盟友の山口拓東京都議にコーディネートをお願いし、齊藤寛人 多文化共生推進担当長(東京都 生活文化部 都民生活部)と意見交換/東京五輪開会式まで100日の昨日、新型コロナ感染者が200名を越えました。まん延防止措置発動を国に求めて参ります

昨日は、県内調査終了後、東京都議会に参りました。同じ釜の飯を食った盟友の山口拓東京都議にコーディネートをお願いし、齊藤寛人 多文化共生推進担当課長(東京都 生活文化部 都民生活部)と意見交換をさせて頂きました。

私たちは、「バッチャン ソシアルクラブ プロジェクト」として、昨年から、仲間たちと一緒に在日ベトナム人・ベトナム人研修生の無料相談事業を行っています。今後の協力体制の構築について、中身の濃いお話をさせて頂きました。また昨日は、スタッフのカオ トゥイ リン(Cao Thi Thuy Linh ベトナム人通訳・在日ベトナム人ソーシャルワーカー・元豊島区臨時職員(外国人相談員))さんにも御同行頂きました。

/助けを求める方法を知らない若者が、本当に困った時にも公助や共助にたどり着けず最悪の状況を生み出している。行政に繋がれない人たちを政策の対象とするキーワードとしての「孤独」問題が注目されている。この「孤独」の問題は、日本人の若者だけの問題ではない。全国の警察が昨年摘発した来日外国人は、1万1756人。国籍別では、ベトナムが最多の4219人でした。全体の6割が不法在留で、うち1324人は技能実習生として来日していた。技能実習生は殆どが20代の若者です。私は、先の予算委員会でこの問題を取上げました。ノーカットでテレビ放送されたことで、大変多くの反響を頂きました。公助や共助にたどり着けない在日ベトナム人が多くいて、コロナ過で、理不尽な思いを抱えつつ、犯罪にはしる状況が見て取れる。安価な労働力として若者から搾取しているとの指摘もある技能実習生の問題については、技能実習生が払う法外な手数料について、ベトナム政府も問題としはじめた。日本の受入れ機関においても、問題が多いとされている。様々な支援団体が、これを人権上問題があるとしてとらえ、解決に向けて活動している。私は、行政や士業(弁護士や行政書士等)とつながることで、解決できる問題も多いと考え、仲間たちと共にプロジェクトを立ち上げています。

帰宅後は、夕食を取り損ねたので、妻特製のブリの照り焼きをつまみながら、たまごサンドをチャッチャっと作りました。野菜スープも添えて、私の夕食。

東京オリンピック開会式まで100日となった昨日、新型コロナウイルス感染症の神奈川県の感染者が、200名を越えました。黒岩知事も、まん延防止措置を求めると表明されています。来週にかけて、当然、県議会も動きます。

コメント・トラックバックは受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。