カテゴリーアーカイブ: メディア掲載情報

本日発行「タウンニュース厚木版(2018年05月11日号)」に活動報告関係記事掲載/「活動報告 No.248 電話アンケート実施」「アンケート実施」「一時分析結果」

本日発行の「タウンニュース厚木版(2018年05月11日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。

大見出しは「活動報告 No.248 電話アンケート実施」、小見出しは「アンケート実施」「一時分析結果」です。

https://www.townnews.co.jp/0404/2018/05/11/431567.html

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算248回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も16年9ヶ月11日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

==========
【数字でみる佐藤知一】(2018年05月11日 現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2335日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 16年9ヶ月11日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算248回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1493万0940部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回18万部発行)総発行部数 -217万9000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木版(発行部数51,830部) 2018年5月11日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第248号)
※ 下の記事画像クリックから、サイズが大きくなります。

議会かながわ 平成30年第一回定例会 No.158 (平成30年5月9日発行)に掲載されています。

議会かながわ 平成30年第一回定例会 No.158 (平成30年5月9日発行)が、昨日、神奈川県内の新聞朝刊に折り込まれました。
2018年2月22日に登壇した私の本会議一般質問の要旨が、掲載されています。

議会かながわ 平成30年第一回定例会 No.158 (平成30年5月9日発行)

【写真】: 議会かながわ 平成30年第一回定例会 No.158 (平成30年5月9日発行)

毎年定期的に行っている「県政アンケート調査(電話)(通算6回目)」を4月28日から、昨日まで3日間に亘り、厚木市民を対象に実施しました/早朝議会活動報告は中心市街地交差点(通算2332日)/消防団月例会/内田歯科医院

ゴールデン ウィークのお休みは、私たち県民が地域の将来について話し合う良い機会です。私たち議員も情報公開と説明責任を果たし、信頼を得られる様、謙虚で真面目な活動が求められます。

毎年定期的に行っている「県政アンケート調査(電話)」を4月28日から、昨日まで3日間に亘り、厚木市民を対象に実施致しました。
これまでも葉書等を用いたアンケート調査を定期的に行って参りました。全市民を対象とした電話調査は、今回で6回目となります。多くの方々にご協力頂き感謝します。県政に対するご意見は、議会活動を通じ、県政に反映させて頂きます。

市議会・県議会を通じ、役職に恵まれ、様々な場面で多くの経験をしました。これからも地域政策要望を強く求めるだけでなく、常に対案を示し、政策実現に努めて参ります。私の原点は「故郷・厚木を政治の力で再生したい」という熱い思いです。厚木の県政課題解消に努めます。

県政アンケート調査結果の分析については、慶応義塾大学 武藤佳恭 環境情報学部教授(佐藤知一は、慶應義塾大学武藤佳恭研究室研究員)に依頼し、タウンニュース厚木版や月刊さとう拡大版(ニュースレター)紙面にて、ご報告をさせて頂いています。

私はこれまでも、政治活動を行うにあたり、汗をかくことを惜しまず、一方で、いい意味で効率的に民意を得ることを心がけてきました。ともすると検証不可能とされがちな政治活動であるからこそ、意識的に行っていくべきであると考えています。これまでも、慶応義塾大学 武藤佳恭 環境情報学部教授、株式会社グリーンシップ 田中明子社長をはじめ、その道の専門家と言われる方たちのアドバイスを受けつつ、アプローチの手法にも適宜 工夫を加え、県政アンケート調査を行って参りました。

今年度からは「政治にもっとテクノロジーを」と考える 株式会社VoiceJapan 高橋茂氏から、ネット戦略及び、アドバイスサポートを受けています。既に私のネット サポートチームとして、動画配信体制もスタートしています。
ネット選挙コンサルタントの 高橋茂氏は、2000年の長野県知事選挙(田中康夫候補)をきっかけに、エンジニアから政治におけるインターネット活用のスペシャリストとなった方です。過日の兵庫県知事選挙で惜敗した勝谷誠彦さんの選挙戦略を仕切った方でもあり、業界では非常に有名な方です。先月の西宮市長選挙(2018年4月15日投票)においては、初当選された石井登志郎候補のネット戦略も仕切って、当選に導いた方でもあります。僅差での勝利をものにしました。

選挙を来年に控えていますが、2003年の初当選以来、「変わらぬ日常活動の延長線上に選挙がある」をモットーとしています。慶応義塾大学 武藤佳恭 環境情報学部教授、株式会社グリーンシップ 田中明子社長、ネット選挙コンサルタント 高橋茂氏といった方々のサポートを受けられることは、我ながら凄いことであると認識しています。
とは言いつつも、引き続き、地道な活動を一つ一つ積み重ねて参ります。

/本日も子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(8歳)の小学校見送り、長女(5歳)を保育園に送り届けてから、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告(通算2332日)を行いました。本日は地元デー。午後は、内田歯科。あと、少しで治療も完了するとのことです。

