カテゴリーアーカイブ: メディア掲載情報

本日発行「タウンニュース厚木版(2018年4月13日号)」に活動報告関係記事を掲載/「活動報告 No.245 厚木の声を県政に」「次世代への責任」「佐藤知一の提案」

本日発行の「タウンニュース厚木版(2018年04月13日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。

大見出しは「活動報告 No.245 厚木の声を県政に」、小見出しは「次世代への責任」「佐藤知一の提案」です。

https://www.townnews.co.jp/0404/2018/04/13/428033.html

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算245回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も16年8ヶ月13日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2018年04月13日 現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2325日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 16年8ヶ月13日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算245回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1474万8000部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回18万部発行)総発行部数 -199万4000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木版(発行部数51,830部) 2018年4月13日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第245号)
※ 下の記事画像クリックから、サイズが大きくなります。

昨晩は、TVK(テレビ神奈川)にて、私の予算委員会質疑の模様が録画放送/政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2018年4月1日号、明日(30日金曜日)の新聞折込み(厚木市内)、まずは、読売新聞・朝日新聞

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、子ども二人(長男8歳と長女5歳)を学童保育へ見送り、保育園に送り届けてから、事務所にいったん寄り、公務に就きました。

県政調査での東北出張の為、3日間、地元を空けていましたので、その間の雑務から入りました。昨晩は、TVK(テレビ神奈川)にて、私の予算委員会質疑の模様が録画放送されていました。本日、厚木市役所(教育委員会)にお伺いした時も、課長さん他、職員の方々から「見ましたよ」というお言葉を頂きました。

/政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2018年4月1日号を作成しました。明日から順次配布する予定です。
月刊さとう号外は、年3回~4回、厚木市内を中心に毎回18万枚を目標に配布しています。(月刊さとう 特別版・号外の総発行部数は、今号は15万部発行。今号発行分で、合計217万9000部となります。)

明日(30日金曜日)の新聞折込み(厚木市内)、朝日新聞、読売新聞、及び、愛川町の新聞店が受持つ、厚木市分の新聞に「政策チラシ『月刊さとう号外・ケンオウニュース』2018年4月1日号」が、タウンニュース厚木版と一緒に折り込まれる予定です。まずは、4万5800部を新聞折込とします。毎日新聞、神奈川新聞、東京新聞、産経新聞、日経新聞は、来週金曜日に折込予定です。

※ 今週3月29日前後、バックナンバーを合計5000部、厚木市の北部(依知地区)を中心に配布(ポスティング)する予定です。併せて、ご覧下さい。

政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2018年4月1日号 (発行部数 15万部)

明日から県政調査。岩手県・岩手県紫波町・岩手県に派遣されます/昨日の市道赤坂竹ノ内線開通式・テープカット・渡り初めの様子を動画に取りまとめてアップして頂きました。

明日3月26日から28日までの日程で、県政調査として「秋田県横手市、岩手県紫波町、岩手県」に派遣されます。県外調査は、地方自治法第100条第13項の規定に基づき、議案の審査又は県の事務に関する調査等のために、議員を派遣するものです。

今回の県政調査は、初日は、厚木市の友好都市として長く交流を持つ、横手市教育委員会にお伺いします。私が市議会議員時代に1期目、2期目と共に市議会議員として交流をした高橋大市長にも、表敬訪問をさせて頂く予定となっています。
高橋大市長は、市議を2期務めた後、市長となり、私は、県議となりましたので、その後の交流は、密ではありませんでしたが、今回の県政調査を機にご挨拶にお伺いすることとなりました。議会局を通じて、快く、お受け頂き感謝しています。

2日目は、日本で一番視察が多いといわれる「オガールプロジェクト(岩手県紫波町)」に午前と午後の2回に分けて、調査にお伺いさせて頂くこととなりました。

日経BP総研(日経BP社)による全自治体を対象に行政視察の受け入れに関する実態を尋ねるアンケート調査を実施し、結果を「視察件数ランキング」として取りまとめたものがありますが、2016年度の自治体職員・議員による視察の受け入れ件数が最も多かった事業は、岩手県紫波町が民間主導型で駅前開発に取り組んだ「オガールプロジェクト」でありました。
「視察件数は270件と、2位以下を大きく引き離して断トツだった。事業開始は2007年4月であり、まる10年を経た2017年4月にグランドオープンの催しを開いたところだ。ほとんど利用されていなかったJR紫波中央駅前の町有地10.7ヘクタールに、役場の新庁舎、官民複合施設、サッカー場、体育館、図書館、宿泊施設、保育園、住宅地などを、PFI、代理人方式、定期借地など多様なPPP(公民連携)手法を駆使して整備したのが特徴である。」
この数年間、私が最も、視察に行きたかった自治体です。

