カテゴリーアーカイブ: 政務調査活動(視察)

全国の超党派の地方議員で構成する「出産議員ネットワーク」「子育て議員連盟」要望活動/県庁新庁舎にラグビーワールドカップ開催の新バナーが掲示されました/夜は浮世絵カフェ/横浜スタジアムでのパブリックビューイング

本日は、朝一番で登庁し、勉強会・ヒアリング。県議会を出たり入ったりしながら、課題解決に向けて取り組んでいます。

/午後は、全国の超党派の地方議員で構成する「出産議員ネットワーク」「子育て議員連盟」として、要望と意見交換のため全国町村議長会への要望活動に「子育て議員連盟 世話人」の一人として同行しました。(午前中の全国都道府県議会議長会への要望活動は、公務のため欠席)

代表の永野裕子豊島区議は、所属議会では初めて現職の議員として2度出産し、様々な困難に直面した経験から、議連を立ち上げました。議員の出産の全国議会調査を行い、該当者や賛同者に声を掛け、ネットワーク化、議員連盟を立ち上げ「どんな立場にあっても、妊娠・出産・子育てが安心してできる社会」「開かれた民主主義のツールとしての議会」を目指して活動しています。
私も趣旨に賛同し、「子育て議員連盟」設立に協力、チャーターメンバーの一人として活動しています。

各全国議長会は「地方六団体」と称され、地方自治法第263条の3に、内閣総理大臣に届け出を行うことや、地方自治に関する事項について総務大臣を通じて内閣に申し出を行ったり、国会に意見書を提出したりすることができると定められています。国で議論が進まない課題などに対して、この地方六団体の意義を活かした働きかけをしていくことも重要と(永野代表は)考え要望活動を行っています。

/夜は、県民ホール6階にオープンしたエンターテインメントレストラン「浮世絵カフェ」に出かけて参りました。オープンに先立ち開かれた内覧会にお伺いできなかったため、初日となる本日、お伺いしました。

事業を手がける神奈川県は、訪日外国人をはじめとした横浜を訪れる観光客の「ナイトタイムエコノミー」を活性化し、地域のにぎわい創出を掲げています。私自身も県庁周辺の活性化については、これまでも本会議での質問・委員会質問で取り上げて参りましたので、期待も大きいものがありました。

出演する「パフォーマンス集団白A」は、音楽とダンス、そしてステージ上に映像を映し出す「プロジェクションマッピング」を駆使するエンターテイメント集団です。動画を見る限り、海外でも実績があり、有名な方々のようです。

パフォーマンスは40分程度。二度の入れ替え制で、入場料は3000円。ワンオーダー制です。私は、2500円の幕の内弁当を購入しました。(正直に言うとあまり期待していていなかったのもありますが)料理は、大変、美味しかったです。ただ、周りに居られたシニアの夫人の方々は、500円の珈琲のみのオーダーで、ちょっと残念でした。

(私がお伺いしたのは)初日、二回のうちの第一回目でしたが、私も懇意にしている会社の方々が10人くらい動員されてきたり、県の職員の方々もお客として少なからず、来られていました。演目もエンターテインメントに優れていて、素晴らしかったですが、3000円支払って、リピーターとなられる方が多くいるかは疑問です。また、外国の方がいないにもかかわらず、半分英語で行われているショーは、ちょっとシュールな感じもしました。

私は飲食業の世界で長く働き、現場も多く見て参りました。本日オープンしたエンターテインメントレストラン「浮世絵カフェ」ですが、正直に言うと嫌な予感しかしません。まさに絵にかいたような「武士の商法」とでもいいましょうか、ここにはいちいち書きませんが、目につくことが、たくさんありました。私の予想を裏切って「外国人旅行客に好評になるように期待したい(神奈川県国際文化観光局文化課)」と強く願います。

【写真】: 全国の超党派の地方議員で構成する「出産議員ネットワーク」「子育て議員連盟」要望活動/県庁新庁舎にラグビーワールドカップ開催の新バナーが掲示されました/夜は浮世絵カフェ/横浜スタジアムでのパブリックビューイング

