Category Archives: 政務調査活動(視察)

昨日の総務政策常任委員会/笹原和織清川村議会議長と面談/「東海大学 現代教養センター チャレンジセンター」「同 地域連携センター・地域課」現地調査/厚木神社では、責任役員・氏子の皆さんが、正月・初参りを控えて、木の枝の伐採、提灯配線設置/長男サッカー(フットサル)教室

昨日は8つの常任委員会が開会されました。佐藤知一は、総務政策常任委員会に所属しています。神奈川県議会において、総務政策常任委員会は、8つある常任委員会の県政順位第一位ということもあり、委員会採決日である本日は、全ての常任委員会の終了を待って、閉会となります。一番最後まで残り、責任を果たす役目があります。
昨日の総務政策常任委員会の終了時刻は、午後9時30分を廻っていました。

40年にわたり人権意識や多様性を育む中核を担ってきた「県民局」を廃止して機能を分散させる大改造に異論が相次ぎました。今回提案されている条例案では、本庁機関(知事部局)再編案が示されております。局の統廃合を伴う13年ぶりの大規模改編となります。現行の9局体制を10局に増やし、社会情勢の変化に合わせて重要課題への迅速かつ的確な対応を目指すとしています。

また、私の委員会の所管ではありませんが、県立がんセンター(横浜市旭区)で、放射線科の医師6人のうち4人が、来月末までに退職する意向であることが報告されています。重粒子線治療は、加速器で加速した重粒子を塗りつぶすように病巣に照射する最先端の治療法です。国は一部を除いて保険適用外の「先進医療」に位置づけ、実施機関の要件を定めていますが、専門の常勤医2人以上の専従と、1年以上の経験がある医師による治療が必要で、同センターは4人が退職すると要件を満たさなくなります。
県は、本日(19日)原因などを調べるため地方独立行政法人法に基づく調査委員会を全国で初めて設置したと発表しています。
「いずれも「一身上の都合」というが、厚労省の定める「先進医療」の継続を巡っての見解の相違や、医師間の対立などが背景にあるとみられる。(朝日新聞)」との報道もあります。
非常に大きな問題でありますが、現実を見据えつつ、議論して参ります。

多くの課題を一つ一つ丁寧に取り上げてはいるものの、結論を出すことは、簡単ではありません。明日は、明後日の本会議採決に向けた調整日です。深夜遅くまでかかることもありますが、心して臨みたいと思います。

/本日は、東海大学で教鞭をとる笹原和織先生を訪ねて、東海大学に行って参りました。笹原先生は、清川村議会議員でもあり、現在、清川村議会 第38代議長の職にあります。また、神奈川県PTA協議会会長ということで、今年から、PTA活動に首を突っ込んだ私から見るとピラミッドの上に立つ人でもあります。

閑話休題。東海大学湘南キャンパス(平塚市)の職員食堂にて、昼食をとり、その後、笹原先生の案内で、「東海大学 現代教養センター チャレンジセンター」「同 地域連携センター・地域課」を廻らせて頂きました。岡田工 センター長、曽我研郎 課長代行のお二人にご対応頂きました。東海大学 チャレンジセンターは多様な人々との関わり合いの中から「自ら考える力・集い力・挑み力・成し遂げ力」を身につけた社会に貢献できる人材を育てる教育プログラムです。総合大学として多様な学部・学科における専門性と、社会的実践力を身につけさせる教育プログラムを連携させていくと共に、大学に求められている時代のニーズに柔軟に耳を傾けながら、東海大学が担うべきUSR(University Social Responsibility=大学の社会的責任)を果たすものとして、存在しているとのことです。大変勉強になりました。笹原議長に感謝です。

/本日は、七沢地区、厚木地区を廻らせて頂きました。厚木神社では、責任役員・氏子の皆さんが、正月・初参りを控えて、木の枝の伐採、提灯配線設置をされていました。皆様にご挨拶をさせて頂きました。

/夕方は、長女を迎えに行きつつ、長男の長男サッカー(フットサル)教室を見学し、その後、子供達と帰路につきました。子ども達に夕食を食べさせて、風呂に入れて、洗濯もして、子供たちの寝かしつけ、そして、妻の帰りを待ちます。本日は、帰宅から、夕食を作り(しっかりとしたものを作りました)、食べさせて、風呂に入れて、洗濯物を干し、子供の寝かしつけまでの時間は、およそ80分。我ながら、スムースに行ったと思います。そして、今、私は残った仕事に取り掛かっています。
明日も頑張ります。

