第38回新型コロナウイルス感染症神奈川県対策本部会議/厚木市内を御用聞き街宣(通算2618日目)/夜はクラブハウスで全国の仲間たちと情報交換

本日は、所要があり、この街宣車で横浜市都筑区に参りました。
都筑区では、なんと偶然にも立民系の街宣車と遭遇。あちらは、横浜市長選挙にかかわる街宣活動中でした。私の車に向かって、弁士の方も手を振って頂きました。(当然 横浜市内では、音は出していませんので念のため)私の街宣車を見て何と思ったか(何も思わなかったのか)気になるところですが、横浜市長選挙への貸し出し予定は、今のところありません。
私の街宣車は、安藤玄一伊勢原市議や山口拓東京都議のように日常的に連携している特定の仲間に限っており、基本的に貸し出しは行っておりませんので、念のため記します。
閑話休題。その後、夕方まで、厚木市内を御用聞き街宣(通算2618日目)しました。午後6時からは、第38回新型コロナウイルス感染症神奈川県対策本部会議を傍聴(リモート)、夜は、いつものクラブハウスで全国の仲間たちと情報交換します。

/本日、第38回新型コロナウイルス感染症神奈川県対策本部会議が開催し、私のオンライン傍聴しました。
7月22日からマスク飲食実施店も含めて、県内全市町で、お酒の提供ができなくなります。本日の本部会議で方針が示されました。マスク飲食実施店の認証制度については、今後、段階的に外す時は、認定店以外からとなることも想定していると聞いています。マスク飲食の認定は進めて頂けますようにお願いします。

/本県の新規感染者数は、昨日が403人、本日が446人で、直近1週間の平均が356.71人となり、ステージⅣの規準(330人)を上回り、感染が急拡大しています。東京都の感染者数も、3日連続で1,000人を超え、首都圏の感染状況も急速に悪化しています。これを受け、本日、神奈川県対策本部会議を開催し、清川村を除く、全市町をまん延防止等重点措置区域とする、神奈川県版の緊急事態宣言を発出することを決定しました。措置区域では、7月22日より、マスク飲食認証店か否かにかかわらず、酒類の提供を終日停止することを要請するとともに、医療機関の即応病床数をフェーズ3(1,475床)からフェーズ4(1,790床)に引き上げる準備に入ります。

/経営難に直面している飲食店等に対し、7月12日からの協力金を7月末頃から支給できるよう、20日から先行交付の受付を開始する予定です。「その他区域」から「措置区域」となる飲食店等について、協力金の下限額が2.5万円から3万円へ、上限額が7.5万円から10万円となることなどに伴い、補正予算が必要となることから、県議会においても審議が必要(議会日程は未定)となります。

コメント・トラックバックは受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。