神奈川県民ホール巡回事業 出張公演 in 南足柄 みんなでたのしむオペラ「ヘンゼルとグレーテル」/me-byo valley “BIOTOPIA”(未病バレー ビオトピア)

神奈川県民ホール巡回事業 出張公演 in 南足柄
みんなでたのしむオペラ「ヘンゼルとグレーテル」

本日、朝は清掃活動、その後、あつぎ鮎まつり(二日目)、15時からは、南足柄市文化会館大ホールに参りました。

昨年6月、神奈川県民ホールのリニューアルオープン記念で上演し好評を博した、みんなでたのしむオペラ「ヘンゼルとグレーテル」を今年は南足柄市文化会館と秦野市文化会館で開催します。第一回目となる初日は、南足柄市で行われました。
ママとお菓子の魔女を一人二役で演じるのは、ソプラニスタ 岡本知高さんです。
初めてのオペラ鑑賞にもぴったりということで、妻と子供たちを連れ、観劇して参りました。

神奈川県は、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー「マグカル」の取組を推進しています。私も初当選時から8年間、本県の文化振興について、力を入れて参りました。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした 市町村や関係団体と連携しながら神奈川の文化プログラムの推進も課題です。

そうした中での 神奈川県民ホール巡回事業 出張公演です。
県議会でも、本県のマグカル事業、文化振興の在り方が課題とされてきました。これまでも議会で関わって参りましたが「自分でしっかりと身銭を切って、施設を楽しむことでしかわからないことがある」をモットーとしておりますので、本日は、家族を連れて、観劇しました。
会場は満席で、多くの子ども達も楽しんで頂いたようでした。

/帰りは、me-byo valley “BIOTOPIA”(未病バレー ビオトピア)に寄って、厚木に帰りました。
未病バレー「BIOTOPIA(ビオトピア)」は、「県西地域活性化プロジェクト」に基づき、県西地域が「未病の戦略的エリア」であることをアピールする拠点として、株式会社ブルックスホールディングス及び大井町の共同提案に基づいて県とともに推進している施設です。

【写真】: 会場写真は、上演前です。

本日は アミューあつぎを会場に「がんサロン」を開会しました

本日は、アミューあつぎを会場に、「がんサロン」を開会しました。
癌(がん)は、神奈川県では死亡原因の第1位であり、約3人に1人が癌で亡くなっています。ライフスタイルの変化や高齢化の急速な進行により、癌の罹患や死亡者は今後も増加することが見込まれています。私も県議会議員として「神奈川県がん克服条例」策定に関わり、がん対策に取り組んでいます。

さとうの問題意識
私は「救える命を救う」「避けられる癌を防ぐ」ための対策が県では不足していると考えています。

がん患者の就労
日本人の2人に1人が癌となり、3人に1人が「がん」で亡くなります。県のがん克服条例では、事業主の癌患者雇用継続への配慮と対策への協力を「責務」としています。患者の働き方に応じた就業希望や雇用能力開発支援と患者・家族の自立に向けた包括的支援推進を県に強く求めています。

先ず隗より始めよ
また同条例では、他に癌医療に関する情報提供、県民運動、相談体制充実が定められています。そこで、佐藤知一は、民間と協力し相談体制の拡充に努めて参ります。

がんサロンあつぎ
がんサロン・ティールボンボン厚木は、卵巣癌罹患者の吉田ゆりさんがカウンセラーを務めます。

◆ 第1回/7月30日(火)10〜12時/アミュー厚木6階602号室
◆ 第2回/9月7日(土)10〜12時/くらしの保健室あつぎ(妻田1―2)参加費は無料。第2回は、「珈琲等ワンオーダー制」いずれも、途中退室可能です。基本的に、月一回程度、小規模で開催していく予定です。

