カテゴリーアーカイブ: インフォメーション

県議会本会議一般質問においての私の提案が、カタチとなりました。/県庁前の日本大通りが毎週日曜日「歩行者天国」に -様々なイベントなどを通じて日本大通りの更なる魅力向上を進めます-

平成30年6月25日 県議会本会議一般質問においての私の提案が、カタチとなりました。

この10月7日(日曜日)から、毎週日曜日の午前9時~午後5時は、県庁前の日本大通りが歩行者天国となることが、昨日、記者発表されました。 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/yi4/prs/r2139686.html
神奈川県庁前の日本大通りが歩行者天国となったことで、神奈川県としても、多くの県民が楽しめる様々なイベントを行うとのことです。

これは、私の一般質問答弁を受けたブランド構築の第一歩です。

~~~~
知事答弁要旨記録(国際文化観光局文化課)
平成30年6月25日(月) さとう 知一 議員(会派 かながわ国民民主党・無所属クラブ)

本会議 一般質問(質問要旨)
3 グローバル人材の育成とマグカルの取組について
(1) 日本大通りを中心としたブロードウェイの街づくりと県庁周辺施設においてのマグルの取組について知事は、いわゆるブロードウェイ構想を打ち出している。
本県のインバウンド・アウトバウンド観光施策の推進にあたっては、さらに科学的かつ、戦略的に実施することが重要であると考える。目覚ましい成功を収めつつある横浜DeNAベイスターズの「コミュニティボールパーク化構想」の対象エリアは、県民ホールと神奈川芸術劇場を一体的に活用したマグカル推進のエリアと重複するものである。2020年の東京五輪に向けて、県庁周辺の地域のにぎわいをつくり出すことが大事である。
そこで、「コミュニティボールパーク化構想」のように官民連携して、この地域全体の知名度向上を見据えた具体的なマグカルの取組を行うべきと考えるが、所見を伺いたい。また、ブランド構築の視点から、エリアとしての「日本大通り」をもっと活用するべきであると考えるが、併せて所見を伺いたい。

============
(知事答弁)グローバル人材の育成とマグカルの取組についてお尋ねがありました。日本大通りを中心としたブロードウェイの街づくりと県庁周辺施設においてのマグカルの取組についてです。県庁周辺に位置する県民ホール及び神奈川芸術劇場KAATは、指定管理者である公益財団法人神奈川芸術文化財団が、施設を一体的に管理し、2館連携して良質な文化芸術の発信に取り組んでいます。県民ホールは、舞台設備等の大規模改修を行い、この6月にリニューアルオープンしました。
より魅力的な公演を実施できるようになり、世界屈指といわれるローマ歌劇場の協力を得て、オペラ「アイーダ」を新たに制作し、10月に公開する予定となっています。また、KAATにおいては、昨年から「劇団四季」の上演が実現し、「オペラ座の怪人」は、14万人もの観客を動員しました。今年も引き続き、多くの方々がこの地域を訪れるものと期待しています。
さらに、創造型の劇場というコンセプトのもと、一般向けのネット予約が初日に完了した「バリーターク」をはじめ、好評により昨年再演された「ミュージカル ヘッズ・アップ!」、さらに、ミュージカル「マハゴニー市の興亡」など、KAAT生まれの作品を次々と上演しています。一方、日本大通りでは、駐日ベトナム大使館との共催による「ベトナムフェスタ in神奈川」や、民間事業者との共催による「全国高等学校日本大通りストリートダンスバトル」などを開催し、毎年、数多くの方々を集めています。
今後、日本大通りにおいて、民間事業者等とも連携しながら、土日などにより多くの文化イベント等を開催し、「日本大通り周辺では、いつも何かしらの文化イベント等を実施している」というイメージを地域ブランドとして育て上げ、地域全体の知名度向上を図ってまいります。私からの答弁は以上です。

============
(要望)知事、ご答弁ありがとうございました。
