投稿者アーカイブ: Tomokazu SATO

20180820

本日の早朝議会活動報告は、愛甲石田駅北口で行いました。朝6時半前から8時過ぎまでの1時間半超(通算2354日)。後藤祐一代議士、小山博正伊勢原市議と共に行いました/昨晩は、家族で少年野球観戦(厚木市営及川球場)JAあつぎカップ少年野球大会 一回戦第一試合 及川球技場A面 ペガサス VS 上古沢ヤンチャーズ/県議会に登庁

本日は、子ども達の学童保育と保育園送迎を妻に任せて、朝6時半から、早朝議会活動報告を行わせて頂きました。
愛甲石田駅北口で1時間30分超、駅頭に立たせて頂きました。本日は、後藤祐一代議士、小山博正伊勢原市議会議員と共に街頭活動を行わせて頂きました。
我が家は、共働きのため、(通常は)妻を先に見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、私が長男(8歳)の小学校(学童クラブ)見送り、長女(5歳)を保育園に送り届けてから、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行っています。若干ピークを過ぎてしまいますが、気にせずに可能な限り毎日行っています。

平日毎日行っている早朝議会活動報告は、本日で通算2354日(延べ日数ではなく実数)となります。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。

/昨晩は、家族で少年野球観戦(厚木市営及川球場) をしました。私の小学校時代の同級生で、幼馴染みの少年野球 厚木ペガサス 水島総監督から、お誘いを頂いての少年野球ナイトゲーム観戦です。両チームとも厚木市のチームですが、昨晩は、ペガサスの応援サイド(一塁側)で応援をさせて頂きました。乱打戦の面白い試合でしたが、僅差で、上古沢ヤンチャーズが勝利しました。選手の皆さん、関係者の皆さん、大変お疲れさまでした。特に選手の皆さんは、よく頑張りました。

JAあつぎカップ少年野球大会 一回戦第一試合 及川球技場A面 ペガサス VS 上古沢ヤンチャーズ

/本日は、このあと、県議会に登庁します。総務会長として仕事に就きます。

【写真】: 本日の早朝議会活動報告は、愛甲石田駅北口で行いました。朝6時半前から、8時過ぎまでの1時間半超(通算2354日)。後藤祐一代議士、小山博正伊勢原市議と共に行いました/昨晩は、家族で少年野球観戦(厚木市営及川球場)。写真にはありませんが、両チームとも多くの保護者、御兄弟が、観戦されていました。

第3回 アスレチックアドベンチャー教室@厚木小学校

本日は「第3回 アスレチックアドベンチャー教室」にお伺いしました。代表は友人の葉山さん、望月真実厚木市議が、司会進行役をされました。

【写真】: 第3回 アスレチックアドベンチャー教室@厚木小学校

あつぎ ごちゃまぜフェス(アミューあつぎ)/平成30年度 厚木市少年少女芸術鑑賞会(厚木市主催、厚木市子ども会育成連絡協議会主管)「大どろぼう ホッツェンプロッツ」(劇団青い鳥ティアティカルカンパニー) /第24回 相模川 灯ろう流しの夕べ

本日午前中は、多様性や共生社会の意義について、楽しみながら体感できるお祭りイベント「あつぎごちゃまぜフェス」 にお伺いしました。会場は、アミューあつぎ8階の屋内広場「sola」 。主催は、民間で組織する同フェス実行委員会。厚木市や厚木市教育委員会、清川村教育委員会が後援するものです。自閉症スペクトラムの息子の母であり、自身もADHD(注意欠如・多動性障害)がある小野さんが中心となって、企画されたイベントです。

/午後2時からは、厚木市文化会館大ホールで平成30年度 厚木市少年少女芸術鑑賞会(厚木市主催、厚木市子ども会育成連絡協議会主管)に妻と子供たち二人と共にお伺いしました。昨年は、劇団東少(ミュージカル アルプスの少女ハイジ)でしたが、今年は、劇団青い鳥ティアティカルカンパニーの「大どろぼう ホッツェンプロッツ」でした。1時間半たっぷりのミュージカル形式の演劇でありましたが、子ども達も楽しく、(昨年に引き続き)観劇を楽しみました。