富山市 宇奈月温泉3日目/富山市型都市経営・公共交通を軸としたコンパクトシティの取組み/富山県 富岩運河環水公園/富山城

本日までのまでの二泊三日、富山県黒部市(旧国越中国)にある宇奈月温泉に妻と子供たちと共に出かけています。宇奈月温泉は、黒部川の電源開発を背景として1923(大正12)年に開湯された温泉地で、黒部川の渓谷沿いなどに旅館や保養所が立ち並ぶ温泉地です。

最終日の本日は、「富山市型都市経営・公共交通を軸としたコンパクトシティの取組み」で、有名な富山市に参りました。

最初に出かけたのは「富山県 富岩運河環水公園」。とやま都市MIRAI計画のシンボルゾーンとして見事に整備された面積9.7haの親水文化公園です。富山の自然と富岩運河の歴史を活かしたこの空間は、地域の文化や未来を見つめ、創造するオアシスとのことでした。
公園は、非常に美しく、自転車に乗ってゴミを拾っている清掃人の方を初めてみました。印象的でしたので、思わずシャッターを切りました。
また、この公園内にある「スターバックス富山環水公園店」は、2008年、スターバックスコーヒー社内におけるストアデザインアワードで最優秀賞を受賞したことにより「世界一美しいスタバ」として、有名になりました。公園の池を眺めながら、美味しい珈琲を楽しみました。

/続日本100名城のひとつ、富山城に参りました。別名は「浮城(うきしろ)」「安住城(あずみじょう)」。
加賀前田家分家であった越中前田家の居城で、瀧廉太郎の「荒城の月」の着想の元になった城の一つと言われているそうです。ごく数点の展示品を除き、写真撮影も比較的自由でした。

/黒部宇奈月温泉駅にも展示施設が充実していて、私も大変勉強になりました。子ども達は、帰りの北陸新幹線で熟睡でした。

【写真】: 富山市型都市経営・公共交通を軸としたコンパクトシティの取組み/富山県 富岩運河環水公園/富山城

自治体 県政予算要望ヒアリング/二宮町・大磯町・厚木市/大磯プリンスホテル視察・現地調査(東京オリンピック選手村分村 予定施設)

本日のヒアリングは、二宮町役場、大磯プリンスホテル(現地調査&昼食・東京五輪選手村分村に予定)、大磯町役場、そして、最後は厚木市役所に参りました。

これまでの県議団では、毎年、ヒアリングとして各種団体と県内自治体から市長、副市長、幹部職員(政策担当)の方にお越し頂いて、要望事項等をお受けして参りました。地元選出県会議員として、要望を御受けしています。

本日は、県政会県議団 5名で 自治体等にお伺いし、それぞれ、村田邦子 二宮町長、中島久雄 大磯町長・栗原匡賢 副町長(県職員OB)、霜島宏美 厚木市副市長・佐藤明 厚木市政策部長ほか、担当幹部職員の皆様(厚木市からは課長級幹部職員の皆様に大勢ご出席頂きました)、布川史明 Prince Hotels & Resorts 大磯・鎌倉地区総支配人(プリンスホテル)、阿部伸孝 大磯プリンスホテル営業アシスタントマネージャーに御案内・御対応をして頂きました。

/二宮町では、「市町村役場機能緊急保全事業の期間延長」「桂川水系河川の改修・整備促進及び計画の意向反映」「児童福祉の充実(児童相談体制の充実強化と体制支援)」「スクールカウンセラー等の派遣の拡大」「特別支援学校へのバス等通学手段の確保」等の御要望を頂戴し、「産業能率大学と連帯協定」「地域の通いの場」についての意見交換をさせて頂きました。昨年の7月7日、平塚球場にて行われたプロ野球イースタンリーグ(二軍)の試合を妻と子ども達を連れて観戦しましたが、その時に始球式に立たれたのが、産業能率大学と連帯協定を結んでいる二宮町の村田邦子町長でした。その時のお話もさせて頂きました。

