カテゴリーアーカイブ: メディア掲載情報

タウンニュース厚木・愛川・清川版(2019年11月29日号 発行部数54,080部)に活動報告関係記事掲載/「活動報告 No.288 ペンは剣よりも強し」無所属・県政会 さとう 知一 49歳/貫く「雑草魂」/30歳で大学へ/弁論部へ入部/挑戦を応援する/弁論大会審査員

本日発行の「タウンニュース厚木・愛川・清川版(2019年11月29日号 発行部数54,080部)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。
https://www.townnews.co.jp/0404/2019/11/29/508684.html

大見出しは「活動報告 No.288 ペンは剣よりも強し」 無所属・県政会 さとう 知一 49歳、小見出しは「貫く「雑草魂」」「30歳で大学へ」「弁論部へ入部」「挑戦を応援する」「弁論大会審査員」です。

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算288回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も18年3ヶ月29日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

タウンニュース厚木・愛川・清川版は、朝日・読売・毎日・日経新聞を主力に折込まれております。配布部数変更に伴い、市内公共施設や商業施設、農協支所等への配架も行われています。幅広い市民の皆様方のお目に留まることを期待しています。

また、先月からは、厚木市内を中心に配架されている 情報誌「厚木時間」(発行部数 2万5000)にも記事を掲載しています。併せて、ご覧頂きたいと願います。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2019年11月29日現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2509日目 (延べ日数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 18年3ヶ月29日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算288回
・タウンニュース掲載部数(合計)ー1707万3640部
・情報誌 厚木時間 活動報告掲載回数 ー 通算1回
・情報誌 厚木時間 掲載部数 ー 2万5000部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・年3~4回・各回18万部発行)総発行部数 -264万7800部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木・愛川・清川版(発行部数54,080部)2019年11月29日号に掲載された さとう知一の寄稿記事(通算第288号)

※ 3枚目の写真。私と知事の間には、山本一太 群馬県知事 もいました。キャプション入れ忘れました。

神奈川県議会「議会かながわ」164号(令和元年第3回定例会 9月6日から10月16日まで)/さとう知一の一般質問についても掲載されています

11月22日金曜日、神奈川県議会の広報紙「議会かながわ No.164」が 発行(新聞折込)されています。
本会議を中心に、議会活動をお知らせするタブロイド判の広報紙です。おおむね4月・8月・11月・1月の年4回発行し、新聞折り込みで各家庭にお届けするとともに、県の施設、市役所、町・村役場、図書館、ハローワーク、郵便局、金融機関(横浜銀行、スルガ銀行)や、主要な駅などにも置いています。
「一般質問登壇者」として、私の名前(さとう知一)と主な質問事項についても掲載されています。

PDF版: 20191122‐議会かながわ no164_all(2019年11月22日発行)

※ さとう知一の一般質問についても、掲載されています。

子宮頸がんワクチン 硬直化打開を 黒岩知事が訴え(神奈川新聞 2019年11月07日)

本日は地元デー。これから本格的に始まる議会準備と年末に発行予定の「月刊さとう 特別版『ケンオウニュース』」の作成にも着手しなければなりません。なかなか、手ごわくて大変な作業です。
また、昨日の厚木市職員組合 第65回定期大会においては、杉山中央執行委員長をはじめ、役員皆様方の御配慮により、私も一言御挨拶をさせて頂きました。その後の意見交換会(会費制)においても、執行部、地域連合組織内議員をはじめとする御来賓の皆様と非常に親しく意見交換をさせて頂きました。感謝です。

/私の本会議での提案事項 「子宮頸がんワクチンの接種について」。黒岩知事は、(答弁の通り)私との約束を守ろうとしています。
まずは、第一歩。
「子宮頸がんワクチン 硬直化打開を 黒岩知事が訴え(神奈川新聞 2019年11月07日)」
~~~~~
「日本はワクチン後進国。ワクチンを打つことで何人を救えるか、何人に副反応が出るか。データを比較して究極の選択をするしかない」。9都県市首脳会議で黒岩祐治知事は、子宮頸(けい)がんワクチンを巡る現状を疑問視し、硬直化している事態を打開するよう訴えた。副作用の訴えが相次ぎ、厚生労働省が接種の積極推・・・
~~~~~

