2020年12月22日 武田良太総務大臣へ議連を代表して面会。要望活動(要望書の説明・提出・意見交換)を行いました

昨日は、出産議員ネットワーク・子育て議員連盟として、武田良太総務大臣へ議連を代表して(私を含め)5名の地方議員が、面会し、要望活動(要望書の説明・提出・意見交換)を行いました。

一昨日は、出産議員ネットワーク・子育て議員連盟として、全国三議長会(全国町村議会議長会、全国都道府県議会議長会、全国市議会議長会=訪問順)への訪問・要望活動を行いました。かねてより国へ要望してきた事項が、地方制度調査会答申・第5次男女共同参画基本計画等へ反映されつつある状況を踏まえて、議員連盟として要望活動(ロビー活動)を積極的に展開しています。
各報道機関(テレビ・新聞)からも取材にお越し頂き、最後は、囲み取材。各社一連の流れを取材して頂いているので、タイミングを見計らって記事となるのかも知れません。

※ コロナ禍でありますので、人数も一昨日に引き続き、代表者を5名に絞り、訪問をさせて頂きました。また、今回の総務大臣面会にあたっては、矢田わか子参議院議員に御尽力頂きました。感謝します。

/武田良太総務大臣への要望活動終了後、総務省で課長を務めている早稲田大学大隈塾同期(2期)の友人に時間を作って頂き、面会・意見交換をしました。旧自治省出身で税務畑を歩いてきた彼との会話は、地方自治にも明るいので、いつも非常に勉強になります。私自身、総務省・他省庁には何度か訪問したことがありますが、あらためて課長室に入り「この部屋から日本の税制(国の税の仕組み)、日本の様々な政策が生まれているのか」と感慨深いものがありました。

閑話休題。
早大大隈塾を卒塾(当時早稲田大学院生)し、15年程が経ちますが、私と同期(2期生)は、今でも定期的に集まり情報交換をしています。皆それぞれ、超大手企業の取締役になったり、海外拠点の責任者になったりと各業界で活躍をしています。私も負けずに頑張ります。

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。