カテゴリーアーカイブ: メディア掲載情報

メモ:地方の大規模都市に施設や病院を集中、法整備へ(読売新聞2018年07月04日09時10分)

メモ: 私はこれまで、福祉政策 や環境・教育等、ソフトな 行政分野を重視した施策を提案して参りました。「執行あって経営なし」 という地方行政の時代は 終わり、県・市においても 「自己決定と自己責任」 の時代となります。発想が豊かで柔らかい、 タフな人材こそが、必要となる時代となります。

公共施設整備の在り方については、先月25日の一般質問でも取り上げました。公共施設の共有化もこれからは必要となります。

~~~~~
地方の大規模都市に施設や病院を集中、法整備へ(読売新聞2018年07月04日09時10分
政府は、公共施設や病院、商業施設などを地方の大規模都市に集中させ、複数の自治体で構成する「圏域」単位のまちづくりを促進するための法整備を行う方針を固めた。人口減少が進んでも、地方の都市機能を維持することが目的だ。実質的に小規模自治体の役割を制約する面がある。
政府は、早ければ2019年の通常国会に特例法など関連法案を提出する。少子高齢化を見据え、自主的な自治体の合併を支援してきた現行の合併特例法は20年3月に期限切れとなる。政府は自治体の基盤強化策を、合併から圏域での連携へと明確に切り替える。
まちづくりや産業振興は現在、自治体ごとに行っているが、同じような施設が整備されるなど無駄も多い。将来は人口減で、税収や利用者が減るため、自治体単位では施設の維持・管理や新たな整備が困難になると予想されている。
~~~~~

【写真】: 平成30年7月4日 読売新聞(一面)

タウンニュース厚木版(2018年06月22日号)に活動報告関係記事掲載/「活動報告 No.251 上古沢に球場整備」「小鮎地区活性化」「星槎高校野球部」

本日発行の「タウンニュース厚木版(2018年06月22日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。

大見出しは「活動報告 No.251 上古沢に球場整備」、小見出しは「小鮎地区活性化」「星槎高校野球部」です。

https://www.townnews.co.jp/0404/2018/06/22/437594.html

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算251回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も16年10ヶ月22日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

==========
【数字でみる佐藤知一】(2018年06月22日 現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2346日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 16年10ヶ月22日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算251回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1508万6430部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回18万部発行)総発行部数 -217万9000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木版(発行部数51,830部) 2018年6月22日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第251号)
※ 下の記事画像クリックから、サイズが大きくなります。

昨晩は、池袋駅前の一等地にある行政書士法人KIS近藤法務事務所にお伺いし代表の近藤秀将さんと面会/中野区長選挙 酒井直人候補当選

昨晩は、池袋駅前の一等地にある行政書士法人KIS近藤法務事務所にお伺いし、代表の近藤秀将さんと面会し、様々なことに関して、意見交換をさせて頂きました。近藤秀将さんは、小沢塾の後輩で、いわば、同じ釜の飯を食った仲間ということであります。その後、逸品火鍋 四季海岸 で、唐辛子たっぷりの中華料理を食べました。

話題は当然、(当日投開票の)新潟県知事選挙、中野区長選挙の話題となりました。残念ながら、新潟県知事選挙は惜敗しましたが、中野区長選挙は、見事に勝利しました。

中野区長選挙の行方については、非常に注目しておりましたが、立憲民主党、国民民主党、自由党、社民党が推薦する新人の酒井直人氏(46)=元区職員=が、現職で5選を目指した自民・公明党の中野総支部推薦の田中大輔氏(66)ら3人を破り、初当選を果たしました。自民党と公明党、維新が推した現職区長の田中大輔氏は、2002年に初当選した時には多選禁止を訴えて条例に規定を入れたが、前回の区長選で自らそれを削除された方でもありました。