夜は、学童クラブと保育園に子供達を迎えに行き、帰路につきます。子ども達に夕食を食べさせて、妻の帰りを待ちます。ご飯を食べさせ、風呂に入れ、妻の帰りを待って、夜のミーティング(本日は、消防団月例会・講習会)に出かけます。
我が家はフルタイムの共働きですが、夜の会合・打合せ・勉強会等のない日は、たいてい私が送り迎えをし、朝と夕食を用意します。県庁から帰る時は、スーパーで惣菜を買ったり、弁当だったりもします。それだけに可能な限り、手作りを心がけています。

ネット サポートチームが、過日の第20回 星槎国際高等学校 入学式挨拶をアップしてくれました。

私のネット サポートチームが、過日の第20回 星槎国際高等学校 入学式挨拶をアップしてくれました。
https://www.youtube.com/watch?v=kDoRgVFTmT8
(写真は、昨年の挨拶時のもの)

~~~~~~~~~
学校法人国際学園 星槎国際高等学校の関東地区 第20回入学式、及び入学祝賀会にお招きを頂きました。本日の入学者数(関東地区)は、725名です。入学式は「県立青少年センター大ホール」で挙行されました。
学校法人国際学園 星槎国際高等学校の関係者様には、卒業式・入学式など、節目の際には、毎年必ずお声掛け頂き心より感謝します。
当日も理事長をはじめ、関係者の皆様とじっくりとお話をすることができました。
日本国内のみならず、世界に視野を広げ、展開されている星槎グループも今や「幼稚園・中学校・高等学校・専門学校・大学・大学院・NPO・保育園(社会福祉法人)・学習塾・英語塾・芸術団体(劇団)」等々、現在は2万人を超える一大グループに成長しています。厚木市には、厚木学習センターが厚木市役所の隣にあり、厚木市下古沢には、星槎グループの多目的グラウンド「厚木総合グラウンド」も所有されています。入学生の皆様は、スポーツに 勉強に大いに励み、充実した学校生活を過ごされますよう、お祈りしています。何事にもチャレンジ精神で取り組んでください。

本日発行「タウンニュース厚木版・伊勢原版(2018年04月27日号)」に活動報告関係記事掲載/「活動報告 No.247 ペンは剣よりも強し」「通算247号」「貫く『雑草魂』」「30歳で大学へ」「アンケート実施」

本日発行の「タウンニュース厚木版・伊勢原版(2018年04月27日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。

大見出しは「活動報告 No.247 ペンは剣よりも強し」、小見出しは「通算247号」「貫く「雑草魂」」「30歳で大学へ」「アンケート実施」です。

https://www.townnews.co.jp/0404/2018/04/27/429917.html

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算247回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も16年8ヶ月27日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

==========
【数字でみる佐藤知一】(2018年04月27日 現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2331日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 16年8ヶ月27日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算247回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1487万9110部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回18万部発行)総発行部数 -217万9000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木版・伊勢原版 2018年4月27日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第247号)
※ 下の記事画像クリックから、サイズが大きくなります。

政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2018年4月1日号(年3回発行)配布中/早朝議会活動報告は中心市街地交差点(通算2330日)

本日も子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(8歳)の小学校見送り、長女(5歳)を保育園に送り届けてから、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。(通算2330日)

本日は地元デー。午後は、内田歯科。あと、二回くらいで治療も完了するとのことです。

/政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2018年4月1日号(年3回発行)を配布しています。

月刊さとう号外は、年3回~4回、厚木市内を中心に毎回18万枚を目標に配布しています。
(月刊さとう 特別版・号外の総発行部数は、今号は15万部発行。今号発行分で、合計217万9000部となります。)

既に新聞折込などで、8万部を配布済みですが、昨日・今日・明日の日程で、厚木市内を中心におよそ7万部を配布する予定です。お電話を頂くなど、すでに反応を頂いています。

政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2018年4月1日号 (発行部数 15万部)

本日発行の「タウンニュース厚木版(2018年04月20日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。

本日発行の「タウンニュース厚木版(2018年04月20日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。

政治の村ホームページは、数年前より活用しています。私(さとう知一)のブログ記事のリンクをはじめ、タウンニュースホームページ厚木版へのバナー掲出(現在継続中)をしています。
政治の村ホームページの「アクセス数」については、
「さとう県議のブログアクセス数は、他の有料契約議員に比べてダントツで多い数字(常に月間で上位)となっております。(原文のまま)」 とのコメントをご担当者から頂いています。

担当者からの言葉にもあります通り、ありがたいことに「政治の村HP」の中の私の政治家ブログは、ダントツにアクセス数が多く、「常にトップ」とのことです。
といいましても、私の公式ブログのアクセス数と比して、まだまだ、改善の余地がありますので、引き続き頑張ります。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2018年04月20日 現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2328日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 16年8ヶ月20日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算246回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1479万9830部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回18万部発行)総発行部数 -217万9000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木版(発行部数51,830部) 2018年4月20日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第246号)
