Category Archives: インフォメーション

「稼ぐ公共」要望が実現しました/「公益財団法人 宮ヶ瀬ダム周辺振興財団」は、平成29年11月28日付けで、観光庁から、観光地域づくりの舵取り役である「日本版DMO法人」として登録されました

「公益財団法人 宮ヶ瀬ダム周辺振興財団」は、平成29年11月28日付けで、観光庁から、観光地域づくりの舵取り役である「日本版DMO法人」として登録されました。今回、観光庁が「日本版DMO法人」の第1弾登録として行ったもので、全国で41法人、神奈川県内では3法人が登録されました。

これは、宮ヶ瀬周辺施設の指定管理者には、宮ヶ瀬地域の歴史的な経緯に対する深い理解が求められ、また、住民の方々の気持ちに寄り添った地域の振興策の展開が求められている一方で、宮ヶ瀬湖周辺地域の来訪者数は平成17年度に120万人、平成25年度で84万人と大幅に減少していることを受けて、私自身、以下の様に繰り返し神奈川県議会で取り上げて参りました。

平成28年第3回定例会 2016年12月9日 総務政策常任委員会
平成26年第2回定例会 2014年6月27日総務政策常任委員会
平成26年第2回定例会 2014年7月3日総務政策常任委員会(意見発表)
平成26年第3回定例会 2014年9月30日総務政策常任委員会
平成25年第3回定例会 2013年10月2日環境農政常任委員会
平成24年第3回定例会 2012年10月4日地方分権・行財政改革特別委員会
平成23年第3回定例会 2011年12月9日県民企業常任委員会

(公財)宮ヶ瀬ダム周辺振興財団がDMOとなり、新たな観光地づくりを図る取り組みについても、いち早く、議会で取り上げました。
地域の稼ぐ力を引き出すとともに、地域への誇りと愛着を醸成する観光地経営の視点に立った観光地づくりのかじ取り役として、多様な関係者と協働しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地づくりを普及するための戦略を策定することを求めました。戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人となるよう強く要望して参りましたが、登録してからが、本当の意味でのスタートであります。

厚木市七沢・飯山を含めたエリアも含め、「地域の稼ぐ力」を120%引きだし、成果を出すことができるように議会としてもしっかりと取り組んで参ります。

~~~~~
申請区分: 地域連携DMO
日本版DMOの名称: (公財)宮ヶ瀬ダム周辺振興財団
マーケティング・マネジメント対象とする区域(自治体単位): 【神奈川県】厚木市、愛川町、清川村、相模原市

登録の概要
(1)法人名 公益財団法人宮ヶ瀬ダム周辺振興財団(神奈川県愛甲郡清川村宮ヶ瀬940-4)
(2)代表者 理事長 和田 久
(3)設立  平成4年10月1日
(4)従事者数 122名
(5)区分 地域連携DMO(複数の市町村に跨がる区域を対象)
(6)マーケティング・マネジメント対象とする区域
相模原市の一部(緑区根小屋、長竹、青山、鳥屋)、厚木市の一部(飯山、七沢)、
愛甲郡愛川町及び清川村の全域
(7)コンセプト「都市から一番近いオアシス 水源地宮ヶ瀬」
(8)登録までの経過
平成29年 3月28日 財団が観光庁に日本版DMO候補法人登録申請
平成29年 5月12日 観光庁が当財団を日本版DMO候補法人として登録
平成29年10月26日 財団が観光庁に日本版DMO登録申請
平成29年11月28日 観光庁が当財団を日本版DMO法人として登録

(9)財団の取組概要
PDF: 「都市から一番近いオアシス 水源地宮ヶ瀬」~日本版DMO推進に向けて~

 日本版DMO形成・確立計画   日本版DMO形成・確立計画(概要)

<参考>日本版DMO法人とは
日本版DMOは、地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、多様な関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人です。
「Destination Management/Marketing Organization」の略
~~~~~

