5月8日は「ヨコハマフリューリングスフェスト2022」最終日

5月8日は「ヨコハマフリューリングスフェスト2022」の最終日でした。横浜赤レンガ倉庫イベント広場(横浜市中区新港1)で4月28日から11日間にわたり開催していました。「ドイツの春祭り」を再現したイベントとのことです。「フリューリングスフェスト」は、春の訪れを祝うドイツの祭りで「横浜では2013年に初開催。2020年、2021年は中止となり、今回が3年ぶり8回目の開催となる」とのことでした。
facebookでも多くの方が取り上げて、私も、とても気になっていたので、最終日、(ウクライナ人道支援コンサートの前に)出かけてきました。
=====
(ヨコハマ経済新聞社)ビール・ドリンク類の販売はリユースカップを使用するほか、会場内にゴミステーションを設置。会場で使用する発電機には天然ガスを原料として製造される合成燃料「GTL燃料」を使用してCo2を削減するなど、環境先進国のドイツに倣って食器・容器類の環境対応を強化。イベントで破棄される廃材や海洋プラスチックを使ったアップサイクルを体験するワークショップや物販なども実施し、環境に配慮したSDGsの取り組みを推進する。
=====

コメント・トラックバックは受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。