※ 下の記事画像クリックから、サイズが大きくなります。

本日発行「タウンニュース厚木版(2018年4月13日号)」に活動報告関係記事を掲載/「活動報告 No.245 厚木の声を県政に」「次世代への責任」「佐藤知一の提案」

本日発行の「タウンニュース厚木版(2018年04月13日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。

大見出しは「活動報告 No.245 厚木の声を県政に」、小見出しは「次世代への責任」「佐藤知一の提案」です。

https://www.townnews.co.jp/0404/2018/04/13/428033.html

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算245回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も16年8ヶ月13日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2018年04月13日 現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2325日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 16年8ヶ月13日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算245回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1474万8000部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回18万部発行)総発行部数 -217万9000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木版(発行部数51,830部) 2018年4月13日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第245号)
※ 下の記事画像クリックから、サイズが大きくなります。

昨晩は、TVK(テレビ神奈川)にて、私の予算委員会質疑の模様が録画放送/政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2018年4月1日号、明日(30日金曜日)の新聞折込み(厚木市内)、まずは、読売新聞・朝日新聞

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、子ども二人(長男8歳と長女5歳)を学童保育へ見送り、保育園に送り届けてから、事務所にいったん寄り、公務に就きました。

県政調査での東北出張の為、3日間、地元を空けていましたので、その間の雑務から入りました。昨晩は、TVK(テレビ神奈川)にて、私の予算委員会質疑の模様が録画放送されていました。本日、厚木市役所(教育委員会)にお伺いした時も、課長さん他、職員の方々から「見ましたよ」というお言葉を頂きました。

/政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2018年4月1日号を作成しました。明日から順次配布する予定です。
月刊さとう号外は、年3回~4回、厚木市内を中心に毎回18万枚を目標に配布しています。(月刊さとう 特別版・号外の総発行部数は、今号は15万部発行。今号発行分で、合計217万9000部となります。)

明日(30日金曜日)の新聞折込み(厚木市内)、朝日新聞、読売新聞、及び、愛川町の新聞店が受持つ、厚木市分の新聞に「政策チラシ『月刊さとう号外・ケンオウニュース』2018年4月1日号」が、タウンニュース厚木版と一緒に折り込まれる予定です。まずは、4万5800部を新聞折込とします。毎日新聞、神奈川新聞、東京新聞、産経新聞、日経新聞は、来週金曜日に折込予定です。

※ 今週3月29日前後、バックナンバーを合計5000部、厚木市の北部(依知地区)を中心に配布(ポスティング)する予定です。併せて、ご覧下さい。

政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2018年4月1日号 (発行部数 15万部)

明日から県政調査。岩手県・岩手県紫波町・岩手県に派遣されます/昨日の市道赤坂竹ノ内線開通式・テープカット・渡り初めの様子を動画に取りまとめてアップして頂きました。

明日3月26日から28日までの日程で、県政調査として「秋田県横手市、岩手県紫波町、岩手県」に派遣されます。県外調査は、地方自治法第100条第13項の規定に基づき、議案の審査又は県の事務に関する調査等のために、議員を派遣するものです。

今回の県政調査は、初日は、厚木市の友好都市として長く交流を持つ、横手市教育委員会にお伺いします。私が市議会議員時代に1期目、2期目と共に市議会議員として交流をした高橋大市長にも、表敬訪問をさせて頂く予定となっています。
高橋大市長は、市議を2期務めた後、市長となり、私は、県議となりましたので、その後の交流は、密ではありませんでしたが、今回の県政調査を機にご挨拶にお伺いすることとなりました。議会局を通じて、快く、お受け頂き感謝しています。

2日目は、日本で一番視察が多いといわれる「オガールプロジェクト(岩手県紫波町)」に午前と午後の2回に分けて、調査にお伺いさせて頂くこととなりました。

日経BP総研(日経BP社)による全自治体を対象に行政視察の受け入れに関する実態を尋ねるアンケート調査を実施し、結果を「視察件数ランキング」として取りまとめたものがありますが、2016年度の自治体職員・議員による視察の受け入れ件数が最も多かった事業は、岩手県紫波町が民間主導型で駅前開発に取り組んだ「オガールプロジェクト」でありました。
「視察件数は270件と、2位以下を大きく引き離して断トツだった。事業開始は2007年4月であり、まる10年を経た2017年4月にグランドオープンの催しを開いたところだ。ほとんど利用されていなかったJR紫波中央駅前の町有地10.7ヘクタールに、役場の新庁舎、官民複合施設、サッカー場、体育館、図書館、宿泊施設、保育園、住宅地などを、PFI、代理人方式、定期借地など多様なPPP(公民連携)手法を駆使して整備したのが特徴である。」
この数年間、私が最も、視察に行きたかった自治体です。

3日目は、岩手県庁に「マンガを活用した地域振興の取り組みについて」調査に伺います。
非常に密な日程となっておりますが、しっかりと調査を行い本県における「確かな学力の向上を図るための取組」、「地域課題の解決を図る取組」、「かながわスマートエネルギー計画の推進に向けた取組」、「文化施策及び、広報活動の取組」に資するものとするべく調査して参ります。

【写真】: 昨日の市道赤坂竹ノ内線開通式・テープカット・渡り初めの様子を平素からお世話になっているあつぎ市民リポーターの方が、動画に取りまとめてアップして頂きました。ケーブルテレビで放映されるかどうかは、存じ上げませんが、いつも、お心遣いを頂き、心より感謝しています。