昨日の本会議討論と本日の予定

昨日は、 特措法に基づく「まん延防止等重点措置」が4月20日から5月11日までの22日間、 横浜市、川崎市、相模原市の3市に適用されることとなり、 神奈川県議会では「まん延防止等重点措置」に関連した補正予算 が議会に上程され、審議されました。(新型コロナウイルス感染症拡大協力金 447億2280万円)
通常、審議の2日前までには議会に提出される議案も、昨日の議会では「本会議当日の朝」でした。

所管3つの常任委員会での審議を挟んで、本会議採決が行われました。採決前の討論には、(団会議にて)急遽、私が登壇することとなりました。本会議討論というのは、審議を終えた最後に行う採決の前に自らの意見・主張を演説する場です。私は、議会で最も重要なことは採決することであり、(本会議採決は)この採決を左右する最も重要な発言の場であると理解しています。限られた時間、気合を入れて討論に臨みました。

監査休題。
当日は、本会議に登壇する準備もしないままの登庁でしたが、何とか「討論」の場に立たせて頂くことができました。協力金の問題では「第6弾で9割弱が未交付」の状況があり、是正・改善を強く求めました。これは、同じマンションにお住いの女性やご近所のお好み屋さんの女将さんからも直前に「強く強く」、改善を求められていたことから、この二人の女性の顔を浮かべながら、議会で発言をさせて頂きました。
また、今回、第9弾となる、この時短協力金については、今までのように一律支給ではないことを踏まえ、これまで以上の事務処理の煩雑さ、申請者の書類不備等が予想されます。申請開始までに分かり易い周知をして頂き、あわせて、1日も早い支給ができるような体制を構築して頂きます様、強く要望しました。

昨日は、深夜まで県庁控室(執務室)で、執務を行いました。今回は「まん延防止等重点措置」の適用で、補正予算が上程されましたが、今後、3度目の緊急事態宣言が発令されることとなれば、再度議会を開いて、予算の組みなおし(あらためての補正予算)が、おそらくなされることとなるでしょう。5月連休を前に緊張感を持ち続ける必要があります。本日も議会に登庁し、余裕があれば、鎌倉市議会議員選挙の応援に入りたいと思います。

コメント・トラックバックは受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。