【写真】: 昨日の総務政策常任委員会/笹原和織清川村議会議長と面談/「東海大学 現代教養センター チャレンジセンター」「同 地域連携センター・地域課」現地調査/厚木神社では、責任役員・氏子の皆さんが、正月・初参りを控えて、木の枝の伐採、提灯配線設置/長男サッカー(フットサル)教室

明後日は長女5歳の誕生日。妻の実家から、誕生日プレゼントが届きました/西仲自治会の年末美化清掃開会式・美化清掃活動/泉町自治会(美化清掃&餅つき大会)/海老名市立図書館。いわゆる「TSUTAYA図書館」/木造建物で色彩に配慮したローソン ビナガーデンズ店/新自由通路にも接続する飲食中心の商業施設 「TERRACE」/家族で海老名駅周辺で昼食

朝8時から厚木市で全市的に行われた「年末美化清掃」に長男と一緒に参加しました。今年も厚木北地区の西仲自治会と厚木南地区の泉町自治会の美化清掃に参加しました。

西仲自治会の年末美化清掃開会式では、ステージ上から、一言ご挨拶をさせて頂き、およそ1時間のゴミ拾いに出発しました。
自治会子ども会の子・保護者の方たちと一緒に廻り、沢山、ごみを拾いましたが、タバコの吸い殻の多さに長男はあらためて驚いた様子でした。

昨年の長男とのやり取りはこんな感じでした。
~~~~~
「うちでは、タバコを吸う人がいなくてよかった」と一言。
「でもね。タバコを吸う人が、みんな、ポイ捨てするわけじゃなくて、ちゃんとルールを守って吸っている人の方が、本当は多いと思うよ」と伝えておきました。
~~~~~

今年もそんな感じの会話をしつつ、美化清掃に参加しました。他にも泉町自治会(美化清掃終了後は、餅つき大会)等をいくつか廻らせて頂きました。

/明後日は長女5歳の誕生日。妻の実家から、誕生日プレゼントが届きました。サンリオ ぼんぼんりぼんちゃん キャリーバッグ入り お菓子セットと同じくお菓子の入ったショルダーバッグ、それにぼんぼんりぼんちゃんのニット帽 です。プレゼント第一弾に大喜びでした。

12月と1月だけで、長女の誕生日(12月5日)、クリスマスイブ(12月24日)、結婚記念日(12月25日)、正月、私の誕生日(1月12日)、長男の誕生日(1月26日)と目いっぱいイベントが目白押しです。もちろん、忘年会・新年会も他の議員と比して少ないとは言いつつも、大変多くの方々からお声掛け・ご招待頂いております。一年間を通じて、イベントもばらけてくれるとお祝いもしやすいのですが、こればかりは仕方ありません。

/長男は、午前中は町田で体験学習を受け、午後は、海老名市で将棋教室。長男は本日から、将棋教室に通い始めました。初めに指導者の方と面接し、短い模擬対局(将棋の指し方ができるかのチェック)を経て、小学生たちと夕方まで対局をしました。4勝5敗とのことでしたが、とても楽しい時間だったようです。

その間、海老名市立図書館にお伺いしました。海老名市立図書館は、いわゆる「TSUTAYA図書館」で、武雄市図書館に次ぐ全国で2例目となった図書館です。
2014年からは指定管理者制度による運営を開始、カルチュア・コンビニエンス・クラブ (CCC) および TRC の共同事業体が指定管理者となっている。2015年には中央図書館がフロア規模を拡大し、書店やカフェを併設して改装オープンしています。

昼食は、家族で海老名駅周辺でとりましたが、小田急とJRの駅舎間エリアの開発も進み、人手も多くありました。エリア内の先行開発として2017年4月に木造建物の「ローソン ビナガーデンズ店」が開業、さらに今年11月には新自由通路にも接続する飲食中心の商業施設 「ViNA GARDENS TERRACE」が開業しています。家族と一緒に少し回らせて頂きました。

