さとう知一「県政報告会」9月例会/参加者の皆様、大変お疲れ様でした。ありがとうございます

本日は台風14号の雨の影響がある中、毎月行っている月例会「県政報告」を開催しました。毎月必ず行っている「県政報告会」です。後援会長の「少人数でも毎月行うこと」というミッションをずっと行ってきました。3月からはじめて本日で7回目。昨年末から始める予定でありましたし、時々、ZOOMも併用しましたが、コロナで延期したものでした。前回のように、想定を大きく上回るくらいお越し頂くこともあり、「用意した資料が足りなくなる」といったこともあります。

冒頭は「シナプソロジー」を皆で行いました。「2つのことを同時に行なう」「左右で違う動きをする」といった普段慣れない動きで脳を適度に混乱させ、さらに効果的な刺激を与えることで、脳の機能が高められるとのことです。その後、私の県政報告。県議会報告ののち、私の話。本日のテーマは「エポックメイキングな厚木市を目指して」でした。前回行った私の話の続きです。三連休中日、レギュラーメンバーも少なからず欠席する中ではありましたが、出席者も30名。今回は 10から20名程度と想定していました。通常、20名から40名程度ですので、通常程度の参加者となりました。それぞれにお声かけ頂いての御参加、ありがとうございました。また、本日より、新しい仲間たちも加わり、県政報告終了後は、場所をカフェに移して「三役会+α」。いずれも、とても有意義な会議となりました。

コメント・トラックバックは受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。