日中街宣(御用聞き街宣・ソーシャルディスタンス形式)通算2595日目/鎌倉市議会議員選挙 久坂くにえ候補は上位再選/名古屋市長選挙 現職の河村たかし候補も再選/中沢克之候補と高柳さかえ候補は当選に至らず

本日は、午後1時から午後5時30分までの4時間30分しっかりと街宣を行いました。
コロナ禍、平日毎朝、行っていた早朝議会活動報告もコロナ禍となり、自粛しています。早朝議会活動を自粛する代わりに 所有する街宣車を用いての日中街宣(御用聞き街宣・ソーシャルディスタンス形式)を行っています。現状、車中は密になるので、街宣カーには 運転手やウグイスを乗せず一人で運行しています。動画にもある通り、自分で運転席に座ってのワンオペレーション形式の街宣活動としています。日々の街頭演説活動は、市議時代から通算して 2595日目となります。(写真は、駐車して撮影をしています)

/本日は、街宣から帰宅後、スーパーで食材を購入して帰宅し、長男が長女を学童に迎えに行き、子ども達と夕食づくり。(妻は隣の部屋でテレワーク中)
とても美味しいビーフシチューが出来上がりました。写真にはありませんが、他に ご飯と付け合わせ。

/昨晩は、鎌倉市議会議員選挙の開票日、久坂くにえ候補は、見事な得票(8位)で再選しました。日頃の努力の成果であります。
今回の鎌倉市議会議員選挙で、私の応援していた他の候補(中沢克之候補と高柳さかえ候補)は、当選に至らずでありました。「勝ちに不思議の勝ちあり負けに不思議の負けなし」といいます。私も勉強になりました。ありがとうございました。感謝。

また、名古屋市長選は、現職の河村たかし氏(72)が、超党派の「包囲網」で挑んだ元市議長の横井利明氏(59)らに競り勝ちました。「知事リコール(解職請求)を巡る署名偽造事件で窮地に立ち「選挙モンスター」らしからぬ苦戦だった」との報道もありましたが、コロナ過、地方首長選挙ではバタバタと現職が倒れている中、見事な勝利でした。『「選挙モンスター」人気の陰り(毎日新聞)』などと意地悪な記事もありますが、私はそうは思っていません。署名虚偽事件やコロナ過であっても、勝ち抜いたのですから、まさに「選挙モンスター」です。
河村たかし名古屋市長とは、私が減税日本の推薦をもらって戦った神奈川県議会議員選挙初当選時(2011年4月)からのお付き合いです。それまでは、定期的にお会いする機会もありましたが、コロナ過でそれもかないません。河村市長の御当選、私も嬉しく思っています。(写真はコロナ前・都内のインドカレー屋さん)

コメント・トラックバックは受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。