/大磯町長からは「県立公園施設整備と来園者への利便性向上」「海岸漂着ごみ処理に対する支援」等の御要望を頂戴しました。

/大磯プリンスホテルでは、布川史明 Prince Hotels&Resorts 大磯・鎌倉地区総支配人(プリンスホテル)、阿部伸孝大磯プリンスホテル営業アシスタントマネージャーにご案内頂き、メインバンケットホール(会議室・宴会場)、THERMAL SPA S.WAVE、INFINITY POOL、客室、レストラン等の現地調査・視察をさせて頂きました。

/厚木市からは、県の施策・予算に関する要望事項 43項目(うち重点項目7)を頂戴しました。全て受け止め、団として対応をして参ります。

【写真】: 自治体 県政予算要望ヒアリング/二宮町・大磯町・厚木市/大磯プリンスホテル視察・現地調査(東京オリンピック選手村分村 予定施設)

県政会 神奈川県議会議員団「神奈川県内 団体予算要望ヒアリング(二日目)」

本日は朝9時から、県庁新庁舎の議会会議室にて、県政会 神奈川県議会議員団「神奈川県内 団体予算要望ヒアリング(二日目)」が行われています。団体要望ヒアリングは、私も県議会議員就任から、毎年、行っています。

今期から、無所属会派「県政会 県議団」に移りました。要望をお聞かせ頂く対象団体は、(これまで所属していた会派と)ほぼ同じで継続性については問題ありませんが、今回、新たにお話をお聞きする団体もあります。神奈川県も予算編成に向けての準備が、夏の時期頃から始まります。来年1月の終わりには、予算編成終わりますが、これに並行して県議団としても動き出しています。

継続要望・新規要望を問わず、頂きました御要望については、今後、所属会派の県に対する次年度要望の中に反映され、知事折衝などを経て県議会2月定例会の予算内容に盛り込まれるよう、取り組んでいきます。

/本日、ヒアリングにお越し頂く予定の団体(二日目)は、以下の通りです。平素より、厚木でお世話になっている方々も多く、役員としてお越し頂く予定です。
「NPO法人 神奈川県腎友会」「神奈川県手をつなぐ育成会」「神奈川県行政書士政治連盟」「(社会福祉法人)神奈川県民間保育園協会」「神奈川県税理士政治連盟」「(公益社団法人)神奈川県LPガス協会」「(一般社団法人)神奈川県電業協会」「神奈川県旅館ホテル生活衛生同業組合」「NPO法人 じんかれん・神奈川県精神障害者家族会連合会」「(一般社団法人)神奈川県調理師連合会」「(一般社団法人)神奈川県建物解体業協会」「(公益社団法人)神奈川県私立幼稚園連合会」「(公益財団法人)神奈川県私立幼稚園退職基金財団」「神奈川県農林水産団体協議会・JA神奈川県中央会・一般社団法人 神奈川県農業会議・神奈川県畜産団体連絡協議会・神奈川県土地改良事業団体連合会・神奈川県森林組合連合会他4団体・漁業経営安定対策神奈川県本部」「神奈川県漁業協同組合連合会」「神奈川県司法書士政治連盟」「神奈川県土地家屋調査士政治連盟」

/頂いた御要望は、どれも大切で非常に気になるものも多くありますが、メモとして、以下に記載します。
・NPO法人 神奈川県腎友会の方からは、透析患者は県内には、2万1000名の災害発生時における透析患者への対応、及び透析施設との連携などについてのご要望を頂戴しました。
・神奈川県税理士政治連盟からは「民間非営利法人を育成する施策の実施要望」がありました。 NPO法人の設立自体は容易なものとなりましたが、法人を育成していく上では課題が多くあります。法人設立の支援はもとより、設立後の運営支援、貴重指導、県指定NPO法人・認定NPO法人及び、更新に対する支援、公益認定維持活動支援が必要となります。
・公益社団法人 神奈川県LPガス協会からは、避難所となっている県立高等学校等へのLPガスの積極的採用や公用車に対する災害に強いLPガス自動者の導入について、ご意見を頂戴しました。およそ30年前(1988年)、私はNZに居ましたが、当時、現地では、ガスとガソリンを併用するバイフューエル車が比較的多くありました。神奈川県庁でも、導入していますが、今後も普及に向けた取り組みが求められています。

