カテゴリーアーカイブ: インフォメーション

米国による臨界前核実験に対する対応について

米国による臨界前核実験に対する対応について、県国際文化観光局国際課長より、以下のように連絡がありました。

本日、今年2月に米国で実施された臨界前核実験に対して、知事、市長会会長、町村会会長の連名により、別紙のとおり米国政府に対して抗議し、今後一切の核実験を行わないよう、要請しましたのでお知らせします。

===
アメリカ合衆国大統領
ドナルド・ジョン・トランプ 閣下

核兵器を廃絶し、恒久平和を実現することは、世界で唯一の被爆国である
日本国民共通の悲願であり、神奈川県民910万人の心からの願いであります。
このたび、今年2月に臨界前核実験が行われていたことが明らかになりました。
核兵器保有や新たな核兵器開発へつながる核実験を実施することは、核兵器
廃絶を願う世界の人々の期待を裏切るものであり、国際社会における核軍縮・
不拡散への取り組みに逆行するものです。
また、私たちがこれまで抗議してきたにもかかわらず、核実験実施の事実に
ついて、時が経過した後の報道によって明らかとなることが繰り返されている
ことに強い憤りを覚えるものであります。
ここに、神奈川県と県内の全市町村は、世界の核軍縮と恒久平和の実現へ
向けて、いかなる国のいかなる形の核実験にも反対し、貴国がその責任を
痛感し、今後一切の核実験を行わないよう、強く要請いたします。

2019年5月28日
日本国神奈川県知事 黒岩 祐治
神奈川県市長会会長 小林 常良
神奈川県町村会会長 冨田 幸宏
===

本日の早朝街頭演説の内容「厚木市内の危険個所をお知らせ下さい/大津園児死亡事故、衝突車両に大きな速度超過なく 縁石やガードレールない所で列に突っ込む

本日の朝の街頭演説では、園児の列に車で突っ込んだ事故を受けて、市内の危険個所にお気づきの場合は、市や県の行政機関、もしくは、私までお伝え頂きたいとお話をさせて頂きました。
「厚木市内の保育所・園関係者、保護者の方で、散歩コース等にガードレールをつけてほしい」との要望事項についても触れ、どの機関に伝えればよいかわからない時は、私 佐藤知一まで、お知らせ頂ければ、対象が市でも、国でも(厚木市以外でも県内なら)県議会議員として、しっかりと対応をさせて頂きます。

危険個所の対応は、事案によって、出来るものとできないものがあります。
(以下は、主な演説内容)

(解決可能事案)

例えば、昨年の事例では、市内元町交差点の給油所が閉まり、民間に転売された際に一部が砂利道となり、特に雨の日の自転車やお年寄りの歩行に支障をきたすとのことでした。地元自治会長と公民館長と共に厚木土木事務所長を訪ね要望したところ、所有者の了解を得て、数日後には「アスファルト舗装として危険のない様にする」との回答を頂きました。約束通り、あつぎ鮎まつりの前までに整備をして頂きました。
また、船喜多神社には、水道が引けていないので、防災時に避難する方も想定できることから「せめて水道くらいは」という要望についても、これまでは「不明所有者が複数存在することからできない(水道は引けない)」とのかいとうであったものの、近年の防災意識の高まりから、地域自治会(と厚木市)の要望があれば、水道を引くことはできるとして、実際に整備をして頂きました。

このように課題解決をスムーズにできるものがある一方で、解決困難な事案も多くあります。

(未解決事案)

例えば、「ぼうさいの丘公園の入り口正面に信号機と横断歩道を整備してほしい」との地元要望です。
ぼうさいの丘公園には、遊具もあり、通りを挟んだエリアに保育園もあります。反対側からは、左右どちらかの坂道を下って、下にある横断歩道を渡って、再度、坂道を上る必要があります。
本来なら、入口正面に信号機と横断歩道が整備できれば、一番、親切なつくりとなりますが、坂道を上る車からすると頂上から下った個所に横断歩道があると気付くのが遅れるため、歩行者にとってはかえって危険となります。
そのため、「ぼうさいの丘公園の入り口正面に信号機と横断歩道を整備は、設置が厳しい」となりました。

このようにご要望を頂いても、対応できない事案もありますが、多くは、行政が把握しきれていない案件であります。
繁華街や住宅密集地での重大事故を未然に防止するためにも措置を講ずる必要があります。今回の痛ましい暴走事故を受けて、改めて、市民の皆様のご意見をお聞かせ頂きたいと強く思いました。

京都新聞 2019年5月9日11時15分配信(Yahoo News)

3期目の当選をしました。

さとう知一 耳で聞く公約集(YouTube)

さとう知一 耳で聞く公約集(YouTube)