意見を申し上げます。日本大通りを中心としたブロードウェイの街づくりと県庁周辺施設においてのマグカルの取組についてでありますが、今非常に素晴らしい答弁をいただいたと私は認識しておりますけれども、私も知事も最後の任期1年間であります。この1年間が勝負であると思っており、このマグカルの取組み、ブロードウェイの街づくりというのは、恐らく黒岩知事の街づくりの原点ではないのかなと思っているところでありますし、私としても、これまで2期に渡って議員として務めさせていただく中で、厳しいことを非常に指摘してまいりましたけれども、なかなか結果が見えてこないもどかしさといったものも感じているところでありました。 本県のインバウンド観光施策でもあるマグカルは、観光目的地としてのブランド構築をスキップして、いきなりプロモーションから着手されている印象がある、と先ほども述べさせていただきましたが、インターネットに頼ってしまったり、プローモションばかりをこなしていてもなかなか定着してこないかなというのが実感であります。イタリアやフランスの観光都市のような地域は、ディスティネーション、つまり観光目的地としてのブランドが構築され、そのイメージが届いている状況があれば、こちらのほうからどれほど魅力的な旅行先なのか説明する働き掛けをしなくとも、旅行者の側が、行き先の候補にあげます。 こういったイタリアやフランスと比べてもどうしようもないよという意見もあるかもしれませんが、こういった世界的観光都市ではなくとも、昨年3月、県政調査にお伺いした、香川県の直島のように小さな自治体であっても、民間企業と共におよそ10年間ぐらいをかけてブランドイメージを構築した結果、国内はもちろん、むしろ国内よりも世界で有名な観光地となっている事例も日本にはあります。 私も実はお伺いするまであまりよく知らなかったのですけれども、その後調べていくと、世界の方々、特に外国人の方にお話をすると、直島のことをよく知っている。比較的お金を持たれている外国人、時間とお金にゆとりのある方々は、直島には一度行ってみたいというイメージが届いていることに驚きました。 観光政策を実のあるものとするためには、科学的かつ、戦略的に実施することが必要です。観光政策、マグカルの取組についても、投資に対するリターンを明確にした上で、先進自治体や民間の取組について、科学的調査を実施すること、具体的には、より洗練された都市イメージの形成、多様な提供価値のショーケースにする、といったことが強く求められていると思います。

気象注警報(2018/09/04 13:51発表): 厚木市 大雨注意 報雷注意報 強風注意報

気象注警報(2018/09/04 13:51発表): 厚木市 大雨注意 報雷注意報 強風注意報

台風が接近しています。神奈川県を含む首都圏では、直撃を免れていますが、強風に注意して下さい。
適切で速やかな避難行動をとるためには、事前の災害リスクの把握や災害時の迅速な情報入手が大切です。万が一の場合に備え、自宅や学校、勤務先などの付近にある、水害や土砂災害が起こりやすい場所や避難場所を確認しておきましょう。

亡母 榮子は、去る8月20日に 他界致しました。享年75歳。生前の御厚誼に改めて心より厚く御礼申し上げます。

亡母 榮子は、去る8月20日に 他界致しました。享年75歳でした。生前の御厚誼に改めて心より厚く御礼申し上げます。
通夜・葬儀ならびに告別式につきましても、8月24日・25日に執り行われ、無事、荼毘に付すことができましたことを報告させていただきます。

今はまだ、気持ちの整理ができていません。親兄弟と話し合い、今回は、家族葬に準ずる形で、近親者のみにて、葬儀を執り行うことと致しました。
藤沢から厚木に嫁いで50年が経つ母でありますので、生前お世話になっていた方も大変多くいます。この形式が、本当に良かったのかは、判りませんが、母には、私の仕事を含め、公私のない生活の中で、大変苦労をかけました。せめて、最後だけは、近しいもので見送りたいとの想いで、最後のわがままとさせて頂きました。
御理解いただきたいと思います。

以下は、親族を代表しての私のあいさつ文(概略)です。
~~~~
長男の知一でございます。
喪主である父に成り代わりまして、一言、ご挨拶を申し上げます。
本日は、御多忙中にもかかわらず、故・佐藤榮子の通夜式に、ご弔問いただきまして誠にありがとうございます。
母は、生前、ミシンを使って、自分の洋服を縫い上げたり、着物の着付けであるとか、うたを歌うことが、好きでありました。しかしながら、日常的には、これといった趣味もなく、ただ黙々と働いているといった人生でありました。
もっと好きな事をさせてやっていたらと、今更ながら後悔をしています。