/その後、森の里夏まつり開会式、宮の里納涼祭など、いくつかの納涼祭を廻らせて頂き、それぞれの会場で御挨拶をさせて頂きました。関係者の皆様には、心より感謝します。

/夜は「第24回 相模川 灯ろう流しの夕べ」(明るい社会づくり運動厚木市協議会主催)にお伺いしました。「相模川 灯ろう流しの夕べ」では、毎年、先人や祖先の霊を供養し、あわせて、東日本大震災・熊本地震他、震災・自然災害、テロ等の犠牲者の方々への慰霊と被災地復興祈願を込めた「灯ろう流し」を行っています。
※ 川の下流で、流した 灯篭 はすべて回収しております。

【写真】: あつぎ ごちゃまぜフェス(アミューあつぎ)/平成30年度 厚木市少年少女芸術鑑賞会(厚木市主催、厚木市子ども会育成連絡協議会主管)「大どろぼう ホッツェンプロッツ」(劇団青い鳥ティアティカルカンパニー) /第24回 相模川 灯ろう流しの夕べ

厚木市主催「平成30年度 厚木市戦没者追悼式」及び、厚木市遺族会主催「戦没者追悼式奉納行事」(ハーモニカ演奏)/オオカマキリ

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(8歳)の学童クラブ見送り、長女(5歳)を保育園に送り届けてから、公務に就きました。
本日は、厚木市主催の「平成30年度 厚木市戦没者追悼式」及び厚木市遺族会主催の「戦没者追悼式奉納行事」に参列させて頂きました。

数次にわたる戦没において尊い身命を奉げられた市内1,500余柱の英霊に追悼の誠を奉げ、永遠の平和への決意を新たにするため、私も市議会議員時代より、毎年欠かさず、参列し、献花をさせて頂いております。
戦没者の多くは、苛烈を極めた戦いの中で、ひたすら祖国の安泰と繁栄を願い、最愛のご家族を案じながら、心ならずも遠い異郷の地で帰らぬ人となられました。国の御盾として戦禍に倒れ、散華されました数多くの方々のご心情とご無念を思うとき、長い年月を経た現在も、忘れることの出来ない深い悲しみが胸に迫ってまいります。また、最愛の肉親を失われたご遺族の皆様におかれましては、決して癒されることのない深い悲しみに耐え、立派にご子弟を養育されながら地域社会に貢献してこられましたご努力に対し、本日、改めて心からご慰労申し上げ、敬意を捧げました。

/本日の厚木市遺族会(潮田春男会長)主催「戦没者追悼式奉納行事」は、厚木市謡曲協会による「ハーモニカ演奏」が奉納されました。
ここ数年は、市内中学生による合唱を奉納し、参加者一同にて、平和への思いを共有、昨年は、能楽でした。
奉納行事・演奏者は、ARSハーモニーの皆様。曲目は「りんごの唄」「青い山脈」「森の水車」「野に咲く花のように」「ふるさと」でした。今年の奉納行事も、最初から最後まで、大変興味深く、鑑賞させて頂きました。

【写真】: 登園前、オオカマキリを捕まえました(その後、リリース)/厚木市主催「平成30年度 厚木市戦没者追悼式」及び、厚木市遺族会主催「戦没者追悼式奉納行事」(ハーモニカ演奏)

本日は、地元デー。ヒアリングとりまとめ作業や原稿修正、地元廻りなどを精力的に行っています。

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(8歳)の学童クラブ見送り、長女(5歳)を保育園に送り届けてから、公務に就きました。