【写真】: 県政会 神奈川県議会議員団「神奈川県内 団体予算要望ヒアリング(初日)」の様子。

本日は朝9時から、県庁新庁舎の議会会議室にて、県政会 神奈川県議会議員団「神奈川県内 団体予算要望ヒアリング(初日)」が行われています/夜は 意見交換会

本日は朝9時から、県庁新庁舎の議会会議室にて、県政会 神奈川県議会議員団「神奈川県内 団体予算要望ヒアリング(初日)」が行われています。団体要望ヒアリングは、私も県議会議員就任から、毎年、行っています。
今期から、無所属会派「県政会 県議団」に移りました。要望をお聞かせ頂く対象団体は、(これまで所属していた会派と)ほぼ同じで継続性については問題ありませんが、今回、新たにお話をお聞きする団体もあります。神奈川県も予算編成に向けての準備が、夏の時期頃から始まります。来年1月の終わりには、予算編成終わりますが、これに並行して県議団としても動き出しています。頂きました御要望については、今後、所属会派の県に対する次年度要望の中に反映され、知事折衝などを経て県議会2月定例会の予算内容に盛り込まれるよう、取り組んでいきます。

/昨年10月3日に厚生常任委員会にて「学童保育・放課後児童クラブについて(施設・職場環境・待遇の改善)」についての質問を致しましたが、本日最初にお話をお聞きした 神奈川県学童保育連絡協議会では、この私の質問についても詳細に把握をされており、少し驚きました。長い年月、その現場に関わってきた方々からの生の声をお聞きする貴重な時間です。課題を共有し、問題発見、問題解決につなげて参ります。

/本日、ヒアリングにお越し頂いた団体(初日分)は、以下の通りです。平素より、厚木でお世話になっている方々も多く、役員としてお越し頂きました。
「神奈川県学童保育連絡協議会」「神奈川県生活協同組合連合会」「(一社)神奈川県建設業協会」「(一社)神奈川県専修学校協会」「(公社)神奈川県看護協会」「神奈川県肢体不自由児者父母の会連合会」「(特非)神奈川県障害者地域作業所連絡協議会」「神奈川県歯科医師連盟」「神奈川県知的障害福祉協会」「神奈川県宅建政治連盟」「神奈川県商工会連合会」「神奈川県社会保険労務士政治連盟」「(公社)神奈川県助産師会」

お足元の悪い中、お越し頂いた団体の方々、ありがとうございました。ヒアリング初日が終わりました。大変勉強になった一日でした。この後は、意見交換会に出席する予定です。

【写真】: 過日の選挙応援を知人のお母様が撮影してお送り頂きました。感謝/本日のヒアリングの様子

令和元年度 国道246号バイパス建設促進協議会委員会/国道246号バイパス建設促進議員連盟総会(総会・研修会・懇親会)/令和元年度 厚木市防火安全協会定例総会(レンブラントホテル厚木)

本日は、令和元年度 国道246号バイパス建設促進協議会委員会に顧問として出席しました。
伊勢原市役所(3階・会議室)で、「令和元年度 国道246号バイパス建設促進協議会・委員会」が行われました。厚木市、秦野市、伊勢原市、中井町の市長 町長、市町議会議長を委員(正副会長・監事)とし、私を含めた地域選出の県議会議員が顧問、県土木所長(厚木・平塚・県西)・県広域幹線道路事務所長が、参与として就任しております。
県議会からは、私・佐藤知一の他、数名が(委員会・研修会共に)出席をさせて頂きました。私以外は、全員自民党会派所属議員です。以上の方々の他に4市町の関係部長・課長級職員を加えたメンバーで、国道246号バイパス建設促進協議会役員を構成しています。共に党派を超えて、しっかりと頑張って参ります。

本日の委員会終了後の講演会(研修会)は、国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所の大江真弘事務所長を講師に迎えての勉強会でありました。テーマは、「神奈川県内の道路行政について」でした。