「犬猫殺処分ゼロ」維持へ寄付制度のお知らせ

神奈川県では「犬猫の殺処分ゼロ」を維持するため、県立動物保護センターを「生かすための施設」として再整備する「動物保護センター建設基金」への寄付を募っておりました。こちらは、本日 3月31日をもって寄付の受付が終了致します。
さとう知一も、セゾンカードのポイント利用による寄付制度や海外からの寄付制度を発案・実現化し、県議として尽力してまいりました。大くの方々からのご厚意により、1600万円を超える寄付(セゾンからの寄付額 3月15日現在 1620万円超)が集まり、新たな動物保護センター建設に活用されます。
また、動物保護センターでは、「神奈川ペットのいのち基金」への寄付を引きつづいて、呼びかけております。
この基金は、県が保護した犬や猫などの譲渡に向けた取組みに活用されます。具体的には保護した犬や猫の病気やケガの治療、そして、しつけや譲渡の為の人に慣れさせるための訓練などに使われます。是非、あたたかいご支援をお願い致します。
#殺処分ゼロ #動物保護 #犬 #猫 #犬猫 #イヌ #ネコ #神奈川 #神奈川県 #厚木 #厚木市
「神奈川ペットのいのち基金」

明日は出陣式/議会活動報告は本日で通算2411日目

本日も本厚木駅北口から、一日街宣活動。精力的に市内を廻っています。雪がちらついてきた(というより、かなり降りました。積もらなかったけど)午後は、2時から6時半まで、本厚木駅東口にて、街宣活動を学生を含めた沢山のボランティアと共に行わせて頂きました。
多くの皆様のご協力を頂き活動をしています。基本、平日毎日行ってきた議会活動報告は本日で通算2411日目(延べ日数ではなく実数)となります。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。

いよいよ明日から、厚木市長選挙がはじまります。しっかりと勝ち抜きます。

明日の出陣式・第一声は、午後2時半からです。

期日: 2月10日(日曜日)
時間: 午後2時30分〜
会場: さとう知一事務所
厚木市中町2-12-3- 2階

(玄品ふぐ 本厚木さんの2階 ヘアサロン、ラッキーさんの隣のビル)
レンブラントホテル一番街沿い
オーケー7ストア 一番街沿い
アミュー 近い

FAX: 046-221-5544
携帯: 070-6407-3910
☆尚、専用駐車場は 有りません。オーケーストア駐車場、又は コインパーキング等を御利用の上、事務所迄 お越し下さいませ。

1月27日日曜日 午前11時 事務所開き

1月27日 事務所開き

Facebook上、私の投稿への「いいね!」44万件。ありがとうございます。

44万件の投稿への「いいね!」、ありがとうございます

県議会本会議一般質問においての私の提案が、カタチとなりました。/県庁前の日本大通りが毎週日曜日「歩行者天国」に -様々なイベントなどを通じて日本大通りの更なる魅力向上を進めます-

平成30年6月25日 県議会本会議一般質問においての私の提案が、カタチとなりました。

この10月7日(日曜日)から、毎週日曜日の午前9時~午後5時は、県庁前の日本大通りが歩行者天国となることが、昨日、記者発表されました。 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/yi4/prs/r2139686.html
神奈川県庁前の日本大通りが歩行者天国となったことで、神奈川県としても、多くの県民が楽しめる様々なイベントを行うとのことです。