【写真】: 明後日は長女5歳の誕生日。妻の実家から、誕生日プレゼントが届きました/西仲自治会の年末美化清掃開会式・美化清掃活動/泉町自治会(美化清掃&餅つき大会)/海老名市立図書館。いわゆる「TSUTAYA図書館」/木造建物で色彩に配慮したローソン ビナガーデンズ店/新自由通路にも接続する飲食中心の商業施設 「TERRACE」/昼食は、家族で海老名駅周辺でとりました。

「稼ぐ公共」要望が実現しました/「公益財団法人 宮ヶ瀬ダム周辺振興財団」は、平成29年11月28日付けで、観光庁から、観光地域づくりの舵取り役である「日本版DMO法人」として登録されました

「公益財団法人 宮ヶ瀬ダム周辺振興財団」は、平成29年11月28日付けで、観光庁から、観光地域づくりの舵取り役である「日本版DMO法人」として登録されました。今回、観光庁が「日本版DMO法人」の第1弾登録として行ったもので、全国で41法人、神奈川県内では3法人が登録されました。

これは、宮ヶ瀬周辺施設の指定管理者には、宮ヶ瀬地域の歴史的な経緯に対する深い理解が求められ、また、住民の方々の気持ちに寄り添った地域の振興策の展開が求められている一方で、宮ヶ瀬湖周辺地域の来訪者数は平成17年度に120万人、平成25年度で84万人と大幅に減少していることを受けて、私自身、以下の様に繰り返し神奈川県議会で取り上げて参りました。

平成28年第3回定例会 2016年12月9日 総務政策常任委員会
平成26年第2回定例会 2014年6月27日総務政策常任委員会
平成26年第2回定例会 2014年7月3日総務政策常任委員会(意見発表)
平成26年第3回定例会 2014年9月30日総務政策常任委員会
平成25年第3回定例会 2013年10月2日環境農政常任委員会
平成24年第3回定例会 2012年10月4日地方分権・行財政改革特別委員会
平成23年第3回定例会 2011年12月9日県民企業常任委員会

(公財)宮ヶ瀬ダム周辺振興財団がDMOとなり、新たな観光地づくりを図る取り組みについても、いち早く、議会で取り上げました。
地域の稼ぐ力を引き出すとともに、地域への誇りと愛着を醸成する観光地経営の視点に立った観光地づくりのかじ取り役として、多様な関係者と協働しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地づくりを普及するための戦略を策定することを求めました。戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人となるよう強く要望して参りましたが、登録してからが、本当の意味でのスタートであります。

厚木市七沢・飯山を含めたエリアも含め、「地域の稼ぐ力」を120%引きだし、成果を出すことができるように議会としてもしっかりと取り組んで参ります。

~~~~~
申請区分: 地域連携DMO
日本版DMOの名称: (公財)宮ヶ瀬ダム周辺振興財団
マーケティング・マネジメント対象とする区域(自治体単位): 【神奈川県】厚木市、愛川町、清川村、相模原市

登録の概要
(1)法人名 公益財団法人宮ヶ瀬ダム周辺振興財団(神奈川県愛甲郡清川村宮ヶ瀬940-4)
(2)代表者 理事長 和田 久
(3)設立  平成4年10月1日
(4)従事者数 122名
(5)区分 地域連携DMO(複数の市町村に跨がる区域を対象)
(6)マーケティング・マネジメント対象とする区域
相模原市の一部(緑区根小屋、長竹、青山、鳥屋)、厚木市の一部(飯山、七沢)、
愛甲郡愛川町及び清川村の全域
(7)コンセプト「都市から一番近いオアシス 水源地宮ヶ瀬」
(8)登録までの経過
平成29年 3月28日 財団が観光庁に日本版DMO候補法人登録申請
平成29年 5月12日 観光庁が当財団を日本版DMO候補法人として登録
平成29年10月26日 財団が観光庁に日本版DMO登録申請
平成29年11月28日 観光庁が当財団を日本版DMO法人として登録

(9)財団の取組概要
PDF: 「都市から一番近いオアシス 水源地宮ヶ瀬」~日本版DMO推進に向けて~

 日本版DMO形成・確立計画   日本版DMO形成・確立計画(概要)

<参考>日本版DMO法人とは
日本版DMOは、地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、多様な関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人です。
「Destination Management/Marketing Organization」の略
~~~~~