さらば 学生街の喫茶店「喫茶 まりも」

日吉「喫茶まりも」が来月閉店すると昨日(2017/11/16)の神奈川新聞(横浜地方版)に報道されました。

私の通ったキャンパスと違うので、日常的ではありませんが、学生時代も何度か利用していました。残念です。慶応義塾大学日吉キャンパスの日吉駅の反対側にあることから「ヒヨウラ」というのですが、食事の写真は、(ちょうど一か月前の)10月15日、慶應義塾大学の先輩たち、学生と一緒に昼食を「まりも」で食べた時のものです。
その時は、閉店することを知らなかったなぁ。私の通った慶応大学湘南藤沢キャンパスのある湘南台駅周辺にあった飲食店も、当時から、だいぶ変わりました。時代の流れとは言え、残念です。

早朝議会活動報告は中心市街地交差点(通算2279日目)/地元小学校PTA  第5回運営委員会/厚木市議会議員による 第11回議会報告会「市民と議会の意見交換会」告知 街頭キャンペーン

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(7歳)の小学校登校見送り、長女(4歳)を保育園に送り届けてから、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。平日毎日行っている早朝議会活動報告は本日で通算2279日目(延べ日数ではなく実数)となります。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から15年間 全く変わりません。

/街頭議会報告活動終了後、一旦、事務所(地元政務活動事務所)に寄って一旦帰宅しました。

/その後、地元小学校PTA  第5回運営委員会に委員長として出席しました。過日の運動会のふり返り等も各委員会から報告されました。

/夜は、本厚木駅北口・南口・東口にて、厚木市議会議員による議会報告会告知 街頭キャンペーンが行われていました。私も長女を連れて、市議会議員の皆様に ご挨拶をさせて頂きました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
=厚木市議会:第11回議会報告会「市民と議会の意見交換会」=
日時:11月17日(金曜日)19時から20時30分まで
会場:相川公民館 集会室
内容: (申し込みは不要です。当日、直接会場にお越し下さい。)
議会報告 平成28年度決算(9月定例会議)の審議概要、その他
意見交換 メインテーマ「厚木のまちづくりについて」
・南部産業拠点 ・新庁舎建設
~~~~~~~~~~~~~~~~~

【写真】: 早朝議会活動報告は中心市街地交差点(通算2279日目)/地元小学校PTA  第5回運営委員会/厚木市議会議員による議会報告会告知 街頭キャンペーン

ラグビーワールドカップ2019組織委員会から公認チームキャンプ地の選定プロセスについて/毎日行う本日の議会報告は本厚木駅東口と中町花の公園前(通算2277日目)。本日は夕方の2時間/夜は子供たちの体操教室

本日(11月1日付)、神奈川県スポーツ局長より、昨日(10月31日)夜、ラグビーワールドカップ2019組織委員会から公認チームキャンプ地の選定プロセスについて、連絡があった旨の報告が、担当課長を通じて連絡がありました。

「選定プロセスについて」「各応募自治体へラグビーワールドカップリミテッド(RWCL)による現地調査の概要」についての報告です。厚木市を含む各自治体に対して示されたものでありますが、私の視点では、厳しいものでありました。
今後、県としてはRWCLの指摘内容や選定の可能性等について更なる情報収集を進め、関係市とともに対応を検討して参りますし、私自身も所管の委員として、しっかりと取り組んで参ります。また、明日(11月2日)15時30分から「ラグビーワールドカップ2019TM日本大会試合日程発表会」が行われ、大会日程及び会場が決定致します。