3日目は、岩手県庁に「マンガを活用した地域振興の取り組みについて」調査に伺います。
非常に密な日程となっておりますが、しっかりと調査を行い本県における「確かな学力の向上を図るための取組」、「地域課題の解決を図る取組」、「かながわスマートエネルギー計画の推進に向けた取組」、「文化施策及び、広報活動の取組」に資するものとするべく調査して参ります。

【写真】: 昨日の市道赤坂竹ノ内線開通式・テープカット・渡り初めの様子を平素からお世話になっているあつぎ市民リポーターの方が、動画に取りまとめてアップして頂きました。ケーブルテレビで放映されるかどうかは、存じ上げませんが、いつも、お心遣いを頂き、心より感謝しています。

政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2018年4月1日号を作成しました。今週末から順次配布する予定です。

政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2018年4月1日号を作成しました。今週末から順次配布する予定です。
月刊さとう号外は、年3回~4回、厚木市内を中心に毎回18万枚を目標に配布しています。(月刊さとう 特別版・号外の総発行部数は、今号は15万部発行。今号発行分で、合計217万9000部となります。)

今週末(30日金曜日)の新聞折込み(厚木市内)、朝日新聞、読売新聞に「政策チラシ『月刊さとう号外・ケンオウニュース』2018年4月1日号」が、タウンニュース厚木版と一緒に折りこまれています。
毎日新聞、神奈川新聞、東京新聞、産経新聞、日経新聞は、翌週金曜日に折込予定です。愛川町取り扱い分の厚木市内配布については、折込予定が若干変更します。

