投稿者アーカイブ: Tomokazu SATO

お招き頂きました団体事務局の方からお写真を頂戴しました/さとう知一事務所の街宣車(街頭宣伝カー)修理が完了/工場のある台東区谷中は懐かしい町並みが残り人気のエリア

【街宣車、天板葺き替え完了】
今日は、さとう知一事務所の街宣車(街頭宣伝カー)修理が完了したため、はるばる台東区まで取りに行ってまいりました。街宣車のメンテナンスも、議会の合間を見つけて、本人が行います。
車の工場は、台東区谷中。谷中、根津、千駄木このエリアを“谷根千”といい、戦後も大規模開発を免れたため、昔の街並みが残っています。最近は住宅地の間に新しい雑貨店や飲食店等の個性的なショップが増え、観光地としても人気のエリアです。

閑話休題。
さとう事務所の街宣車は、車の上にも乗れる大きなタイプ(ハイエース)ですが、底板(天板?)が、かなり傷んでおりまして、これまで、貸出もできなくなっていました。
プロ、ノンプロと複数の支援者が、補修を申し出て頂きました。
ただ今回は、費用はかかりますが、専門の業者さんにお願いして(一時的な補修ではなく)天板の総入れ替えをすることといたしました。
今回お願いする業者も、さとう事務所のウグイス三人組のうちのお一人の関係する専門業者さんです。貧乏所帯をご存知なので、かなり勉強して頂きました。

「今度は、いつ出番が来るのでしょう。化粧直しをしたと言う事は、近々出番があるのかな?」といったコメントをFacebookで頂きました。しばらく、選挙に出馬する予定はありませんが、せっかくなので、日常活動で、使用しようかと考えたりもします。地元の支援者さんも、やる気まんまんで、御準備頂いています。むしろ、私が背中を押され、お尻を叩かれています。

/連日の賀詞交換会・新年会が、二月上旬まで続いていますが、現在ピークは過ぎました。本日は、横浜のホテル メルパルク横浜にて、神奈川県土地家屋調査士会・神奈川県土地家屋調査士政治連盟合同「新春賀詞交歓会」が、行われました。本日は、地元日程と重複し、お伺いすることは叶いませんでしたが、祝電・メッセージをご送付させて頂きました。

下記写真は、お招き頂きました団体事務局の方にお写真を(電子メールにて)お届け頂きました。ありがとうございます。
県議会議員の多くは、秘書や事務職員を雇い同行されたりもするので、挨拶の風景を同行秘書に撮影してもらったりもされますが、さとう知一事務所は秘書を雇うほどの経済力はありません。基本、一人で廻らせて頂いておりますので、このようなお気遣い・お心遣いは、私の日常活動を行う上でも、大変に助かります。
ありがとうございました。

【写真】: お招き頂きました団体事務局の方からお写真を頂戴しました/さとう知一事務所の街宣車(街頭宣伝カー)修理が完了/工場のある台東区谷中は懐かしい町並みが残り人気のエリアです

連日、かながわ共同会のやまゆり園指定管理について取り上げています。

連日、かながわ共同会のやまゆり園指定管理について、取り上げています。
詳細かつ、大量の投稿なので、既に辟易している方も多くいると思います。
ただ、今回の黒岩知事の決断は、これからの神奈川県の障害者福祉行政のみならず、日本全体の福祉行政の在り方にも大きく影響を与えるほどのことであると私は思っています。
本日お会いした方も、同意見でした。

浅野史郎教授が宮城県知事だったころに断行した福祉行政改革が、いまのグループホーム、小規模多機能型福祉施設を用いた地域の障害者福祉の推進の流れを生み、今もって、福祉行政のターニングポイントと言われていますが、これと同じくらいか、それ以上のインパクトを持っているものと考えているからです。

かながわ共同会は、知事発言に対する法人の見解等として、公式サイトに掲載しています。
https://www.kyoudoukai.jp/our-opinion/

その中には、「県議会厚生常任委員会での質疑の概要(R1.12.10)」として、「車いすの拘束や散歩が少ないということは過去の話であり、すでに対応が されている」といった委員の発言を掲載していますが、
その後、(芹が谷やまゆり園において)身体拘束や虐待行為が行われていたことについての見解は見当たりません。