慶應義塾全国議員連盟 平成29年度総会・講演会・懇親会・懇親会二次会の写真/津倉武之 慶應義塾大学准教授・浅野史郎 元宮城県知事 神奈川大学教授・石破茂 衆議院議員・壬生基博 森アーツセンター 副理事長

昨日行われた、慶應義塾全国議員連盟 平成29年度総会・講演会・懇親会・懇親会二次会の写真をアップします。
慶應義塾全国議員連盟の前身「慶応義塾全国市議会議員連盟」の時から、私も中心メンバー(当時、厚木市議会議員、現在、副会長)として活動をして参りました。もちろん、自民党、民進党、社民党、公明党、無所属や地域政党etc.と党派を超えた集まりです。
もともと慶応義塾市議会議員連盟として、平成13年11月3日に発足した団体ですが、前々回の統一地方選で、私を含め3名が県議会議員に転身したことから、平成21年の総会において、会の名称を「慶應義塾全国議員連盟」と改めました。現在は、現役地方議員およそ150名と元地方議員およそ50名で運営しています。壷田重夫会長(第三代会長)と共に力を合わせて盛り上げています。

昨日の研修会会場は、慶應義塾大学・三田キャンパスで、一日行われました。(懇親会二次会は「つるのや」)
佐藤知一も副会長として出席をしました。午後1時から午後7時まで、みっちりと真面目に研修会を受講しました。
以下の日程にもあります通り、非常に豪華な講師陣での講演会で、どこにも負けない内容の研修会となっています。

~~~~~~
慶應義塾全国議員連盟 平成29年度総会・講演会日程
1、総会
2、講演会1 「体育会に見る福澤イズムと慶應らしさ」 慶應義塾大学准教授 津倉 武之 先生(議連顧問)
3、講演会2 「地方自治について」 神奈川大学教授 浅野 史郎 元宮城県知事(議連顧問・会友)
4、講演会3 「最近の政治国際情勢」 衆議院議員 石破 茂 先生(議連顧問)
5、講演会4 「街創りにおける文化戦略~六本木ヒルズ」 壬生 基博 先生
wikipedia 壬生家(藤原北家中御門流)より引用「 基博は、昭和天皇の第1皇女成子内親王と東久邇宮稔彦王の長男盛厚二男。壬生家の養子となり、第一ホテル専務などを務めた。」
6、懇親会
~~~~~~

【写真】: 慶應義塾全国議員連盟 平成29年度総会・講演会・懇親会・懇親会二次会の写真

慶應義塾全国議員連盟 平成29年度総会・講演会・懇親会(講師:浅野史郎 元宮城県知事、石破茂代議士、津倉武之 慶應義塾大学准教授、壬生基博 先生)/早朝議会活動報告は本厚木駅北口及び、中心市街地交差点。本日で通算2284日目/タウンニュース厚木版(2017年11月17日号)に活動報告関係記事掲載

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(7歳)の小学校見送り、長女(4歳)を保育園に送り届けてから、本厚木駅北口及び、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。平日毎日行っている早朝議会活動報告は本日で通算2284日目(延べ日数ではなく実数)となります。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。

ただ、子どもが小学校にあがったことや県議会・党県連等での役職に恵まれることで、早めの登庁が義務付けられることが多くなり、朝の街頭活動の時間を取りにくくなりました。昨年夏から、夕方・夜の街頭活動を復活させています。通算2284日という回数ですが、延べ日数ではなく実数ですので、朝・夕・晩と複数回立っても、増えることはありません。毎日の小さな積み重ねは、応援して頂く人たちへの「私の感謝の想い」を述べるつもりで行っております。

今朝は冬の到来を感じさせるほどの寒さでした。握手をして頂いた方々には、冷たい手で大変失礼をしたと思います。次からは手袋を準備します。

/本日発行の「タウンニュース厚木版(2017年11月17日号)」に私の活動報告関係記事をご掲載頂きました。いつもの場所と違い、今回は裏一面です。タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。市議時代は年6回、県議就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算235回目となりました。