思えば、長男としての私は、母には、苦労を掛け通しでありました。高校を卒業してすぐ、18歳で単身、海外へ渡り、その後、調理師とはなるものの、しっかりと家業を継ぐ決意もないまま、中途半端に働いていました。
その後、29歳の若さで市議会議員選挙に立候補したものの、落選し、30歳にして仕事を辞し、大学に進学するなど、母には、本当に苦労を掛けました。
それでも、どんな時も、母は、無条件に私の活動を精一杯、応援してくれました。
私が33歳で、市議会議員に初当選し、その後、35歳で妻と結婚をしたころから、母は、精神的にも、肉体的にも、体調を崩し始めました。私には、不相応なくらいの妻とであい、出来の悪い長男である私が、やっと自立するめども立ち、家を出て、手を離れたと安心したことで、それまで、無理に無理を重ねてきた身体が、悲鳴を上げたのだと思っています。
母と父がつくりあげた店は、弟が継承し、弟の子供たちも、もうすぐ社会にでるという矢先でもありました。
母が、体調を崩し、12年近くが経ちますが、その間、私たち夫婦は、2人の子供たちに恵まれました。
これからは、弟の子ども達を含め、母の孫たち4人の成長を見守ってもらいたいと強く、願っていました。

ここ数年は、母の体調も悪化し、心肺機能もさらに低下し、酸素ボンベを24時間、つける生活となりました。外出も可能でしたが、酸素ボンベを引きずっての外出となり、一泊二日の旅行ですら億劫になりました。
近頃では、近所への買い物、炊事・洗濯も含め、自宅での家事一切も、仕事から帰ってきた父親が、代わりに行うという生活でありました。今月行われた厚木市最大のお祭り、あつぎ鮎まつりの時には、私のオープニングテープカットとパレードを見るために、酷暑と言われるような非常に強い日差しの中、マンションの一階まで、降りてきて、私の姿を見に来てくれましたが、それ以外は、外出する気力も目に見えて、少なくなっていました。
そうした中、日常見える環境を少しでも変えてもらおうと、父と一泊二日の温泉旅行を計画していました。
業者さんに頼んで、酸素ボンベを事前に宿泊先の旅館に届けて頂く調整をしながら、計画をしたものです。

そんな矢先、母は、旅立ちました。今はまだ、気持ちの整理ができていません。親兄弟と話し合い、今回は、家族葬に準ずる形で、近親者のみにて、葬儀を執り行うことと致しました。
母が生前お世話になっていた方も多くいる中、この形式が、本当に良かったのかは、判りませんが、母には、私の仕事を含め、公私のない生活の中で、大変苦労をかけました。
せめて、最後だけは、近しいもので見送りたいとの想いで、最後のわがままとさせて頂きました。

最後になりましたが、皆様方にこれからも、故人、生前と変わりないご厚情を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
簡単でございますが、これをもちましてお礼の挨拶にかえさせて頂きます。
~~~~

20180820

 

スマートフォンに(ようやく)乗り換えました。

先週末から、スマートフォンに(ようやく)乗換えましたが、操作不如意なため、各方面の皆様にご迷惑をおかけしております。留守電の確認の仕方も、よく調べておきます。

ブログを初期のころから使っていたり、大学時代にプログラミングも少々かじっていたりすることから、IT危機に詳しいと思われがちですが、私は特別詳しいわけではありません。ご迷惑をおかけします。

本日、通夜式に参列させて頂きました。

厚木市在住の漫画家 多田拓郎先生がお亡くなりになりました。
本日、通夜式に参列させて頂きました。

突然の悲報に接し、誠に痛惜の念でいっぱいです。
享年69歳。
ご家族皆様のご心痛をお察し申しあげますとともに、在りし日を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

「飼い犬に対するマイクロチップ装着費用補助事業の開始」と株式会社APCマネジメントの協力による「『かながわペットのいのち基金』キャンペーン実施」について

昨日、市川喜久江 神奈川県健康医療局長から、「飼い犬に対するマイクロチップ装着費用補助事業の開始」と株式会社APCマネジメントの協力による「『かながわペットのいのち基金』キャンペーン実施」について、報告がありました。

平成30年4月1日から「かながわペットのいのち基金」を新たに創設しました。県にはやむを得ない事情から保護される犬や猫がいますが、その中には、ケガをしている、病気にかかっている、人に馴れていないなどの理由で、そのままの状態では譲渡につなげていくことが難しい犬や猫もいます。

新しい動物保護センターが動物を処分するための施設から、動物を生かすための施設へと生まれ変わることを機に、こうした犬や猫たちが、新しい飼い主さんと出会い幸せに暮らすことができるように、皆様と一緒になっていのちを守り、1頭でも多く新しい飼い主への譲渡につなげる取組みを進めていきます。ご支援をよろしくお願いいたします。

※県では、横浜市・川崎市・横須賀市を除く県内地域の犬や猫などの保護を行っています。「かながわペットのいのち基金」は県が保護した犬や猫などの譲渡に向けた取組みに活用されます。

【資料】: 「飼い犬に対するマイクロチップ装着費用補助事業の開始」と株式会社APCマネジメントの協力による「『かながわペットのいのち基金』キャンペーン実施」について

メモ:地方の大規模都市に施設や病院を集中、法整備へ(読売新聞2018年07月04日09時10分)

メモ: 私はこれまで、福祉政策 や環境・教育等、ソフトな 行政分野を重視した施策を提案して参りました。「執行あって経営なし」 という地方行政の時代は 終わり、県・市においても 「自己決定と自己責任」 の時代となります。発想が豊かで柔らかい、 タフな人材こそが、必要となる時代となります。

公共施設整備の在り方については、先月25日の一般質問でも取り上げました。公共施設の共有化もこれからは必要となります。