閑話休題。酒井氏はこの日午前、会見し、争点となった多目的ホールの「中野サンプラザ」解体是非を含むJR中野駅北口の再開発については、白紙に戻し見直す考えを示しました。
当選した、酒井候補は、早大法学部時代から中野区に住み、区の職員となりました。約20年間務め、広報担当副参事などを歴任しました。その後、「住民の声が反映されぬまま、トップダウンで駅前再開発計画が進められている」として退職し、「全員参加のボトムアップで意思決定がなされる区政」を訴え立候補したものです。
酒井候補は、現職が中野サンプラザと区役所を解体して、1万人収容のアリーナを建設し、バスケットボールなどのプロスポーツチームを誘致する構想を明らかにした事に対して、「まずは立ち止まって区民の声を聞く。サンプラザはどこかで更新しなくてはいけないとは思うが、現在の2200人規模のホールは引く手あまただ。1万人収容アリーナを作れば多額の負債がのしかかる恐れがある。必要かどうかは検証委員会を作る」としていました。

~~~
(スポーツ報知 WEB 6/11(月) 12:38)
中野区はサンプラザと区役所を解体して、高層オフィスビルと1万人収容のアリーナを建設する計画を進めている。また「平和の森公園」の樹木を伐採し、体育館を移設する工事を進めているが、住民訴訟が起きて区民と係争中だ。 酒井氏は「1万人規模のアリーナが本当に必要か疑問だ。またサンプラザを残すならば、どれだけの費用がかかるかの議論もなされていない。平和の森公園の工事も含めて見直して、区民の皆さんとの意見交換会をしていきたい」と話した。年内には基本構想をまとめたい考えだ。
~~~
~~~
(NHK NEWS WEB 中野区長選 酒井氏が初当選 06月11日 10時33分)
任期満了に伴う東京・中野区の区長選挙は、11日開票が行われ、無所属の新人で、立憲民主党、国民民主党、自由党、社民党が推薦する元中野区職員の酒井直人氏(46)が、初めての当選を果たしました。中野区長選挙は、開票が終わっています。酒井直人、無所属・新、当選、3万6758票田中大輔、無所属・現、2万7801票吉田康一郎、無所属・新、1万4534票市川稔、無所属・新、1万2064票立憲民主党、国民民主党、自由党、社民党が推薦する新人の酒井氏が、自民党中野総支部、公明党中野総支部、日本維新の会の推薦を受けて5期目を目指した現職の田中氏やほかの新人2人を抑えて初めての当選を果たしました。酒井氏は46歳。中野区の職員をおよそ20年間務め、広報担当副参事などを歴任しました。選挙期間中、多目的施設「中野サンプラザ」などを解体して、1万人を収容できるアリーナを建設するという区の計画の見直しや、4期連続で区長を務めた田中氏の区政の刷新などを訴えました。酒井氏は、「区民の声が届かないトップダウンの区政から全員参加のボトムアップの区政に変えるため、区民との対話を大切にしたい」と話していました。投票率は34.45%で、前回の選挙を4.96ポイント上回りました。
~~~

【写真】: 昨晩の行政書士法人KIS近藤法務事務所訪問/史上初となる米朝首脳会談のため、トランプ米大統領と金正恩 朝鮮労働党委員長が10日、シンガポールに到着した。両首脳の宿泊先周辺が「特別行事エリア」に指定され、厳重な警戒態勢が取られる中の写真が、現地の友人から届きました。

タウンニュース厚木版(2018年6月8日号)に活動報告関係記事掲載/「活動報告 No.250 総務会長に就任」「今年度の役職」「”共生”憲章策定」「優先すべき課題」

本日発行の「タウンニュース厚木版(2018年06月08日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。

大見出しは「活動報告 No.250 総務会長に就任」、小見出しは「今年度の役職」「”共生”憲章策定」「優先すべき課題」です。

https://www.townnews.co.jp/0404/2018/06/08/435591.html

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算250回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も16年10ヶ月08日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

==========
【数字でみる佐藤知一】(2018年06月08日 現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2342日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 16年10ヶ月08日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算250回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1503万4600部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回18万部発行)総発行部数 -217万9000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木版(発行部数51,830部) 2018年6月8日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第250号)
※ 下の記事画像クリックから、サイズが大きくなります。

「タウンニュース厚木版(2018年05月25日号)」に県議会活動報告記事(通算249号)掲載/「活動報告 No.249 明日を創る挑戦 」「県議会開会中」「健全な危機感」「シガラミ無し」

本日発行の「タウンニュース厚木版(2018年05月25日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。

大見出しは「活動報告 No.249 明日を創る挑戦 」、小見出しは「県議会開会中」「健全な危機感」「シガラミ無し」です。

https://www.townnews.co.jp/0404/2018/05/25/433579.html

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算249回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も16年9ヶ月25日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