/本日は、慶應義塾全国議員連盟 平成29年度総会・講演会・懇親会・懇親会二次会が行われます。
慶應義塾全国議員連盟の前身「慶応義塾全国市議会議員連盟」の時から、私も中心メンバー(当時、厚木市議会議員、現在、副会長)として活動をして参りました。もちろん、自民党、民進党、社民党、公明党、無所属や地域政党etc.と党派を超えた集まりです。
もともと慶応義塾市議会議員連盟として、平成13年11月3日に発足した団体ですが、前々回の統一地方選で、私を含め3名が県議会議員に転身したことから、平成21年の総会において、会の名称を「慶應義塾全国議員連盟」と改めました。現在は、現役地方議員およそ150名と元地方議員およそ50名で運営しています。壷田重夫会長(第三代会長)と共に力を合わせて盛り上げています。
本日の会場は、慶應義塾大学・三田キャンパスで、一日行われます。佐藤知一も副会長として出席をします。以下の日程にもあります通り、非常に豪華な講師陣で、講演会を行います。どこにも負けない内容の研修会となっています。

~~~~~~
慶應義塾全国議員連盟 平成29年度総会・講演会日程
1、総会
2、講演会1 「体育会に見る福澤イズムと慶應らしさ」 慶應義塾大学准教授 津倉 武之 先生
3、講演会2 「地方自治について」 神奈川大学教授・慶應議連会友 浅野 史郎 元宮城県知事
4、講演会3 「最近の政治国際情勢」 衆議院議員 石破 茂 先生
5、講演会4 「街創りにおける文化戦略~六本木ヒルズ」 壬生 基博 先生
wikipedia 壬生家(藤原北家中御門流)より引用「 基博は、昭和天皇の第1皇女成子内親王と東久邇宮稔彦王の長男盛厚二男。壬生家の養子となり、第一ホテル専務などを務めた。」
6、懇親会
~~~~~~

【写真】: 早朝議会活動報告は本厚木駅北口及び、中心市街地交差点。本日で通算2284日目

メモ:71回 神奈川県屋外広告物審議会(横浜情報文化センター・大会議室)

11月13日(昨日)、第71回 神奈川県屋外広告物審議会が、横浜情報文化センター(大会議室)にて行われました。私自身は、市議会議員時代より、景観を向上することから「まち」の価値を上げることを常に考えてきました。「まち」の景観を高めることが、観光客誘致につながるだけでなく、移住者を呼び込むこととなる。そして、それこそが、真に持続可能な発展をもたらすと考えているからです。

都市景観を考慮しない無秩序な開発や建築が多く、景観に対する意識の高まりを受けて、平成16年12月に施行されたのが、いわゆる「景観緑三法」(景観法、景観法の施行に伴なう関係法律の整備に係る法律、都市緑地保全法等の一部を改正する法律)です。

都市計画法改正(平成17年6月1日施行)によってこの「美観地区」が廃止され、「景観地区」が新設されました。従来の「美観地区」は、すでに形成されている市街地の美観を維持することが目的だったため、良好な景観をこれから創りだそうという地区には適用することができませんでした。それが「景観地区」によって可能となりました。
市街地における景観意識の高まりにより、「景観地区」が全国各地で指定される動きはありますが、現状、それほど多くはありません。

【景観法第61条】市町村は、都市計画区域又は準都市計画区域内の土地の区域については、市街地の良好な景観の形成を図るため、都市計画に、景観地区を定めることができる。

景観行政の枠の中で一部分を形成する屋外広告物も、そういった考え方で施策展開をしていくことが重要であると考えています。

県では、神奈川県屋外広告物条例のもと、現在、総合的な屋外広告物政策を進めています。「屋外広告物の安全性を高める取組」については、平成 27 年2月に札幌市での看板落下事故が発生しました。その後、県では速やかに啓発チラシの配布など、屋外広告物の安全性を高める取り組みを実施してきました。一方、国では、この事故を踏まえて、平成 28 年4月に行い広告物条例ガイドライン案を改正しました。

また、今回、指定検討地区として「大山バイパス周辺広告景観形成地区」が報告されました。
伊勢原市の大山地区は、「大山詣り」が日本遺産に認定(文化庁認定)され、また、県の「新たな観光の核づくり認定事業」とされた大山魅力再発見「平成大山講」プロジェクトが進められている。これらは、歴史的観光地「大山」の魅力を再発見・再評価し、発信することで、かつての大山詣りの賑わいと風情が感じられる観光地づくりを進めるものであります。