※ 今週3月29日前後、バックナンバーを合計5000部、厚木市の北部(依知地区)を中心に配布(ポスティング)する予定です。併せて、ご覧下さい。

~~~~~~~~~~

県議会は国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。
ブログ活動報告は、16年7ヶ月25日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

既におなじみとなったローカル紙「タウンニュース」への議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。市議時代は年6回、県議就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。現在、先週金曜日発行分をもちまして通算244回目(タウンニュース掲載部数・合計1469万6170部=ニュースレター「月刊さとう」の発行部数は含まず)の掲載となりました。
紙媒体としては、タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載のほか、これとは別に「ニュースレター(月刊さとう)」の発行も行っています。

2015年1月号に「ケンセイニュース」の形式で発行して以来、市議会議員時代より使用しているA4サイズの形式と混合で発行して参りましたが、2016年6月号より「月刊さとう(特別版)」は、「ケンセイニュース」の形式をとっています。ケンセイニュースは、これまでも「株式会社タウンニュース社 出版印刷部」に制作を依頼し、作成を継続して参りました。その後、ケンセイニュース・月刊さとう号外は、「ケンオウニュース」とタイトルを改めて、発行を継続しています。

※ ケンセイニュース・ケンオウニュースは、株式会社タウンニュース社 出版印刷部承諾のもと作成をしているものですが、ケンセイニュース・ケンオウニュースの名称ロゴ等については、断りなく使用することはできません。

「月刊さとう(号外・特別版)」は、年3回~4回、発行しています。「月刊さとう(号外・特別版)」の毎回の発行枚数は、18万部程度で、今回の発行枚数は少し少なめの 15万部です。
記事内容は、タウンニュース厚木版への私の投稿記事が中心となっています。
今号は 年度末から新年度のおよそ1ヶ月間をかけて、厚木市内を中心に配布する予定です。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2018年03月25日 現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2319日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 16年7ヶ月25日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算244回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1469万6170部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回15~18万部発行)総発行部数 -217万9000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

PDF:  政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2018年4月1日号 (発行部数 15万部)

【写真】: 政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2018年4月1日号 (発行部数 15万部)

本日発行「タウンニュース厚木版(2018年03月23日号)」に活動報告関係記事掲載/「活動報告 No.243 県央に夜間中学を」「総括質疑に立つ」「期待を背負い連投」「排除しない教育」「審議を貫く」「テレビ放送日程」

本日発行の「タウンニュース厚木版(2018年03月23日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。

大見出しは「活動報告 No.243 県央に夜間中学を」、小見出しは「総括質疑に立つ」「期待を背負い連投」「排除しない教育」「審議を貫く」「テレビ放送日程」です。

https://www.townnews.co.jp/0404/2018/03/23/425182.html

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算244回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も16年7ヶ月23日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2018年03月23日 現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2318日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 16年7ヶ月23日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算244回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1469万6170部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回18万部発行)総発行部数 -199万4000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木版(発行部数51,830部) 2018年3月23日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第244号)
※ 下の記事画像クリックから、サイズが大きくなります。

本日から、2018年第1回定例会予算委員会が、はじまりました/本日総括質疑に登壇/3月28日(水)午後6時30分~テレビ神奈川(3ch)で録画放送

本日から、2018年第1回定例会予算委員会が、はじまりました。
初日となる本日の予算委員会は、総括質疑です。

本日、我が団を代表して、登壇したのは、松本政調会長と私の二人で、私は、かながわ民進党・立憲民主クラブの二人目として、登壇しました。本日の様子は「インターネット議会中継」で配信されました。また、3月28日(水)午後6時30分から8時20分まで、テレビ神奈川(3ch)でも録画放送されます。

先の本会議・一般質問に続いての登壇となりました。一般質問は、それなりに納得できるものでありましたが、本日の予算委員会は、満足できない出来でした。
理由は、準備不足。時間は有りましたが、自分の作った質問と順番を頭に叩き込み事をせずに行った結果が、これでした。
得意総妙のやり取りが必要とされる委員会質疑ではありましたが、私としては、少し、残念な出来でした。
黒岩知事、安全防災局長、教育長をはじめとした皆様には、非常に誠意ある御答弁を頂きました。原因は、私のタイムマネジメントですので、念のため。

閑話休題。
夜間中学については、一般質問に続いて、取り上げました。
意見として、次の一言も添えました。
~~~
過日、星槎国際高校 平成29年度 卒業証書授与式にお伺いしました。
星槎グループは、東京オリンピックに向けた、本県の事前キャンプの誘致に向けて、エリトリア国、ブータン王国と事前キャンプに関する協定等を締結する等、ご協力頂いております。
星槎国際高校には、不登校だった子供達も多く進学しています。「人を認める・人を排除しない・仲間をつくる」という三つの約束を軸に教育を行っているとのことでありますが、行政にこそ、真の意味で、社会の中で排除されない教育環境を保障していくことが、強く求められていると考えています。
~~~

議会は、3月23日まで続きます。最後まで、しっかりと頑張ります。

【写真】: 以前の予算委員会総括質疑の写真です。

昨日のタウンニュース厚木版(2018年3月2日号)で、私の県議会一般質問を記事にして頂きました。

昨日のタウンニュース厚木版(2018年3月2日号)で、私の県議会一般質問を記事にして頂きました。
https://www.townnews.co.jp/0404/2018/03/02/422063.html

私の質問に関連する部分については、記者の方が、私の一般質問を録画・録音し、テープ起こしをして頂いたうえで、記事としたとお聞きしています。

この夜間中学設置については、厚木の問題でもありますので、引き続き、県議会で取り上げて行きたいと考えています。

本日発行「タウンニュース厚木版(2018年03月02日号)」活動報告記事掲載/「活動報告 No.243 『約束』を守る仕組み」「リハビリセンター」「神奈川リハを守る」「選挙公約は守る」「言いっぱなし無し」「翌日の新聞報道」