私は、納得する状況までには至っていません。

愛名やまゆり園・津久井やまゆり園等の指定管理者である かながわ共同会から「愛名やまゆり園における虐待事案について(お詫び)」といった文章が公開されました/厚木市議会議員OBOG会(任意団体)涼風会(村井正光会長)新年会/神奈川県行政書士会・神奈川行政書士政治連盟・コスモス成年後見サポートセンター神奈川県支部 令和2年新年賀詞交換会

本日は午前中から、地元事務所でのミーティング。
非常に長時間にわたりましたが、とても有意義なミーティングが終わり、昼飯を食べ損ねましたが、朝食が充実していたのでなんとか大丈夫(たぶん)です。
今日のミーティングは、勉強になりました。今後の県政にも大きく影響するような内容です。

閑話休題。
その後、スーパーマーケットで食材の買い出しをしながら、自宅に戻り、原稿を作成しながらの夕食作り、その後、レンブラントホテルに戻り、新年会・賀詞交歓会にお伺いします。
時間が重複するので、神奈川県行政書士会・神奈川行政書士政治連盟・コスモス成年後見サポートセンター神奈川県支部の令和2年新年賀詞交換会については、祝電・メッセージを送らせて頂きました。
また、レンブラントホテル・チャイニーズダイニング「トルファン」にて、厚木市議会議員OBOG会(任意団体)である涼風会(村井正光会長)新年会にお伺いしました。大先輩方を前にして、大変僭越に感じつつ、現職の県議会議員として、一言ご挨拶と県政報告をさせて頂きました。
また、松本副市長(前福祉部長)とも同じテーブルで、愛名やまゆり園における虐待事案についての現場の経緯などについて、お話をお伺いしました。
公務としての賀詞交歓会や新年会は、2月上旬まで続きます。

/愛名やまゆり園・津久井やまゆり園等の指定管理者である かながわ共同会から「愛名やまゆり園における虐待事案について(お詫び)」といった文章が公開されました。
https://www.kyoudoukai.jp/…/24959-1-20200122134832_b5e27d42…

文中には、「なお、園では、通報の時点から当該職員を休職させるなど、虐待疑いのある業務 から外すとともに、園としても第三者委員に依頼するなど調査を進めてきたところ です。」とある一方、

今年1月6日に県に提出(1月7日厚生常任委員会に提出)された かながわ共同会からの「質問書」には、
かながわ共同会から、黒岩知事に対して、
「なお、当法人の顧問弁護士からは、知事の発言が事実に基づかないものであれば、当法人の社会的評価を低下させるものとして、民事上の名誉棄損に該当する可能性があるとのアドバイスを受けております。」
との記載もありました。

1月10日に明らかとなったやまゆり園(芹が谷)での虐待事案についての(お詫び)とする表明はありません。

昨年、「愛名やまゆり園の園長が、子どもに性的暴行を繰り返していたことが発覚した際に、愛名やまゆり園の園長の逮捕を理由に(愛名やまゆり園の指定管理をそのままにして)津久井やまゆり園(千木良)、芹が谷やまゆり園の2園の指定管理者を差し替えるというのは、おかしいではないか」といった発言もありました。
私もその通りだと思います。

私は、津久井やまゆり園(千木良)、芹が谷やまゆり園の2園のみならず、愛名やまゆり園においても、指定管理者を差し替えるべきではないかと思うようになりました。
今後の議会での議論につなげて参ります。

かながわ共同会謝罪文20200122

昨晩、神奈川県子どもみらい局長名で「愛名やまゆり園における虐待事案の認定について」報告がありました

昨晩(私がブログにアップした後のことですが)、
神奈川県子どもみらい局 香川局長名で、障害サービス課長より「愛名やまゆり園における虐待事案の認定について」報告がありました。
内容については、昨晩私が記した内容とほぼ同じです。