指定検討の目的は、大山バイパス周辺は、新東名高速道路の供用等に伴い沿道環境の変化や観光客等の増加により、屋外広告物の表示の場としての需要増が見込まれます。当該地区の景観の特徴は、豊かな自然と大山詣りの風情が漂う、広がりのある沿道環境にあります。これが地域の原風景であり、来訪者が大山に至るまでのルートであるこの景観を守ることが、大山全体の雰囲気を醸し出し、観光地の魅力向上の観点からも重要であります。
こうしたことから、屋外広告物の表示に関して、「野立て看板の乱立を防ぐ」「道路からの景観を守る」「色のコントロールをする」等、広告物の乱立等を防ぐための基準を定め、当該地区の良好な景観形成を図っていくことが目標・目的としてあります。

(メモ)
神奈川県屋外広告物条例の概要について
条例の目的: 神奈川県では、「良好な景観の形成」、「風致の維持」、「公衆に対する危害の防止」を図るため、屋外広告物法に基づいて、屋外広告物の表示等に関する基準などを定めている。
県条例の適用範囲:
独自に条例を制定している市の状況。
(1)政令市、中核市は、屋外広告物法の大都市特例により、独自の条例を制定。
(2)景観行政団体の6市は、景観行政団体である市町村の特例により、①広告物の表示等の禁止、制限など、以下4つの事項について独自条例を制定。

政令市と中核市の4市、景観行政団体6市は、独自条例を制定している。 この結果、県条例を適用されている市町村は、 23 市町村。 14 市町村は、事務処理の特例に関する条例により、許認可権限を市町村に移譲。

屋外広告業登録制度:
屋外広告業を営もうとする方は、知事の登録を受ける必要がある。県条例により登録が必要な区域は、政令市・中核市の4市は独自の登録業務が行えるので、それ以外の 29 市町村。
また、知事の登録を受けた業者は、政令市・中核市、それぞれ届け出を行えば、市登録業者とみなす、片方みなし制度により業者の方々の負担軽減も図っている。

 

小学校PTA 成人教育委員会「家庭教育学級開設事業」料理教室/第71回 神奈川県屋外広告物審議会(横浜情報文化センター 大会議室)/平成29年度 大山・丹沢山系鳥獣等問題市町村議員連盟連絡協議会 研修会(厚木市保健福祉センター)/座間荻野線建設促進協議会要望活動(神奈川県庁)

本日は、「平成29年度 大山・丹沢山系鳥獣等問題市町村議員連盟連絡協議会 研修会」が、午後2時から、厚木市保健福祉センター(ホール)にて開催され、また、座間荻野線建設促進協議会要望活動が、午後2時から、神奈川県庁への要望活動(黒岩知事への要望活動/厚木土木事務所への事前報告は午前11時)、同じく、午後2時から、第71回 神奈川県屋外広告物審議会が、横浜情報文化センター(大会議室)にて行われました。

午後2時に厚木と横浜(県庁と情文センター)の3か所で行われました。私は、議会選出の神奈川県屋外広告物審議会委員ですので、神奈川県屋外広告物審議会に出席をさせて頂きました。それぞれ、参与・顧問として、出席をさせて頂いている 大山・丹沢山系鳥獣等問題市町村議員連盟連絡協議会 研修会、座間荻野線建設促進協議会要望活動は、今回は欠席とさせて頂きました。

/「大山丹沢山系鳥獣等問題市町村議員連絡協議会」は、鳥獣被害やヤマビル被害対策に対して、「地域を超えて連携し解決に向けた取り組みをしていきましょう」という市議会議員による超党派の勉強会です。丹沢周辺の厚木市、相模原市、秦野市、伊勢原市、愛川町、清川村の議員で構成しています。私たちが厚木市議会議員時代に立ちあがり結成しました。つまり、私も大山・丹沢山系鳥獣議連(通称)チャーターメンバーの一人です。
市議会議員時代(当時、厚木市議会副議長)には、役員・中心メンバーとして活動をしておりました。現在は、地元選出県会議員として同協議会に加わり、鳥獣被害対策を推進しています。これまでも、黒岩祐治神奈川県知事に対して、鳥獣被害対策について要望する等、県議会の立場から、共に努力しています。