神奈川新聞 20191107

=参考==
(さとう知一 一般質問 2019年9月18日)
がんとの共生および未病改善 (2)子宮頸がんワクチンの接種について

「子宮頸がんワクチンの接種について」、お伺いします。 若い女性の間で増加傾向にある子宮頸がんは、20代と30代で、年間約2000人が、り患しています。子宮頸がんは、年間約3000人の女性が命を落としており、20代から30代の女性が、かかる癌として最も多く、幼い子供たちを残して亡くなる人が多いことから、「マザーキラー」と呼ばれています。子宮頸がんの発生には、ヒトパピローマウイルス(HPVウイルス)の感染が関連しています。
このウイルスの感染を予防するのが、「子宮頸がんワクチン」です。6年前、国は原則無料で受けられる定期接種に加えましたが、直後から体の痛みなどを訴える人が相次ぎ、積極的な接種の呼びかけを2か月で中止しました。最大で70%以上あった接種率は、現状、1%未満に激減しています。現在では、子宮頸がんワクチンとは何か知らないという人も増え続けています。
6年前の導入時、接種後に痛みや腫れなどの副反応が出たとする訴えが相次ぎ、現在、国では、ワクチンを無料で受けられる定期接種に残しながら、積極的な接種の呼びかけのみを中止しています。
一方、WHOや日本産科婦人科学会等の団体は、HPVワクチン接種の積極的勧奨の再開を求める声明を発表しています。
「今のままでは、ワクチンを知らずに、対象年齢を過ぎてしまう人も出てくる」といった危機感を持った自治体の間で、ワクチンを周知していこうという取組が出ています。千葉県いすみ市や青森県八戸市では、保護者向けに独自の通知を発送したり、世帯向けに文書の配布をしています。また、岡山県では、メリットとリスクを併記した上でチラシを作成し、学校などを通じて保護者や子どもたちに配るほか、ホームページ等を活用し、周知しています。
私は、子宮頸がんとHPVワクチンに関する科学的根拠に基づく正しい知識と最新の情報を県民に対し、発信するべきと考えます。
そこで、知事に伺いします。
「マザーキラー」と呼ばれる子宮頸がんとHPV子宮頸がんワクチンの正しい知識の普及に力を入れるべきと考えますが、所見を伺います。
=====

情報誌「厚木時間 vol.53」(2019年11月15日発行 25,000部)に私の活動報告関係記事掲載/神奈川県議会議員(無所属・県政会)さとう知一の議会奮闘記 あつぎの声を県政に! 第1回

本日は、地元デー。これから本格的に始まる議会準備と年末に発行予定の「月刊さとう 特別版『ケンオウニュース』」の作成にも着手しなければなりません。問題先送り体質からの脱却は、来年以降の課題です。

/情報誌「厚木時間 vol.53」(2019年11月15日発行 25,000部)に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。
~神奈川県議会議員(無所属・県政会)さとう知一の議会奮闘記 あつぎの声を県政に! 第1回~ (24ページ)
atsugi-time.com/wp/wp-content/uploads/2019/11/Vol53_fin.pdf

フリーペーパーの情報誌「厚木時間」への寄稿は 初めてです。奇数月発行なので、およそ2か月間、市内公共施設や商業施設等のラックに配架されます。タウンニュース厚木版への掲載は、今号で、通算287回目となりました。内容については、全て、佐藤知一が作成し掲載を続けています。

