投稿者アーカイブ: Tomokazu SATO

知行合一 本当の知識は実践を伴わなければならない。
信念不抜 絶対にあきらめない心。

本日は「終戦記念日」「終戦の日」/箱根神社(本宮)・九頭龍神社(新宮)・九頭龍神社(本宮)・箱根神社(本宮)に仲間たちと共に一日かけて参拝

本日は「終戦記念日」「終戦の日」です。75年前の1945(昭和20)年8月15日、日本は戦争に負けました。この戦争では、兵士だけでなく、多くの民間人も命を落としました。8月15日は、1982年に「戦没者を追悼し平和を祈念する日」と閣議決定され、英語では「the Day to Commemorate the War Dead and Pray for Peace」と表記されます。本日も、猛暑の一日でした。

/私の祖父は、小鮎地区古沢で生まれ育ち、トラック島で終戦を迎えその後、日本へ帰国した帰還兵でありました。日本軍も見放したほど激しい戦闘が繰り返された地で、戦争を戦った祖父でしたが、亡くなるまで、かの地で命を落とされた戦友の事を思い続けていました。

私の幼いころ、終戦の日を迎えるこの時期、私の家に祖父の戦友が集まり、車座になって献杯をしていました。酒の飲めない祖父も、この時だけは、日本酒に砂糖を入れて流し込むように戦争で亡くなった仲間たちへ献杯し、その後も帰還兵の戦友たちと、酒を酌み交わしていました。

祖父は、私が小学生の時に亡くなりました。祖父が私に現地での体験・戦争体験を語るには、私は幼すぎました。祖父から、戦争体験を聞かせてもらいたかったと少し残念に思っています。

厚木市議会議員である渡辺貞雄市議の御尊父は、私の祖父と同じ部隊で戦争を戦った兵隊でした。
渡辺市議の御尊父の下で、私の祖父が、戦争を戦ったとのことです。

先の大戦が終わりを告げ75年の歳月が流れ、戦争体験の風化が危惧されています。また、世界に目を転じればテロや紛争が後を絶ちません。先の大戦で亡くなられた英霊に鎮魂の意を表しますと共に、日本を平和な国として保ち、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、共存できるよう努力して参ります。

/本日は、柔道整復師・整骨院セラピストの友人(厚木市在住)、防衛省 海上自衛隊大尉で、現在は自民党参議院議員秘書の友人(海老名市在住)のお二人にお誘い頂き、箱根神社(本宮)、九頭龍神社(新宮)、九頭龍神社(本宮)、箱根神社(本宮)に一日かけて(他の仲間たちと共に)お参りをさせて頂きました。私は自家用車で参加しました。

箱根神社の奥宮(本宮)は、箱根駒ケ岳山頂にあります。1964 年( 昭和39 年) 再建され、 以来祭祀が厳修されました。注連縄を張ってあるのは馬降石といい、白 馬に乗って神様が降臨された岩と伝えられ ています。石の上の穴は降馬の折の蹄跡で、穴にたまる水は旱天にも枯れたことがないといわ れる不思議な岩。また参道の右側には馬乗石があり、白馬の信仰の由来ともなっています。

また、九頭龍神社の本宮は、近年、パワースポット「最強の龍神パワー」として、広く知られているようです。本日も、金色の大きな鯉が顔を見せてくれました。家族絵のお土産に「お守り」とお水取りをした九頭龍の聖水は、持ち帰り、風呂の中に入れて全身でそのパワーを感じました。

【写真】: 箱根神社(本宮)、九頭龍神社(新宮)、九頭龍神社(本宮)、箱根神社(本宮)に仲間たちと共に一日かけてお参りをさせて頂きました。私は自家用車で参加しました。

小学校でクラスター(感染者集団)が発生

厚木市教育委員会は、昨日8月13日、会見を開き、小学校でクラスター(感染者集団)が発生したとみられるとの認識を示しました。厚木市立依知南小学校で児童9人の感染が新たに判明し、教員を含む感染者が14人に拡大したことから、保護者に不安が広がっています。

会見を受けた新聞記事では「市は全校児童の検査を県に強く要請する方針を明らかにした」とあります。県によると、県内の学校でのクラスター発生は初めてとみられています。
===
(神奈川新聞): 会見で曽田髙治教育長は「状況を振り返ると、学校内で感染が広まった可能性は高いと認識している」と指摘。会見後には「県に従った対応だったが、当初から児童を検査してくれれば…」と下を向いた。
===

また、本日14日、神奈川県内では、117人について新たに新型コロナウイルスへの感染の確認が発表されました。「県によると、厚木市の湘南厚木病院に入院する40~90代の男女14人が陽性となった。県はクラスターの発生とみている」との報道もあります。

【画像】: 過日の長男の漢字テスト。「納税」は「勤労(の義務)」「教育(の義務)」と並んで 国民の三大義務の一つです。

タウンニュース厚木 伊勢原 愛川 清川拡大版 2020年8月14日号 発行部数80180部に議会活動報告記事掲載/議会報告 No.308 かながわ警戒アラート発動/コロナ対策特別委員 さとう 知一 50歳/最前線で働く/「上映会」は中止/安全面を重視/県議も身を切る

本日発行の「タウンニュース厚木・伊勢原・愛川・清川拡大版 2020年8月14日号 発行部数80180部(厚木愛川清川53780 伊勢原26400)」に私の議会活動報告関係記事のご掲載を頂きました。
https://www.townnews.co.jp/0404/2020/08/14/538769.html

大見出しは「議会報告 No.308 県警戒アラート発動」コロナ対策特別委員 さとう 知一 50歳、小見出しは「最前線で働く」「『上映会』は中止」「安全面を重視」「県議も身を切る」です。