愛名やまゆり園虐待認定についての報告

「愛名やまゆり園の職員による虐待が厚木市により認定されました」 と、本日の知事定例記者会見の中で、公表されました。

「愛名やまゆり園の職員による虐待が厚木市により認定されました」
と、本日の知事定例記者会見の中で、公表されました。

公表された(厚木市により)虐待と認定された行為は次のとおり。
・食事制限のある利用者に対し、ご飯を大量に食べさせる。
・ご飯をお盆にまき散らし食べさせる。
・箸一本で食べさせる。
・夜中に長時間、1~3時間にわたり、トイレに座らせる。
・お風呂で利用者に水をかける
(本日報告された虐待と認定された行為は以上)
https://www.youtube.com/watch?v=FFok9KGIynQ&feature=emb_logo

先週金曜日のタウンニュース記事
https://satotomokazu.wordpress.com/…/%e3%82%bf%e3%82%a6%e3…/
を掲載するにあたっても、様々な意見がありました。
私自身も表現が、荒く、隅々まで配慮が行き届いていないと深く反省をしました。

特に文章の締め括りが「知事を支えます」という表現は、誰に向いて、政治をしているのか。利用者さんやご家族、市民・県民ではないのか。といった意見を頂きましたし、
「やまゆり園の元入居者は、やまゆり園を再建して欲しいと望んでいる。」という報道が多かったので、元入居者からやまゆり園の管理者は感謝・支持されていると思っている人が多いといった意見もありました。

私としては「利用者や利用者の家族の方々に寄り添って、調査を綿密に行って、議会で質問している」事は当たり前ですし、虐待行為は許されませんが、まじめに取り組んでいる職員さんが多いことも事実と考えています。

ただ、津久井やまゆり園事件以降も、芹が谷園舎(現芹が谷やまゆり園)や愛名やまゆり園で、利用者さんに対して、虐待行為が行われていたことが明らかになっています。詳細はわかりませんが、食事制限のある重度障害者の利用者に対し、ご飯を大量に食べさせる行為は、生命にかかわる行為です。病気によっては、進行が進み取り返しのつかないことになっていないとも限りません。

私の昨年の9月の本会議での質問と11月の決算委員会での質問がなければ、知事も決断ができなかったのではないか。知事が、指定管理者の見直しを決断しなければ、本日、報告された虐待事案は表に出てこなかったのではないかとも考えています。

特に福祉を担って頂いている団体に対しては、モノが言いにくく、虐待事案を見かけても、利用者さんや利用者の家族は、オモテに出しづらいとも考えられます。

私は、かながわ共同会が指定管理を行う施設だけが突出して悪い(虐待が日常化している)とは考えていません。
おそらく、他の施設でにおいてもあるかもしれません。
ただ、共同会の関連施設(やまゆり園)は、職員も他に比べて質の良い職員が多く応募されていますし、何よりも県立の施設です。
これからの福祉の地域移行を考えていく場合においても、他の模範となってもらわなければなりません。
私は、今回の知事の指定管理者の差し替えについての決断を評価していますし、この機会を逃せば、もう無いような気がします。

そういった意味においても、利用者や利用者の家族の方々に寄り添って、調査を綿密に行って、議会で質問していくことは、当たり前としたうえで、「知事の指定管理者差し替えの決断」を支持して参ります。

追記: https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200121/k10012253591000.html?fbclid=IwAR1RBEXYTdnmFi0EMBZ50gF7AskVDxEdAqTRleTWzJTKonzeOvm8gGdLBWc

早朝議会活動報告は、本厚木駅北口・中心市街地交差点にて行いました。通算2525日目(延べ日数ではなく実数)/本日の遅い朝ごはんは、玉子サンドと鳥焼き(昨夜の残り)、温かい珈琲

本日の早朝議会活動報告は、朝7時40分から9時まで、本厚木駅北口・中心市街地交差点にて行いました。これまでも、基本、平日毎日行ってきた早朝議会活動報告は本日で通算2525日目(延べ日数ではなく実数)となります。

