識が染み込んでくる感じです。身贔屓でなく、客観的にも唸らせて下さる討論でした。」「帰りに佐藤議員が県庁新庁舎でいつもご利用されている(障害者支援の)ともしびショップのパン、美味しかった。エビカツ、カレーパン。クッキーも買いました。」

「議会でのお姿拝見しました。本当にありがとうございます。心強い言葉に背中を押された気分です。周りは協力してくれる人も少なく、毎日心が折れそうになっていましたが一人では無い事を実感できました。」

「ありがとうございます。(本会議 討論という)限られたお時間の中で、こんなにもしっかりとした原稿まで作っていただけて、県民として感謝の言葉しかありません。議会での発言の一つ一つを胸に刻み込んで、自分への激としたいと思います。」

2020年10月13日 神奈川県議会本会議 討論原稿  さとう知一

私たち会派が賛成をして提出が決まった意見書案7つは以下の通りです。
・新型コロナウイルス感染症拡大により危機的な状況にある医療機関への支援強化を求める意見書案
・新型コロナウイルス感染症に係るケアラー(家族介護者等)と要介護者等への緊急支援対策を求める意見書案
・市町村における教員追加配置等の措置を来年度も継続することを求める意見書案
・地方自治体のデジタル化の着実な推進を求める意見書案
・少人数学級の更なる拡充を求める意見書案
・小規模事業者に対する支援及び支援体制の抜本的な強化を求める意見書案
・軽油引取税の免除措置の継続・恒久化を求める意見書案

/次は、新型コロナウイルス感染症対策特別委員会にて、質問に立ちます。また、私は今期委員ではありませんが、明日から決算特別委員会も開催されます。神奈川県議会では、決算特別委員会を設置し、およそ1か月間もの時間を使い、決算審査を行っています。皆様から収めて頂いた税金の使途を決める予算委員会が注目されがちですが、神奈川県議会においては、その何倍もの時間をかけて、皆様から収めて頂いた税金が適切に使われたのかを非常に丁寧に審議しています。

/本日は、午後、本会議に登壇(討論)するため、昼食は早めに取りました。得意の「早弁」です。
県議会で「華麗に意見を述べる」ことを目指して、 昼食は、蕎麦屋のカレー。 ひとり早弁風に食べています。が、並行して各種会議も行われています。 蕎麦つゆを隠し味に、具は、たっぷりの長ネギと豚肉のみ。片栗粉で、とろみをつけてあります。
※ 議会で食べる食事も、そこかしこで食べる食事も含めて、全て自払いして居りますので念のため。

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。