本日発行の「タウンニュース厚木版(2018年03月02日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。
大見出しは「活動報告 No.243 「約束」を守る仕組み」、小見出しは「リハビリセンター」「神奈川リハを守る」「選挙公約は守る」「言いっぱなし無し」「翌日の新聞報道」です。

https://www.townnews.co.jp/0404/2018/03/02/422124.html

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算243回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も16年7ヶ月02日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2018年03月02日 現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2316日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 16年7ヶ月02日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算243回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1464万4340部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回18万部発行)総発行部数 -199万4000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木版(発行部数51,830部) 2018年3月2日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第243号)
※ 下の記事画像クリックから、サイズが大きくなります。

本会議一般質問(最終日)/新聞はじめ、各種メディアにも大きく取り上げて頂きました

本日は、本会議一般質問(最終日)でした。来週からは、常任委員会審査が始まります。

/昨日、県議会の一般質問に登壇しました。今回の質問においては、分割質問で、知事に対して4項目、教育長、選挙管理委員会書記長にそれぞれ、1項目ずつ、(計6項目にわたり)質問しました。

知事から頂いた答弁は、再質問も含めて、ほぼ満点回答でありました。
特に厚木の総合リハビリテーションセンター再整備と人材の確保対策については、知事に対して、厳しく指摘をし、詰め寄りましたが、黒岩知事は、私の厳しい指摘を全面的に受け止め、課題を正面から認めた上で対応を約束して頂きました。
私の厳しい指摘を受け、黒岩知事は、人材の確保と定着をはかる為、若手職員に配慮した給料表の見直し、専門性に着目した中堅層への手当創設等、処遇改善を検討するリハ事業団に対し、資金借り入れの支援要請を県として受け入れることを約束しました。

選挙管理委員会書記長に対しての質問も、満点回答でした。私はこれまでも「候補者の公約が言いっぱなし」になることが懸念されることから、「選挙公報を選挙終了後も掲載し続けるべき」と訴えて参りました。
平成27年3月3日の総務政策常任委員会で取り上げて以来、早期実現に向け、取り組みました。当時の総務省の見解は、過去の選挙公報をネット上に掲載することはできないと言うものでした。
私の質問により、来年の統一地方選(知事・県議選)から、実現します。厚木市他、県内の自治体に対しても県の選挙管理委員会から呼びかけます。

中学校夜間学級、いわゆる「夜間中学」については、県教育委員会では、夜間中学に関するアンケート調査を、昨年末から一か月間にわたり行い、その結果を、先般、発表しました。これによれば、県の中でも、厚木市をはじめとした県央地区において、夜間中学で学びたいというニーズが高いことが明らかになたことを受けての質問でした。

文科省は義務教育を未修了の人や、本国で十分な教育を修了していない外国人、さらに今 後は不登校などで十分に義務教育を受けないまま卒業した人たちのための受け入れのため にも夜間中学の設置、受け入れ拡大を推進しているところであります。
国の基本指針が、都道府県に一校以上の設置を目標とするべきとしている理由は、政令市のような財政規模の大きな自治体ではない、市町村においては、単独での夜間中学の設置及び運営の維持が難しいことなどが、挙げられます。
市町村域を超えた広域的な運営を可能とするために県としても積極的に動くべきでありますし、設置運営においては、教員配置等の人的支援のみならず、設置場所においても可能な限り、協力するべきであるとも考えています。県有地、例えば、県立高校の敷地の一部を使用し、整備するなどの可能性も含めて検討して頂きたいと思いましたが、今回の答弁は、そこまでには至りませんでした。

私は、高校を卒業後、調理師となり、その後、30歳で大学に進学しました。勉強というものは、いつでもやり直しがきくものであり、行政は、それを保証する環境を作らなければならないと考えています。
私が気になったことは、今回のアンケートが、記述式となっていることです。私は、20歳から旅館に住込みで働き、親方について料理の修業をしました。私が、かばん持ちをしていた親方は、既にお亡くなりになりましたが、その親方は、文字を読むことはできても、書くことが苦手でありました。 外国人に限らず、日本語の文字を書けない社会人は、一定数存在し、そうした方々は、文字を書くことそのものを極端に嫌がります。
今回のアンケートにおいては、チェック式の回答様式も記述部分と併用して作成するべきだったのでは、と少し残念に思っています。今後、改善して頂きたいと強く、要望しました。

県議会は、まだ続きます。総務政策常任委員会、東京オリンピック・パラリンピック・ラグビーワールドカップ特別委員会、予算委員会で、質疑に立ちます。

消化不良のないように、しっかりと県政課題解決に向けて、頑張ります。

  • 質問通告 さとう知一議員 (かながわ民進党) <分割質問>
発言の要旨 答弁を求める者
1 働き方の環境整備について
(1) テレワーク推進の取組について
(2) 神奈川県総合リハビリテーションセンターにおける医療の提供について
 知事
2 エコツーリズムとジビエの取組について
(1) 海外からの旅行者を対象としたトレッキングやハイキングコースの構築について
(2) ジビエの利用促進について
 知事
3 地域における県政の諸課題について
(1) 中学校夜間学級について
(2) 選挙公報のインターネット継続的公表について
教育長
選挙管理委員会書記長

【写真】: 新聞はじめ、各種メディアにも大きく取り上げて頂きました。

タウンニュース厚木版(発行部数51,830部)(2018年2月16日号)」に活動報告関係記事掲載/「活動報告 No.242 厚木の声を県政に」「一般質問登壇」「シガラミ無し」

本日発行の「タウンニュース厚木版(2018年2月16日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。
大見出しは「活動報告 No.242 厚木の声を県政に」、小見出しは「一般質問登壇」「シガラミ無し」です。

https://www.townnews.co.jp/0404/2018/02/16/420092.html

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算242回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も16年6ヶ月16日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2018年02月16日 現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2315日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 16年6ヶ月16日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算242回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1459万2510部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回18万部発行)総発行部数 -199万4000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木版(発行部数51,830部) 2018年2月16日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第242号)
※ 下の記事画像クリックから、サイズが大きくなります。