厚木時間は隔月発行です。掲載内容については、第三者(編集長や担当者)視点を大切にしながら、タウンニュースとは異なった感じで作り上げていきたいと考えています。厚木時間への掲載も、今後継続していく予定です。ぜひお手にとってご覧下さい。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2019年11月15日現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2509日目 (延べ日数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 18年3ヶ月15日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算287回
・タウンニュース掲載部数(合計)ー 1701万9560部
・情報誌 厚木時間 活動報告掲載回数 ー 通算1回
・情報誌 厚木時間 掲載部数 ー 2万5000部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・年3~4回・各回18万部発行)総発行部数 -264万7800部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: 情報誌「厚木時間 vol.53」(2019年11月15日発行 25,000部)に掲載の私の活動報告関係記事
~神奈川県議会議員(無所属・県政会)さとう知一の議会奮闘記 あつぎの声を県政に! 第1回~

 

タウンニュース厚木愛川清川版(2019年11月15日号 発行部数54,080部)に活動報告関係記事掲載/「活動報告 No.287 子宮頸がんワクチン」無所属 さとう 知一 49歳/さとうの問題意識/がん患者の就労/マザーキラー対策

「タウンニュース厚木・愛川・清川版(2019年11月15日号 発行部数54,080部)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。
https://www.townnews.co.jp/0404/2019/11/15/506528.html

大見出しは「活動報告 No.287 子宮頸がんワクチン」 無所属・県政会 さとう 知一 49歳、小見出しは「さとうの問題意識」「がん患者の就労」「マザーキラー対策」です。

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算287回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も18年2ヶ月25日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

タウンニュース厚木・愛川・清川版は、朝日・読売・毎日・日経新聞を主力に折込まれております。配布部数変更に伴い、市内公共施設や商業施設、農協支所等への配架も行われています。幅広い市民の皆様方のお目に留まることを期待しています。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2019年11月15日現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2509日目 (延べ日数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 18年3ヶ月15日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算287回
・タウンニュース掲載部数(合計)ー 1701万9560部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・年3~4回・各回18万部発行)総発行部数 -264万7800部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木・愛川・清川版(発行部数54,080部)2019年10月15日号に掲載された さとう知一の寄稿記事(通算第287号)

タウンニュース厚木・愛川・清川版(2019年10月25日号 発行部数54,080部)に活動報告関係記事掲載/活動報告 No.286 台風19号と消防団 県会議員(無所属・県政会)さとう 知一/消防団員として/消防団の課題

「タウンニュース厚木・愛川・清川版(2019年10月25日号 発行部数54,080部)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。
https://www.townnews.co.jp/0404/2019/10/25/503578.html

大見出しは「活動報告 No.286 台風19号と消防団」県会議員(無所属・県政会)さとう 知一、小見出しは「消防団員として」「消防団の課題」です。

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算286回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も18年2ヶ月25日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

タウンニュース厚木・愛川・清川版は、朝日・読売・毎日・日経新聞を主力に折込まれております。配布部数変更に伴い、市内公共施設や商業施設、農協支所等への配架も行われています。幅広い市民の皆様方のお目に留まることを期待しています。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2019年10月25日現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2505日目 (延べ日数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 18年2ヶ月25日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算286回
・タウンニュース掲載部数(合計)ー 1696万5480部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・年3~4回・各回18万部発行)総発行部数 -264万7800部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木・愛川・清川版(発行部数54,080部)2019年10月25日号に掲載された さとう知一の寄稿記事(通算第286号)

タウンニュース厚木・愛川・清川版(2019年10月10日号 発行部数54,080部)に活動報告関係記事「ラグビーW杯 開幕」「東京五輪・W杯」「慶大 上席研究員」「慶応義塾大学授業」「挑戦を応援する」

「タウンニュース厚木・愛川・清川版(2019年10月11日号 発行部数54,080部)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。
https://www.townnews.co.jp/0404/2019/10/11/501630.html

大見出しは「ラグビーW杯 開幕」県会議員(無所属・県政会)さとう 知一、小見出しは「東京五輪・W杯」「慶大 上席研究員」「慶応義塾大学授業」「挑戦を応援する」です。

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算285回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も18年2ヶ月11日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