==========
【数字でみる佐藤知一】(2018年05月25日 現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2338日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 16年9ヶ月25日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算249回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1498万2770部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回18万部発行)総発行部数 -217万9000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木版(発行部数51,830部) 2018年5月25日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第249号)
※ 下の記事画像クリックから、サイズが大きくなります。

BBQ@小沢一郎邸(世田谷区)/第5回相模川ローズガーデンフェスティバル/厚木北地区役員歓送迎会/厚木南地区歓送迎会/厚木みなみ大通り歩行者天国(阿波おどり)/昨晩のあつぎYMCAこども食堂

本日は、第5回 相模川ローズガーデンフェスティバルが開催されました。
厚木みなみ大通り歩行者天国(阿波おどり)、相模川ローズガーデンを家族で廻らせて頂きました。

/午後は、「小沢一郎政治塾OB会 BBQ@小沢一郎邸(世田谷区)」に家族で参加しました。子供たちは、水鉄砲を手に庭で大はしゃぎでした。小沢一郎先生とも、お話をさせて頂き、帰りには、小沢邸入り口で、記念撮影をさせて頂きました。また、多くの仲間達とも、深い話をすることができました。引き続き、党派を超えて、しっかりと頑張って参ります。

/予定が重複したことで、出席できなかった第5回 相模川ローズガーデンフェスティバル開会式式典、厚木北地区役員歓送迎会、厚木南地区歓送迎会は、メッセージをお届けしました。

/夜は、同級生を偲ぶ会に出席する予定です。夜は、妻は、前からの予定があったので、子ども達を連れて参加します。

【写真】: 世田谷区にある小沢一郎邸で行われたBBQに家族で参加しました/昨晩のあつぎYMCAこども食堂/第5回相模川ローズガーデンフェスティバル/厚木みなみ大通り歩行者天国(阿波おどり)

本日発行「タウンニュース厚木版(2018年05月11日号)」に活動報告関係記事掲載/「活動報告 No.248 電話アンケート実施」「アンケート実施」「一時分析結果」

本日発行の「タウンニュース厚木版(2018年05月11日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。

大見出しは「活動報告 No.248 電話アンケート実施」、小見出しは「アンケート実施」「一時分析結果」です。

https://www.townnews.co.jp/0404/2018/05/11/431567.html

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算248回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も16年9ヶ月11日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

==========
【数字でみる佐藤知一】(2018年05月11日 現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2335日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 16年9ヶ月11日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算248回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1493万0940部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回18万部発行)総発行部数 -217万9000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木版(発行部数51,830部) 2018年5月11日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第248号)
※ 下の記事画像クリックから、サイズが大きくなります。

議会かながわ 平成30年第一回定例会 No.158 (平成30年5月9日発行)に掲載されています。

議会かながわ 平成30年第一回定例会 No.158 (平成30年5月9日発行)が、昨日、神奈川県内の新聞朝刊に折り込まれました。
2018年2月22日に登壇した私の本会議一般質問の要旨が、掲載されています。

議会かながわ 平成30年第一回定例会 No.158 (平成30年5月9日発行)

【写真】: 議会かながわ 平成30年第一回定例会 No.158 (平成30年5月9日発行)

毎年定期的に行っている「県政アンケート調査(電話)(通算6回目)」を4月28日から、昨日まで3日間に亘り、厚木市民を対象に実施しました/早朝議会活動報告は中心市街地交差点(通算2332日)/消防団月例会/内田歯科医院

ゴールデン ウィークのお休みは、私たち県民が地域の将来について話し合う良い機会です。私たち議員も情報公開と説明責任を果たし、信頼を得られる様、謙虚で真面目な活動が求められます。

毎年定期的に行っている「県政アンケート調査(電話)」を4月28日から、昨日まで3日間に亘り、厚木市民を対象に実施致しました。
これまでも葉書等を用いたアンケート調査を定期的に行って参りました。全市民を対象とした電話調査は、今回で6回目となります。多くの方々にご協力頂き感謝します。県政に対するご意見は、議会活動を通じ、県政に反映させて頂きます。

市議会・県議会を通じ、役職に恵まれ、様々な場面で多くの経験をしました。これからも地域政策要望を強く求めるだけでなく、常に対案を示し、政策実現に努めて参ります。私の原点は「故郷・厚木を政治の力で再生したい」という熱い思いです。厚木の県政課題解消に努めます。