これは、私の一般質問答弁を受けたブランド構築の第一歩です。

~~~~
知事答弁要旨記録(国際文化観光局文化課)
平成30年6月25日(月) さとう 知一 議員(会派 かながわ国民民主党・無所属クラブ)

本会議 一般質問(質問要旨)
3 グローバル人材の育成とマグカルの取組について
(1) 日本大通りを中心としたブロードウェイの街づくりと県庁周辺施設においてのマグルの取組について知事は、いわゆるブロードウェイ構想を打ち出している。
本県のインバウンド・アウトバウンド観光施策の推進にあたっては、さらに科学的かつ、戦略的に実施することが重要であると考える。目覚ましい成功を収めつつある横浜DeNAベイスターズの「コミュニティボールパーク化構想」の対象エリアは、県民ホールと神奈川芸術劇場を一体的に活用したマグカル推進のエリアと重複するものである。2020年の東京五輪に向けて、県庁周辺の地域のにぎわいをつくり出すことが大事である。
そこで、「コミュニティボールパーク化構想」のように官民連携して、この地域全体の知名度向上を見据えた具体的なマグカルの取組を行うべきと考えるが、所見を伺いたい。また、ブランド構築の視点から、エリアとしての「日本大通り」をもっと活用するべきであると考えるが、併せて所見を伺いたい。

============
(知事答弁)グローバル人材の育成とマグカルの取組についてお尋ねがありました。日本大通りを中心としたブロードウェイの街づくりと県庁周辺施設においてのマグカルの取組についてです。県庁周辺に位置する県民ホール及び神奈川芸術劇場KAATは、指定管理者である公益財団法人神奈川芸術文化財団が、施設を一体的に管理し、2館連携して良質な文化芸術の発信に取り組んでいます。県民ホールは、舞台設備等の大規模改修を行い、この6月にリニューアルオープンしました。
より魅力的な公演を実施できるようになり、世界屈指といわれるローマ歌劇場の協力を得て、オペラ「アイーダ」を新たに制作し、10月に公開する予定となっています。また、KAATにおいては、昨年から「劇団四季」の上演が実現し、「オペラ座の怪人」は、14万人もの観客を動員しました。今年も引き続き、多くの方々がこの地域を訪れるものと期待しています。
さらに、創造型の劇場というコンセプトのもと、一般向けのネット予約が初日に完了した「バリーターク」をはじめ、好評により昨年再演された「ミュージカル ヘッズ・アップ!」、さらに、ミュージカル「マハゴニー市の興亡」など、KAAT生まれの作品を次々と上演しています。一方、日本大通りでは、駐日ベトナム大使館との共催による「ベトナムフェスタ in神奈川」や、民間事業者との共催による「全国高等学校日本大通りストリートダンスバトル」などを開催し、毎年、数多くの方々を集めています。
今後、日本大通りにおいて、民間事業者等とも連携しながら、土日などにより多くの文化イベント等を開催し、「日本大通り周辺では、いつも何かしらの文化イベント等を実施している」というイメージを地域ブランドとして育て上げ、地域全体の知名度向上を図ってまいります。私からの答弁は以上です。

============
(要望)知事、ご答弁ありがとうございました。
意見を申し上げます。日本大通りを中心としたブロードウェイの街づくりと県庁周辺施設においてのマグカルの取組についてでありますが、今非常に素晴らしい答弁をいただいたと私は認識しておりますけれども、私も知事も最後の任期1年間であります。この1年間が勝負であると思っており、このマグカルの取組み、ブロードウェイの街づくりというのは、恐らく黒岩知事の街づくりの原点ではないのかなと思っているところでありますし、私としても、これまで2期に渡って議員として務めさせていただく中で、厳しいことを非常に指摘してまいりましたけれども、なかなか結果が見えてこないもどかしさといったものも感じているところでありました。 本県のインバウンド観光施策でもあるマグカルは、観光目的地としてのブランド構築をスキップして、いきなりプロモーションから着手されている印象がある、と先ほども述べさせていただきましたが、インターネットに頼ってしまったり、プローモションばかりをこなしていてもなかなか定着してこないかなというのが実感であります。イタリアやフランスの観光都市のような地域は、ディスティネーション、つまり観光目的地としてのブランドが構築され、そのイメージが届いている状況があれば、こちらのほうからどれほど魅力的な旅行先なのか説明する働き掛けをしなくとも、旅行者の側が、行き先の候補にあげます。 こういったイタリアやフランスと比べてもどうしようもないよという意見もあるかもしれませんが、こういった世界的観光都市ではなくとも、昨年3月、県政調査にお伺いした、香川県の直島のように小さな自治体であっても、民間企業と共におよそ10年間ぐらいをかけてブランドイメージを構築した結果、国内はもちろん、むしろ国内よりも世界で有名な観光地となっている事例も日本にはあります。 私も実はお伺いするまであまりよく知らなかったのですけれども、その後調べていくと、世界の方々、特に外国人の方にお話をすると、直島のことをよく知っている。比較的お金を持たれている外国人、時間とお金にゆとりのある方々は、直島には一度行ってみたいというイメージが届いていることに驚きました。 観光政策を実のあるものとするためには、科学的かつ、戦略的に実施することが必要です。観光政策、マグカルの取組についても、投資に対するリターンを明確にした上で、先進自治体や民間の取組について、科学的調査を実施すること、具体的には、より洗練された都市イメージの形成、多様な提供価値のショーケースにする、といったことが強く求められていると思います。

気象注警報(2018/09/04 13:51発表): 厚木市 大雨注意 報雷注意報 強風注意報

気象注警報(2018/09/04 13:51発表): 厚木市 大雨注意 報雷注意報 強風注意報

台風が接近しています。神奈川県を含む首都圏では、直撃を免れていますが、強風に注意して下さい。
適切で速やかな避難行動をとるためには、事前の災害リスクの把握や災害時の迅速な情報入手が大切です。万が一の場合に備え、自宅や学校、勤務先などの付近にある、水害や土砂災害が起こりやすい場所や避難場所を確認しておきましょう。