我が家はフルタイムの共働きです。妻は、外資系金融に務めているため、基本、お盆休みや正月休み(基本、大晦日・三が日のみ休み)も関係ありません。とはいえ、お盆休みは、少し早めに帰宅します。
とは言え、本日は、長男、長女共にいつもより少し早め(午後4時半)に迎えにあがり、今は自宅(私の作業している横)で、それぞれ、お勉強と工作をしています。夕食の支度をしながら、風呂に入れ、洗濯をし、妻の帰りを待ちます。

/本日は、地元デー。ヒアリングとりまとめ作業や、年3回、各回18万部発行のニュースレター「ケンオウニュース(月刊さとう 号外)」原稿修正、地元廻りなどを精力的に行っています。来週発行のタウンニュース原稿第一稿は、明後日が締切りです。もろもろ、がんばります。

【写真】: 政策を提案するうえでも必要となるインプット作業も精力的に行っています。県議会時代、同期だった中谷一馬代議士の御著書も改めて読んでみました。通読も二度目となりますが、読みやすく、内容もしっかりしている本です。とても勉強になります。

本日は「終戦記念日」「終戦の日」/「戦争犠牲者慰霊平和祈願の日・式典」「平成30年度 神奈川県戦没者追悼式(神奈川県遺族会主催)」等、いくつかの式典を廻らせて頂きました

本日は「終戦記念日」「終戦の日」です。1982年に「戦没者を追悼し平和を祈念する日」と閣議決定され、英語では「the Day to Commemorate the War Dead and Pray for Peace」と表記されます。明後日には、厚木市・厚木市遺族会主催の厚木市戦没者追悼式が挙行される予定ですが、この夏の追悼式をもって、平成最後となります。
本日も朝9時から行われた「戦争犠牲者慰霊平和祈願の日・式典」「平成30年度 神奈川県戦没者追悼式(神奈川県遺族会主催)」等、いくつかの式典を廻らせて頂きました。本日も猛暑の一日でした。

神奈川県遺族会主催の平成30年度 神奈川県戦没者追悼式においては、日本武道館(東京都千代田区)で開催された政府主催の全国戦没者追悼式の黙祷と時間を合わせて、黙祷を行い、その後の天皇陛下のお言葉も、会場に流れ、出席者全員で拝聴しました。来年4月30日 御退位される予定の天皇陛下は、お言葉に「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ」との文言を加え「反省」という言葉も四年連続で使われたとの報道もありました。

/私の祖父は、トラック島で終戦を迎えて、帰還兵として帰国しました。
私は、おじいちゃん子として育ちましたが、やはり、戦争体験を一度も聞いたことはありません。

私の幼いころ、終戦の日を迎えるこの時期、私の家に祖父の戦友が集まり、車座になって献杯をしていました。
酒の飲めない祖父も、この時だけは、日本酒に砂糖を入れて流し込むように
戦争で亡くなった仲間たちへ献杯し、その後も帰還兵の戦友たちと、酒を酌み交わしていました。

祖父は、私が小学生の時に亡くなりました。
祖父が私に現地での体験・戦争体験を語るには、私は幼すぎました。
祖父から、戦争体験を聞かせてもらいたかったと
少し残念に思っています。

厚木市議会議員である渡辺貞雄市議の御尊父は、私の祖父と戦争を戦った兵隊でした。
渡辺市議の御尊父の下で、私の祖父が、戦争を戦ったとのことです。(私の祖父は、小鮎地区古沢で生まれ育ち、トラック島で終戦を迎えその後、日本へ帰国した帰還兵でありました。日本軍も見放したほど激しい戦闘が繰り返された地で、戦争を戦いました。)

先の大戦が終わりを告げ73年の歳月が流れ、戦争体験の風化が危惧されています。また、世界に目を転じればテロや紛争が後を絶ちません。先の大戦で亡くなられた英霊に鎮魂の意を表しますと共に、日本を平和な国として保ち、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、共存できるよう努力して参ります。

予算要望ヒアリングの取りまとめ作業/18万部発行のニュースレター「ケンオウニュース(月刊さとう 号外)」校正/Hand stamp art project -ハンドスタンプアートプロジェクト。病気や障がいを抱えるお子さんの手形や足形を集めて世界一の大きな絵を描くプロジェクトです