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で 通算308回目となりました。

県議会は、テレビや新聞等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も19年0ヶ月14日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

タウンニュース厚木・愛川・清川版は、朝日・読売・毎日・日経新聞を主力に折込まれております。配布部数変更に伴い、市内公共施設や商業施設、農協支所等への配架も行われています。
https://www.townnews.co.jp/0404/arrangement.html
幅広い市民の皆様方のお目に留まることを期待しています。

また、現在は、厚木市内を中心に配架されている 情報誌「厚木時間」(発行部数 2万5000部)にも記事を掲載しています。併せて、ご覧頂きたいと願います。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2020年8月14日現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2539日目 (延べ日数ではなく実数/コロナ禍につき一時休止中)
・ブログ更新日数 - 19年0ヶ月14日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算308回
・タウンニュース掲載部数(合計) - 1815万3360部

・情報誌 厚木時間 活動報告掲載回数 - 通算5回
・情報誌 厚木時間 掲載部数 - 12万5000部(各回2万5000部)
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・年3~4回・各回18万部発行)総発行部数 -305万9000部

・献血回数 - 162回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木・伊勢原・愛川・清川拡大版 2020年8月14日号 発行部数80180部 に掲載された さとう知一の県政報告寄稿記事(通算第308号)

本日はお盆の入り。私の母、祖父母や叔母などが眠る妻田の青松寺(臨済宗建長寺派)に墓参り

本日はお盆の入り。私の母、祖父母や叔母などが眠る妻田の青松寺(臨済宗建長寺派)に墓参りしました。父と弟の家族は昨日、墓参しました。
墓参に来られるい方は、今年はいつもに比べて、少ないように感じました。墓に供えられている華を見ていて、そう思いました。コロナ禍ですから、仕方ないですね。

今年は、コロナ禍により、毎年約55万本のヒマワリが咲き誇る「座間市ひまわりまつり」や相模川で行われる「灯篭流しの夕べ」に参加したり、もちろん各地の盆踊りを廻らせて頂いたりといったことは全て中止となりました。残念です。

厚木市内を中心に配架されている 情報誌「厚木時間 57号」(発行部数 2万5000部)に記事掲載

タウンニュース厚木版に隔週掲載しておりますが、
現在は、厚木市内を中心に配架されている 情報誌「厚木時間 57号」(発行部数 2万5000部)にも記事を掲載しています。
現在配布中の厚木時間にも私の記事が掲載させています。
ご確認下さい。

明日発行のタウンニュース厚木・伊勢原・愛川・清川拡大版 2020年8月14日号(発行部数80180部)にも記事掲載を予定しておりますが、以下は、これを含めた数字です。
=====
【数字でみる佐藤知一】(2020年8月14日現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2539日目 (延べ日数ではなく実数/コロナ禍につき一時休止中)
・ブログ更新日数 - 19年0ヶ月14日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算308回
・タウンニュース掲載部数(合計) - 1815万3360部

・情報誌 厚木時間 活動報告掲載回数 - 通算5回
・情報誌 厚木時間 掲載部数 - 12万5000部(各回2万5000部)
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・年3~4回・各回18万部発行)総発行部数 -305万9000部

・献血回数 - 162回(16歳から継続中)
=====

かながわブランドに登録される「あつぎの梨」「厚木のぶどう」の季節です

かながわブランドに登録される「あつぎの梨」「厚木のぶどう」の季節です。
神奈川県と生産者団体で構成する「かながわブランド振興協議会」では、統一の生産・出荷基準を守り、一定の品質を確保するなどの要件を満たしている農林水産物や加工品を「かながわブランド」として登録しています。

この季節、毎年、厚木の梨と厚木の葡萄を食べて、私は育ちました。

昨晩の夕食は 手づくりハンバーグ

昨晩の夕食は、手づくりハンバーグ。
妻は外資系なので、お盆休みは全く関係なく働いています。
と、言うことで、今日も私が夕食を担当しています。
安物のイタリアワインを使って、ハンバーグのソースを作り、そのワインを飲みながら、食事を愉しみました。
359円で買ったイタリア直輸入の赤ワインで、まさに貴族の夕食。

厚生常任委員会の質疑を動画配信で再確認/昼食は 炒飯とコンソメスープ

閉会中審査が予定されている次の新型コロナウイルス感染症対策特別委員会(神奈川県議会)の質疑に備えて、8月3日に開催された厚生常任委員会の質疑を動画配信で、再確認しています。
全て傍聴すると丸一日かかりますが、大まかな所管常任委員会での議論の流れはつかんでおきたいと思います。

/昼食は、炒飯とコンソメスープ。玉子は落ちてしまった。

コロナ禍の三連休。子ども達は、大好きなグミキャンディを作りました

コロナ禍の三連休(初日8月8日)。子ども達は、大好きなグミキャンディを作りました。「長女は、グミって作れるの?」と驚いていました。

今夜(8月10日)は、自宅で お好み焼きです。身体を動かしていないから、おなかもあまり空きません。キャベツ多めで作ります。

本日、長崎は75回目の「長崎原爆の日」を迎えました

本日、長崎は75回目の原爆の日を迎えました。
昭和20年8月9日午前11時2分、一発の原子爆弾により、長崎の街は一瞬で廃墟と化しました。8月6日の広島原爆の日と共に忘れてはならない日です。
今は亡き、妻の実母は長崎出身であることから、8月9日は、私にとってより特別な日となりました。当時投下された、原爆により、24万人の市民のうち、7万4千人が亡くなり、7万5千人が傷つきました。 事実を知ること、それこそが核兵器のない未来を考えるスタートラインです。