/本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(7歳)の小学校登校見送り、長女(4歳)を保育園に送り届けてから、公務につきました。総選挙とその後1週間は、自分のための議会報告は取りやめていましたが、昨日から、再開しました。

昨日は、朝ではなく、時間をずらして昼に行いましたが、本日は、夕方に行いました。本日で通算2277日目(延べ日数ではなく実数)となります。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。本日は、本厚木駅東口と中町花の公園前にて行わせて頂きました。今後も、早朝、昼、夜と公務の状況に合わせて、行って参ります。

/夕方は、長女を迎えに行きつつ、長男の体操教室を見学し、その後、子供達と帰路につきました。子ども達に夕食を食べさせて、妻の帰りを待ちます。妻の帰りを待って、私は、消防団の月例会に出かけました。妻は子供たちの寝かしつけ、私は、帰宅後、残った仕事に取り掛かっています。

【写真】: 毎日行う本日の議会報告は本厚木駅東口と中町花の公園前(通算2277日目)。本日は夕方の2時間行いました/夜は子供たちの体操教室

昨晩から本日未明にかけて襲来した超大型の台風21号

昨晩から本日未明にかけて襲来した超大型の台風21号は、広い範囲で風の強い状態が続き、本日未明を中心に暴風が吹きました。東日本から北日本の各地で川の水位が高い状態が続いていて、気象庁は川の氾濫や暴風、高波に警戒するよう呼びかけられました。

厚木市においても台風21号の影響により、荻野川の水位が、氾濫の恐れのある水位に到達しました。このため、本日午前2時55分に荻野川沿いの、浸水の危険がある及川の一部、下荻野の一部、中荻野の一部に、避難勧告を発令しました。

水位には5つの危険度レベルがあります。反乱が発生した状態をレベル5とし、今回は、レベル4の水位で、「氾濫危険水位」と呼ばれるものでした。
氾濫の恐れがある水位で「いつ氾濫してもおかしくない」状態です。指定河川では、この水位に達した場合に「氾濫危険情報」が発表されます。付近の住民は、この水位に到達する前に避難完了しているべき危険な状態です。

昨晩は、20時28分に水防警報が発令され、私も第一分団所属の消防団員として出動しました。
10月23日午前0時からの消防団第一分団としての動きは以下の通りです。
・午前2時29分、小鮎川(小鮎・堺橋)に水防警報が発令。
・午前2時55分、荻野川沿いの浸水の危険のある一部地域に避難各国を発令。
・午前3時09分、小鮎川(小鮎・堺橋)に水防警報が発令し、現地へ出動。
・午前3時40分、厚木地区、相川地区を除く市内の土砂災害警戒地域住民に対し、避難勧告を発令。
・午前4時04分、相模川(相模大橋)に水防警報が発令し、現地へ出動。
・午前6時08分、午前6時をもって、自宅待機とし、7時30分をもって、配備を解除。
・午前7時43分、厚木市内に発令していた避難準備・高齢者等避難開始、荻野川の避難勧告を解除。土砂災害警戒情報に伴う避難勧告は継続。
・午前8時23分、厚木市内に発令していた全ての避難勧告を解除。
・午前10時27分、小鮎川(小鮎・堺橋)の水防警報を解除。
・午前11時29分、相模川(相模大橋)に水防警報(待機)が発令し、第一分団団員は自宅待機。
・午前15時19分、相模川(相模大橋)の水防警報を解除。

以上です。

昨晩、午後8時半から消防団員として出動し、本日まで消防団員として出動をしました。
私の持ち場である第一分団は、大きな被害も出ませんでしたが、豪雨の中、いつもの消防作業服、雨合羽の他、水防団として、ヘルメット・ライフジャケットを身に着けて、朝まで警備を続けました。
川の水位も上がり、きわどいところでありました。
全国では、大きな被害もあり、多くの消防職員・消防団員も出動していたと承知しています。一睡もせずに会社に出社する仲間たちに感謝します。
大変お疲れさまでした。

朝6時、自宅に戻る途中、本厚木駅に寄って、再選を果たした後藤祐一候補に一言「おめでとう」を伝えました。後藤候補他、総選挙を戦われた候補者の皆さま、関係者の皆さまも大変お疲れさまでした。