選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。本日も多くの方々にお声かけ頂きました。 このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。 子どもの見送り等があるので、朝の街頭活動は、主に以下の感じで行っています。
本日は、パターン「2」(朝7時40分から9時まで、本厚木駅北口・中心市街地交差点)です。どこかで見かけたら、是非、お声かけ下さい。マイクを持っているときでもお声かけ歓迎です。

1、朝6時から7時半(子供見送り前/主に本厚木駅北口・南口・東口が多い)
2、7時40分から9時(子供見送り後/国道246号郵便局前交差点や松枝交差点等、交差点が多い)
3、朝6時から8時半(妻が送りを担当する時/駅や交差点を組合わせることもあります)
4、上記に関わらず、場所を規定せず、短時間で行うことも多いです。

/街頭活動終了後、事務所に寄り、いったん自宅に着替えに戻ります。自宅で「遅い朝食」をとり、公務についています。

本日の遅い朝ごはんは、玉子サンドと鳥焼き(昨夜の残り)、温かい珈琲。
街頭活動のあとの食事は、ひそかな楽しみ。1~2時間話すと動かなくても、おなかが減るんです。動画にもありますが、キュウリのサンドイッチや(画像の)たまごサンドは、よく作ります。
https://www.facebook.com/watch/?v=408754053187850

※ 本日の朝食は全て佐藤本人が作っています。

【写真】: 早朝議会活動報告は、本厚木駅北口・中心市街地交差点にて行いました。通算2525日目(延べ日数ではなく実数)/本日の遅い朝ごはんは、玉子サンドと鳥焼き(昨夜の残り)、温かい珈琲

厚木稲門会 第14回「トークサロン」/早稲田学報と西北の風

本日は、厚木稲門会 第14回「トークサロン」に会員として参加をさせて頂きました。稲門会とは、早稲田大学のOBOG会で、厚木市周辺の卒業生で構成されているのが、厚木稲門会です。稲門会のトークサロンは、毎回、専門知識を有する会員が講師を務めて開催されている研修会です。

厚木稲門会 第14回「トークサロン」
今回のテーマ: 「江戸時代の宿場町・厚木」
・宿場町厚木の概要
・水運 相模川
・渡辺崋山「遊相日記」
・その他

という勉強会。参加者20名。非常に内容の濃いトークサロンとなりました。
会場は、レンブラントホテルのチャイニーズダイニング トルファンで、研修会の後は、美味しい中華料理を楽しみながら、内容を深めました。

今年度(2019年11月2日)、厚木稲門会主管で、早稲田大学校友会神奈川県支部大会を地元厚木のレンブラントホテルにて開催しました。田中愛治早稲田大学総長をお迎えして、盛会に終わりましたが、早稲田学報にその時の様子が、大きく掲載されています。また、厚木稲門会「トークサロン」についても、支部活動報告として(別ページに)掲載されておりました。

【写真】: 厚木稲門会 第14回「トークサロン」/早稲田学報と西北の風

厚木市全国県人会連合会「賀詞交歓会」/令和2年厚木北地区新春のつどい/地元選出県議としてあいさつの後、ステージ上で鏡開き

厚木市全国県人会連合会「賀詞交歓会」、正午(12時)、地域新年会御挨拶、その後、「令和2年厚木北地区新春のつどい」にお伺いしました。地元選出県議としてあいさつの後、ステージ上で鏡開きをさせて頂きました。

【写真】: 厚木市全国県人会連合会「賀詞交歓会」/令和2年厚木北地区新春のつどい/地元選出県議としてあいさつの後、ステージ上で鏡開き

厚木南地区新春のつどい/研修会「緊急 教育問題シンポジウム」/小林市長 新春のつどい/スイス菓子ポニイでパンとプリンを購入「25年経ってもあの時の記憶は忘れない by 岸田嘉夫」/夜はホルモン焼 佐助

本日も午前中から、厚木南地区新春のつどい(厚木南地区老人憩の家)と一件の新年会を廻らせて頂き、平塚での研修会「緊急 教育問題シンポジウム」にお伺いしました。
神奈川県公立小学校長会、神奈川県公立中学校長会、神奈川県公立小学校教頭会、神奈川県公立中学校教頭会、神奈川県公立小中学校管理職組合、神奈川県教職員組合による共催です。
基調講演は、佐久間亜紀 慶應義塾大学教職課程センター教授「なぜ先生が足りなくなったのかー神奈川県のデータから対策を考えるー」後半は、シンポジウムです。