県政アンケート調査結果の分析については、慶応義塾大学 武藤佳恭 環境情報学部教授(佐藤知一は、慶應義塾大学武藤佳恭研究室研究員)に依頼し、タウンニュース厚木版や月刊さとう拡大版(ニュースレター)紙面にて、ご報告をさせて頂いています。

私はこれまでも、政治活動を行うにあたり、汗をかくことを惜しまず、一方で、いい意味で効率的に民意を得ることを心がけてきました。ともすると検証不可能とされがちな政治活動であるからこそ、意識的に行っていくべきであると考えています。これまでも、慶応義塾大学 武藤佳恭 環境情報学部教授、株式会社グリーンシップ 田中明子社長をはじめ、その道の専門家と言われる方たちのアドバイスを受けつつ、アプローチの手法にも適宜 工夫を加え、県政アンケート調査を行って参りました。

今年度からは「政治にもっとテクノロジーを」と考える 株式会社VoiceJapan 高橋茂氏から、ネット戦略及び、アドバイスサポートを受けています。既に私のネット サポートチームとして、動画配信体制もスタートしています。
ネット選挙コンサルタントの 高橋茂氏は、2000年の長野県知事選挙(田中康夫候補)をきっかけに、エンジニアから政治におけるインターネット活用のスペシャリストとなった方です。過日の兵庫県知事選挙で惜敗した勝谷誠彦さんの選挙戦略を仕切った方でもあり、業界では非常に有名な方です。先月の西宮市長選挙(2018年4月15日投票)においては、初当選された石井登志郎候補のネット戦略も仕切って、当選に導いた方でもあります。僅差での勝利をものにしました。

選挙を来年に控えていますが、2003年の初当選以来、「変わらぬ日常活動の延長線上に選挙がある」をモットーとしています。慶応義塾大学 武藤佳恭 環境情報学部教授、株式会社グリーンシップ 田中明子社長、ネット選挙コンサルタント 高橋茂氏といった方々のサポートを受けられることは、我ながら凄いことであると認識しています。
とは言いつつも、引き続き、地道な活動を一つ一つ積み重ねて参ります。

/本日も子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(8歳)の小学校見送り、長女(5歳)を保育園に送り届けてから、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告(通算2332日)を行いました。本日は地元デー。午後は、内田歯科。あと、少しで治療も完了するとのことです。

夜は、学童クラブと保育園に子供達を迎えに行き、帰路につきます。子ども達に夕食を食べさせて、妻の帰りを待ちます。ご飯を食べさせ、風呂に入れ、妻の帰りを待って、夜のミーティング(本日は、消防団月例会・講習会)に出かけます。
我が家はフルタイムの共働きですが、夜の会合・打合せ・勉強会等のない日は、たいてい私が送り迎えをし、朝と夕食を用意します。県庁から帰る時は、スーパーで惣菜を買ったり、弁当だったりもします。それだけに可能な限り、手作りを心がけています。

ネット サポートチームが、過日の第20回 星槎国際高等学校 入学式挨拶をアップしてくれました。

私のネット サポートチームが、過日の第20回 星槎国際高等学校 入学式挨拶をアップしてくれました。
https://www.youtube.com/watch?v=kDoRgVFTmT8
(写真は、昨年の挨拶時のもの)

~~~~~~~~~
学校法人国際学園 星槎国際高等学校の関東地区 第20回入学式、及び入学祝賀会にお招きを頂きました。本日の入学者数(関東地区)は、725名です。入学式は「県立青少年センター大ホール」で挙行されました。
学校法人国際学園 星槎国際高等学校の関係者様には、卒業式・入学式など、節目の際には、毎年必ずお声掛け頂き心より感謝します。
当日も理事長をはじめ、関係者の皆様とじっくりとお話をすることができました。
日本国内のみならず、世界に視野を広げ、展開されている星槎グループも今や「幼稚園・中学校・高等学校・専門学校・大学・大学院・NPO・保育園(社会福祉法人)・学習塾・英語塾・芸術団体(劇団)」等々、現在は2万人を超える一大グループに成長しています。厚木市には、厚木学習センターが厚木市役所の隣にあり、厚木市下古沢には、星槎グループの多目的グラウンド「厚木総合グラウンド」も所有されています。入学生の皆様は、スポーツに 勉強に大いに励み、充実した学校生活を過ごされますよう、お祈りしています。何事にもチャレンジ精神で取り組んでください。