私、佐藤知一は、神奈川県議会の仲間でありました中谷一馬候補を応援しています。

私、佐藤知一も神奈川県議会の仲間でありました中谷一馬候補を応援しています。

【衆議院議員候補”中谷一馬”を国会へ!】~港北区・都筑区の方は、清き一票をお願い!~信念を貫く!ブレない政治家 立憲民主党 中谷一馬をみんなで応援しよう!応援して下さる方は、横浜市 港北区・都筑区の関係者へ、このメッセージ・イベントを共有して下さい!・Twitter ・Instagramもやってます!中谷一馬で検索!!・HP : http://kazumanakatani.com/

佐藤知一は 神奈川2区(横浜市西区・南区・港南区) 高橋のえ候補(立憲民主党) を応援しています。

(フェイスブック上での)私のコメントを受けて、
深夜2時をまわり、候補者本人から、メッセージで直接届きました。
申し訳ないです。

もう寝ようと思っていたところですが、
そりゃ、すぐに載せないわけにはいかないでしょう。
責任取って、フェイスブックのみならず、私のブログやツイッターにも掲載します。
(ツイッターは、フォロワーが9万人弱います。)

佐藤知一は、
神奈川2区(横浜市西区・南区・港南区) 高橋のえ候補(立憲民主党)
を応援しています。

高橋のえ候補、必勝だ! がんばれ!

昨晩行われた「武蔵野市長選挙報告会」/邑上守正現職市長(任期は本日まで)、松下玲子新市長とのツーショット

10 月 1 日投開票の武蔵野市長選挙において、仲間の応援に入りました。「3期 12 年」をもって退任された市長(任期は、本日10月8日まで)の邑上守正氏は、まだ 50 代の若さ(59才)です。最初の出馬は、6期務めた 現職市長の多選を批判し、市長選に立候補されました。 市民との約束を守る形で、3期 12 年をもってキッパリ勇退し、後継として、松下玲子元都議を応援しました。

今回、市長に当選された 松下玲子氏は、都議会議員を2期務めた 46 歳です。 県内外でも、私と同世代の首長が選出されています。政令市の川崎市、千葉市、県内一般市では小田原市長、 鎌倉市長等、同世代の若手首長も多く誕生しています。 私と同じ小沢一郎政治塾出身で、 盟友の西川将人旭川市長、 一新塾出身の熊谷俊人千葉市長をはじめ、 多くの若手首長とも交流、意見交換を継続しています。今後も政策派の地方議員、首長と連携して参ります。

【写真】: 昨晩行われた「武蔵野市長選挙報告会」の様子/邑上守正現職市長(任期は本日まで)、松下玲子新市長とのツーショット

武蔵野市長選挙結果/松下玲子さんが武蔵野市長選挙に挑戦し、ダブルスコアで勝利

武蔵野市長選挙結果
夏の都議選では、民進党公認候補として苦杯を呑んだ 松下玲子さんが武蔵野市長選挙に挑戦し、ダブルスコアで勝利しました。
おめでとうございます。
武蔵野市民のリーダーとして、の更なる御活躍を御祈念申し上げます。

開票速報
定数:1人
候補者数:2人
届出番号・立候補者氏名(党派)得票数
(22時45分確定)

1 高野 恒一郎(無所属) 17,933
2 松下 玲子(無所属)  34,166

開票率(%) 100%

国道129号戸田交差点の立体交差点(アンダーパス)開通後の交通状況について

=国道129号戸田交差点の立体交差点(アンダーパス)開通後の交通状況について=

県では、厚木市内の国道129号戸田交差点について、平成12年度から立体交差点化に取り組み、今年3月25日に開通した所です。
昨日、「立体交差点開通後の交通状況を調査し、その結果がまとまった」との報告が、厚木土木事務所長を通じて、県土整備局長から報告がありました。

今後も、戸田交差点の北側に計画されている新東名高速道路「厚木南インターチェンジ(平成29年度開通予定)」と国道129号を接続する道路の推進に努めて参ります。

交通状況の変化: アンダーパス開通前は、最大で380mの渋滞が発生していましたが、開通後、戸田交差点を先頭とする渋滞は、ほぼ解消しました。これは、およそ20分の時間短縮効果にあたります。