佐久間教授のお話、大変勉強になりました。勉強になっただけではなく、きちんと前向きに課題と向き合って参ります。
論座: https://webronza.asahi.com/national/articles/2019050400002.html?page=1

/そのまま、厚木にとんぼ返りし、午後4時から、小林常良厚木市長・新春の集い(レンブラントホテル厚木)にお伺いしました。ステージ上にあげて頂き、ご挨拶をさせて頂きました。

/帰りには、スイス菓子ポニイさんで、パンとプリンを購入しました。昨日のブログにも記しましたように阪神淡路大震災を忘れないように毎年、1月17日前後には意識して、ポニイのご主人の作られたケーキやお菓子、パンを食べるようにしています。阪神淡路大震災の教訓を忘れないようにとの思いを込めつつ、本日も家族で美味しく頂いています。
「スイス菓子 ポニイ」のご主人・岸田嘉夫さんは、長い歴史を持つ神戸の老舗ベーカリー・洋菓子店「フロインドリーブ」で修業中に被災(阪神淡路大震災)し、それを機に厚木で、独立開業されました。本日も当時のお話をお聞かせ頂きました。
「25年経ってもあの時の記憶は忘れない。」とのことでした。

/夕食は家族で、事務所近くの「ホルモン焼 佐助」へ。
普段から、お世話になっていますが、今夜は「夕食は何がいい?」と聞いた妻に答えた長女の「佐助の牛タン」の一言で、しばらくぶりに「佐助」に参りました。

【写真】: 厚木南地区新春のつどい/研修会「緊急 教育問題シンポジウム」/スイス菓子ポニイでパンとプリンを購入「25年経ってもあの時の記憶は忘れない by 岸田嘉夫」/夜はホルモン焼 佐助

厚木警察署武道始式/第19回 厚木警察署協力団体賀詞交歓会/神奈川私学教職員組合連合 2020年新春のつどい

1月17日は、厚木警察署武道始式(河辺裕司署長)に地元の県議会議員としてお招きを頂き、出席をさせて頂きました。厚木警察署の武道始式に出席をしたのは2010年1月、当時は厚木市議会副議長としてお招き頂いたのが最初です。当時のブログを見ても(私の一日は)「朝の駅頭議会報告」から始まり「各種団体月例会」「議員研修会」と(現在と)やっていることはほぼ同じです。毎年新春恒例の厚木警察署「武道始式」は、昨年より、新しくなった厚木署での武道始式となりました。

私は、高校時代に少林寺拳法部に所属(関東大会六位入賞・全国大会出場)し、その後、ニュージーランドに渡り、少林寺拳法の指導員として、二年弱働かせて頂きました。高校時代の少林寺拳法部の外部コーチ・監督(馬場弘幸先生)は、当時、県警(鶴見署)に所属していた警察官でありました。同時に逮捕術の選手としても様々な大会に出場されていた方であります。また、馬場監督は、私をニュージーランドへつないで頂いた恩人でもあります。事情があって、警察は退官されましたが、少し前の県警幹部の方にお聞きすると有名な方であったとの事でした。「逮捕術の試合」は、私にとって、非常に身近な格闘技でもあります。昨日は、試合形式の逮捕術は行われませんでしたが、武道始式は、私にとても楽しみな大会の一つです。

/午後6時から、「第19回 厚木警察署協力団体賀詞交歓会」に出席し、ご挨拶をさせて頂いた後、横浜の桜木町(ブリーズベイホテル)に移動し、「神奈川私学教職員組合連合 2020年新春のつどい」にお伺いし、一言、ご挨拶をさせて頂きました。

【写真】: 厚木警察署武道始式/第19回 厚木警察署協力団体賀詞交歓会/神奈川私学教職員組合連合 2020年新春のつどい