/厚木秦野道路(国道246号バイパス)は、神奈川県央部を東西に走る延長約29.1kmの自動車専用道路(地域高規格道路)です。現在の国道246号の慢性的な渋滞を解消するとともに、新東名高速道路などと一体となって、地域の交流・連携の強化、物資の流通促進などを担う新たな東西交通軸としての役割が期待されています。

/午後からは「国道246号バイパス建設促進議員連盟総会(総会・研修会・懇親会)」に地元選出県議会議員として出席のお声掛けを頂きました。公務の関係で、総会のみの出席とさせて頂きました。国道246号バイパス建設促進議員連盟は、当該市である厚木市、伊勢原市、秦野市の市議会議員によって組織され、私も参与の立場で加わっています。

/その後(伊勢原から厚木に移動し)、令和元年度 厚木市防火安全協会定例総会(レンブラントホテル厚木)に来賓として出席をさせて頂きました。厚木市防火安全協会は、事業所の防火・防災体制の確立や市民全体の防災思想の普及活動を行う団体です。消防長や消防団長も私たちと共に来賓として、ご出席されています。
総会では議案審議や決算報告などのほか、防火活動に尽力した個人や事業所へ贈られる協会会長表彰(優良個人表彰・優良事業表彰)が執り行われました。毎年、県議会議員として出席をさせて頂き、受賞された方々には、心よりお祝いをさせて頂いております。本日も地元選出県会議員として、しっかりと実現に向けた取組に汗をかいて参ります。

【写真】: 令和元年度 国道246号バイパス建設促進協議会委員会/国道246号バイパス建設促進議員連盟総会(総会・研修会・懇親会)/令和元年度 厚木市防火安全協会定例総会(レンブラントホテル厚木)

地区春季健康まつり。厚木北・厚木南地区、南毛利地区等。パンチ佐藤さんとシドニーオリンピック銀メダリスト 安藤美佐子さん/栄光学園中学高等学校 文化祭(第71回栄光祭)/本日「母の日」/緑のまつり二日目

本日は、自治会の球技大会(地区春季健康まつり)が、市内各地域で行われています。厚木北地区と厚木南地区では、開会式で、御挨拶をさせて頂きました。
厚木南地区では、パンチ佐藤さんが、助っ人外国人ならぬ助っ人元プロ野球選手として参加します。(と聞いています)
パンチ佐藤さんの隣にいるのは、シドニーオリンピック銀メダリスト 安藤美佐子さん。同じく強力助っ人として参加(と聞いています)。その後も南毛利地区等を廻り、御挨拶をさせて頂いています。お伺いできなかった会場も全て、昨日までに直接お伺いし、祝電メッセージをお届けさせて頂いております。本日は、緑のまつり二日目です。

/午後は、妻と子供たちと共に鎌倉市の栄光学園中学高等学校 文化祭(第71回栄光祭)に出かけて参りました。進学校として有名な栄光学園ですが、私は、初めてお伺いしました。
栄光学園OBの隈研吾氏が監修して新築された校舎を隅々まで、見ることができました。「新校舎の1階はRC造主体、2階は木造主体のハイブリッド構造。時代の先駆けとなる『みらいの学校』のモデルを目指した」とされるものです。隈研吾マニアとしては、一度はしっかりと見て廻りたかった建物(選定委員長としての監修ですが)でした。

木造部の柱や梁(はり)、外壁などには国産材を、廊下の下駄箱や教室内の棚には神奈川県産のヒノキを使用しています。
完成した校舎は、3階建てを全て2階建てとしたことも話題となったそうです。
3階建てだった校舎をわざわざ2階建てにした理由は「(栄光学園は)休み時間などには校庭へ出て伸び伸び遊ぶ伝統があり、3階からは下りるのに時間がかかってしまうから」ということで、二度びっくりです。耐震性能を受け持つ鉄筋コンクリートと柔らかく空間を包み込む木造のハイブリッド構造で、新築から丸2年と新しい校舎は、素晴らしかったです。