タウンニュース厚木・愛川・清川版は、朝日・読売・毎日・日経新聞を主力に折込まれております。配布部数変更に伴い、市内公共施設や商業施設、農協支所等への配架も行われています。幅広い市民の皆様方のお目に留まることを期待しています。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2019年10月10日現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2504日目 (延べ日数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 18年2ヶ月11日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算285回
・タウンニュース掲載部数(合計)ー 1691万1400部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・年3~4回・各回18万部発行)総発行部数 -264万7800部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木・愛川・清川版(発行部数54,080部)2019年11月11日号に掲載された さとう知一の寄稿記事(通算第285号)

私の県議会一般質問(2019年9月18日)が 動画配信されています。ぜひ、ご覧下さい。

私の県議会一般質問(2019年9月18日)が、動画配信されています。ぜひ、ご覧下さい。

======================
令和元年第3回定例会
9月18日 一般質問 さとう 知一 議員 (県政会 厚木市)

https://kanagawa-pref.stream.jfit.co.jp/…

1 がんとの共生および未病改善について
(1) がんピアサポーターの育成と活用について
(2) 子宮頸がんワクチンの接種について
(3) 受動喫煙防止対策の実効性を高める取組について
2 津久井やまゆり園について
3 民間活力を導入した新たな取組と見直しについて
(1) 新たな寄附制度としてのネット通販サイト「ほしい物リスト」の活用について
(2) 食品ロス削減に向けたフードバンク・フードドライブ活動の支援について
(3) 新しい価値観による外国人観光客に対するプロモーションについて
(4) 日本郵政の不適切な保険販売問題と「地域見守り活動に関する協定」について

======================

動画を YouTube にもアップロードしました。

1/4 https://youtu.be/W37N5Qr5BJw
2/4 https://youtu.be/0NbkZcqNeXc
3/4 https://youtu.be/C8TKhYs_cps
4/4 https://youtu.be/MkrwA_uEROw

タウンニュース厚木・愛川・清川版(2019年9月27日号 発行部数54,080部)に私の活動報告関係記事

「タウンニュース厚木・愛川・清川版(2019年9月27日号 発行部数54,080部)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。
https://www.townnews.co.jp/0404/2019/09/27/499545.html

大見出しは「制度提案・実現へ」県会議員(無所属・県政会)さとう 知一、小見出しは「厚木代表として」「質問項目8点」「翌朝の新聞記事」です。

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算284回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も18年1ヶ月27日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

タウンニュース厚木・愛川・清川版は、朝日・読売・毎日・日経新聞を主力に折込まれております。配布部数変更に伴い、市内公共施設や商業施設、農協支所等への配架も行われています。幅広い市民の皆様方のお目に留まることを期待しています。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2019年9月27日現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2497日目 (延べ日数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 18年1ヶ月27日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算284回
・タウンニュース掲載部数(合計)ー 1685万7320部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・年3~4回・各回18万部発行)総発行部数 -264万7800部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木・愛川・清川版(発行部数54,080部)2019年9月27日号に掲載された さとう知一の寄稿記事(通算第284号)

タウンニュース厚木・愛川・清川版(2019年9月20日号 発行部数54,080部)に活動報告関係記事掲載

「タウンニュース厚木・愛川・清川版(2019年9月20日号 発行部数54,080部)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算282回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も18年1ヶ月20日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

タウンニュース厚木・愛川・清川版は、朝日・読売・毎日・日経新聞を主力に折込まれております。配布部数変更に伴い、市内公共施設や商業施設、農協支所等への配架も行われています。幅広い市民の皆様方のお目に留まることを期待しています。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2019年9月20日現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2494日目 (延べ日数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 18年1ヶ月20日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算283回
・タウンニュース掲載部数(合計)ー1680万3240部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・年3~4回・各回18万部発行)総発行部数 -264万7800部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木・愛川・清川版(発行部数54,080部)2019年9月20日号に掲載された さとう知一の寄稿記事(通算第283号)