本日は「鳥獣被害の防止と捕獲について・鳥獣被害対策事業の基本」をテーマに、一般財団法人自然環境研究センター 鳥獣被害防止部 主任研究員 岩野恒尚様の御講演が行われたと仄聞しています。

/本日は、朝から、小学校PTAの「家庭教育学級開設事業」の一環として行う料理教室に所管委員会の委員長として、出席しました。
委員の皆様が中心となって準備を進めて頂いておりました本日の企画ですが、32人の定員いっぱいで開催することができました。私は委員長として、開会のあいさつと司会を務めさせて頂きましたが、午後2時から、開催される「第71回 神奈川県屋外広告物審議会」に出席するため、最後の試食と集合写真の撮影前に会場を離れることとなりました。厚木ガス中町ショールームの料理教室を会場にお借りして、「NZ風 チキンクリームパイ」「ピーラーで簡単サラダ」「NZ風 ハニービスケットボール」を作りました。

私は、元和食の調理師でもありましたし、料理をすること自体が好きなので、本日は、とても楽しく過ごすことができました。

高橋PTA会長や小柳校長先生も、ご挨拶にお越し頂きました。担当者、参加者の皆様を含む関係各位に感謝します。

~~~
小学校PTA 成人教育委員会は、子どもたちの健やかな成長と心豊かな人間形成のため、保護者の役割や安らぎとうるおいのある楽しい家庭作りなどについての学習を行う「家庭教育学級開設事業」の円滑な実施を目的とする委員会です。今年度の主な活動は、給食試食会、料理教室、おなか元気&美容教室を主催し、厚小フェスでは、ボディペイントと袋菓子販売を行いました。その他にも運動会やあいさつ運動などPTA活動に積極的に協力しています。
~~~

【写真】: 小学校PTA 成人教育委員会「家庭教育学級開設事業」・料理教室の様子。最後の「NZ風 チキンクリームパイ」出来上がり写真は、私の作ったもので、焼き上がり後、メンバーが撮影して送信してくれました。美味しそうに焼き上がりました。
 

写真追加: 11月10日(金) 番外編: 黒潮市場 生マグロ(近大マグロ)解体ショー<神奈川県議会 東京オリンピック・パラリンピック・ラグビーワールドカップ特別委員会 県外調査>

<神奈川県議会 東京オリンピック・パラリンピック・ラグビーワールドカップ特別委員会 県外調査>
11月10日(金) 和歌山マリーナシティ内 黒潮市場

最終日の視察先である 和歌山セーリングセンターの現地調査終了後、昼食を黒潮市場にて取りました。和歌山セーリングセンター、黒潮市場も同じ、和歌山マリーナシティ内にあります。
黒潮市場は、昭和30年代のレトロな館内やまぐろの豆知識を学べるコーナーなどがあり、多くの外国人観光客も訪れていました。昼食後、一日3回行われる「生マグロ解体ショー」の時間となり、私も見ることができました。

外国人観光客、インバウンド需要の取り込みが、課題となっている神奈川県にも、三崎のマグロで有名な三浦市があります。県政調査活動外ではありますが、いろいろ勉強になりました。

【写真】: 和歌山マリーナシティ内 黒潮市場 生マグロ解体ショー(30キロ=近大マグロを使用)

写真追加: 11月10日(金) 調査箇所名: 和歌山セーリングセンター11月10日(金) 調査箇所名: 和歌山セーリングセンター

写真追加:
<神奈川県議会 東京オリンピック・パラリンピック・ラグビーワールドカップ特別委員会 県外調査>
11月10日(金)
調査箇所名: 和歌山セーリングセンター

写真追加: 11月9日(木) 調査箇所名: 海陽ヨットハーバー/東大阪市花園ラグビー場<神奈川県議会 東京オリンピック・パラリンピック・ラグビーワールドカップ特別委員会 県外調査>

写真追加:
<神奈川県議会 東京オリンピック・パラリンピック・ラグビーワールドカップ特別委員会 県外調査>
11月9日(木)
調査箇所名: 海陽ヨットハーバー

調査箇所名: 東大阪市花園ラグビー場