~~~~~
地方の大規模都市に施設や病院を集中、法整備へ(読売新聞2018年07月04日09時10分
政府は、公共施設や病院、商業施設などを地方の大規模都市に集中させ、複数の自治体で構成する「圏域」単位のまちづくりを促進するための法整備を行う方針を固めた。人口減少が進んでも、地方の都市機能を維持することが目的だ。実質的に小規模自治体の役割を制約する面がある。
政府は、早ければ2019年の通常国会に特例法など関連法案を提出する。少子高齢化を見据え、自主的な自治体の合併を支援してきた現行の合併特例法は20年3月に期限切れとなる。政府は自治体の基盤強化策を、合併から圏域での連携へと明確に切り替える。
まちづくりや産業振興は現在、自治体ごとに行っているが、同じような施設が整備されるなど無駄も多い。将来は人口減で、税収や利用者が減るため、自治体単位では施設の維持・管理や新たな整備が困難になると予想されている。
~~~~~

【写真】: 平成30年7月4日 読売新聞(一面)

ネット サポートチームが、過日の第20回 星槎国際高等学校 入学式挨拶をアップしてくれました。

私のネット サポートチームが、過日の第20回 星槎国際高等学校 入学式挨拶をアップしてくれました。
https://www.youtube.com/watch?v=kDoRgVFTmT8
(写真は、昨年の挨拶時のもの)

~~~~~~~~~
学校法人国際学園 星槎国際高等学校の関東地区 第20回入学式、及び入学祝賀会にお招きを頂きました。本日の入学者数(関東地区)は、725名です。入学式は「県立青少年センター大ホール」で挙行されました。
学校法人国際学園 星槎国際高等学校の関係者様には、卒業式・入学式など、節目の際には、毎年必ずお声掛け頂き心より感謝します。
当日も理事長をはじめ、関係者の皆様とじっくりとお話をすることができました。
日本国内のみならず、世界に視野を広げ、展開されている星槎グループも今や「幼稚園・中学校・高等学校・専門学校・大学・大学院・NPO・保育園(社会福祉法人)・学習塾・英語塾・芸術団体(劇団)」等々、現在は2万人を超える一大グループに成長しています。厚木市には、厚木学習センターが厚木市役所の隣にあり、厚木市下古沢には、星槎グループの多目的グラウンド「厚木総合グラウンド」も所有されています。入学生の皆様は、スポーツに 勉強に大いに励み、充実した学校生活を過ごされますよう、お祈りしています。何事にもチャレンジ精神で取り組んでください。

ラグビーワールドカップ 2019 組織委員会から 公認チームキャンプ地の内定について発表がありました

本日午前中、スポーツ局ラグビーワールドカップ・大規模イベント担当課長を通じて、平田良徳 神奈川県スポーツ局長より、報告がありました。

発表内容としては、横浜市と海老名市が、それぞれ、公認チームキャンプ地として内定し、神奈川県・藤沢市(共同応募)と厚木市が、内定に至りませんでした。

私としても、藤沢市と共同で応募していた本県、及び、厚木市が、公認キャンプ地として内定に至らなかったことを非常に残念に思います。内定自治体はもとより県民全体でラグビーワールドカップ 2019 の成功に向けて、頑張って参ります。

=====
本日(4月20 日)13 時より、ラグビーワールドカップ 2019 組織委員会から 公認チームキャンプ地の内定について発表がありますので、内容について取り 急ぎお知らせします。
なお、上記発表時間までは、本内容の取り扱いについてご注意願います。

【県内内定状況】
○ 公認チームキャンプ地として内定した自治体
・横浜市(アイルランド、スコットランド)
・海老名市(ルーマニア)

○ 公認チームキャンプ地内定に至らなかった自治体
・神奈川県・藤沢市(共同応募)
・厚木市
=====

平成30年3月21日 新聞記事(神奈川新聞) / 新東名・伊勢原JCTー伊勢原北IC間 開通遅れ19年度に

県議会にも大きくかかわる記事です。
記事詳細は、新聞をご覧下さい。

平成30年3月21日 新聞記事 (神奈川新聞)
新東名・伊勢原JCTー伊勢原北IC間 開通遅れ19年度に