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(8歳)の学童クラブ見送り、長女(5歳)を保育園に送り届けてから、公務に就きました。

お盆休みの真っ最中。年3回、各回18万部発行のニュースレター「ケンオウニュース(月刊さとう 号外)」の校正を進めています。
印刷関係の会社も明日まではお盆休みとのことですが、休み前に上がってきた「ケンオウニュース 2018年9月号」第一稿ですが、修正箇所も20箇所超、明後日には、再度の修正が入り、完成に近づきます。今月末から来月上旬にかけて、配布する予定です。乞うご期待。

また、過日行った予算要望ヒアリングの取りまとめ作業を精力的に行っています。私は、厚生常任委員会所属ですので、福祉施策(障害者・高齢者)、社会保障、人権及び男女共同参画、次世代育成、私学(私立幼稚園を含む)、保健医療、生活衛生、そのほか福祉子どもみらい局や健康医療局の仕事について所管し、責任をもって、取りまとめ作業をしています。
8つある常任委員会の中でも、非常に幅広い分野を所管しておりますが、次世代育成、私学(私立幼稚園を含む)が県民局から、所管が移ったことで、さらに所管が増えました。
また、厚木市を含む5自治体のヒアリングとりまとめ作業(こちらは第一次)も、並行して行っています。

【写真】: 県庁新庁舎一階ロビー/Hand stamp art project -ハンドスタンプアートプロジェクト。病気や障がいを抱えるお子さんの手形や足形を集めて世界一の大きな絵を描くプロジェクトです。

本日は、地元デー

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(8歳)の学童クラブ見送り、長女(5歳)を保育園に送り届けてから、公務に就きました。
我が家はフルタイムの共働きです。妻は、外資系金融に務めているため、基本、お盆休みや正月休み(基本、大晦日・三が日のみ休み)も関係ありません。とはいえ、お盆休みは、少し早めに帰宅します。

/本日は、地元デー。年3回、各回18万部発行のニュースレター「ケンオウニュース(月刊さとう 号外)」原稿作成、地元廻りなどを精力的に行っています。

明日のお盆の入りを前に墓参り/コメダ珈琲で朝食(モーニングセット)/座間ひまわりまつり

本日は、明日のお盆の入りを前に、私の両親、実弟家族と共に(恒例の家族そろっての)墓参りを行いました。私の祖父母や叔母などが眠る妻田の青松寺(臨済宗建長寺派)に朝早くから行って参りました。長男8歳、長女5歳もおじいちゃん、おばあちゃんや従兄と共にとても楽しそうでした。

/墓参後は、妻と子供たちと共に青松寺近くの コメダ珈琲で朝食(モーニングセット)を取りました。墓参のあとのコメダ珈琲でのモーニングセットは、恒例となりつつあります。

/昨年に引き続き、朝食をとった後は、そのまま、座間ひまわりまつりに家族で出かけて参りました。これは、1993年(平成5年)から遊休農地の荒廃化対策として始められたものです。
栗原会場では10万本、座間会場では45万本の「ひまわり」を楽しむことができます。座間会場のヒマワリは、最盛期で、素晴らしく綺麗に咲き誇っておりました。また、昨年同様、会場では、座間市の職員さん他、多くの方にお声かけも頂きました。

/座間ひまわりまつり期間中は、相模川グラウンドが臨時駐車場となります。私たちもお昼前から、並び、駐車場に至りました。
昨年は、帰りの際、駐車場への列(車の渋滞)は、座架依橋(県道藤沢座間厚木線)を通り、厚木の関口・国道129号線まで続いていました。非常に人気のあるイベントであるがゆえのことでありますが、私たちも課題として捉えております。今年は、帰りの時間帯も早かったので、渋滞は、それほどありませんでした。

【写真】: お盆の入りを前に墓参り/コメダ珈琲で朝食(モーニングセット)/座間ひまわりまつり