/本日は、母の日。
妻は、子ども達にとっての母なので、本日は、子ども達の意見を最大限尊重(したつもり)です。
夕食は、(子ども達の大好きな)無添くら寿司 でお腹いっぱい。
プレゼントは、ケーキ(とカーネーション)。
「我田引水」感が漂いつつも、子ども達の思惑通りにコトが進みました。
私の母は、昨年亡くなりましたが、思えば私は、ろくすっぽ親孝行など出来なかった。とても親不孝な息子でした。
子ども達には(私を反面教師に)母親孝行な大人に育ってもらいたいと思いました。
そんな、母の日でした。

【写真】: 地区春季健康まつり。厚木北・厚木南地区、南毛利地区等。パンチ佐藤さんとシドニーオリンピック銀メダリスト 安藤美佐子さん/栄光学園中学高等学校 文化祭(第71回栄光祭)/本日「母の日」

昨日、今日と家族で伊豆へ(宿泊は小田原の根府川)/石英やメノウ、紫水晶の宝庫「菖蒲沢海岸」でビーチコーミング/昨年オープンした「グランピング施設」UFUFU VILLAGE を訪問し施設見学/西伊豆の土肥金山で家族そろって、砂金取り体験、資料館や坑内巡り/南熱海・上多賀の海岸、長浜海浜公園「ながはま特設市@うみえーる長浜」(網代)

公務をちょっと失礼して、昨日、今日と家族で伊豆に出かけました。宿泊は小田原の根府川で、昨日、本日のイベント等には、祝電メッセージを送らせて頂きました。

初日は、石英やメノウ、紫水晶の宝庫と言われる「菖蒲沢海岸(静岡県賀茂郡河津町浜)」へ出かけました。午前中に出かけ、途中、昼食を取りつつ出かけると連休中の渋滞もあり、現地到着は、午後4時ころとなりました。ビーチコーミング初心者ではありましたが、子ども達も少し回ると綺麗な石をたくさん見つけました。長女は石よりも貝殻に夢中でした。それぞれ、節度をもって、数個ずつ記念としました。

夕食は、熱海で取り、神奈川県に戻り、神奈川県で一泊し、翌日も伊豆半島を廻りました。

/午前中は、昨年オープンした「グランピング施設」UFUFU VILLAGE を訪問し、施設見学をさせて頂きました。場所は、伊豆の月ケ瀬温泉。もう30年近く前になりますが、私が調理師として、2年間超働いた「旅館月ケ瀬」の敷地にあります。当該旅館は今はなく、雲風々-ufufu-という旅館に生まれ変わっています。

閑話休題。グランピングは、キャンプに似ていますが、基本的にホテルなど宿泊施設を経営している業者が運営する施設です。サービスもホテルに準じたサービスが受けられますし、バーべーキューも食材を含めて、全て用意してくれるものです。これからのインバウンドのキーとなる施設と考えています。とても、興味深かったです。

/午後は、西伊豆の土肥金山へ参りました。「ギネス登録の世界一の巨大金塊、砂金採り体験、お食事、お土産、パワースポットと家族で楽しめる金のテーマパーク」です。家族そろって、砂金取り体験をし、資料館や坑内巡りをしました。

~~~
土肥金山は、江戸時代に第一期黄金時代を明治時代から昭和にかけて第二期黄金時代を迎え佐渡金山に次ぐ生産量を誇った伊豆最大の金山です。推定産出量は金40t、銀400t。金山は昭和40年に閉山しましたが、その後は土肥のパワースポットとして観光坑道や砂金採り体験を楽しめる観光施設として人気のスポットに生まれ変わりました。また、黄金館に展示してある250kgの巨大金塊はギネスにも認定され、世界一の金塊を一般公開しております。
~~~

/夕方には、南熱海・上多賀の海岸、長浜海浜公園「ながはま特設市@うみえーる長浜」 に寄り、網代の砂浜でも、少しばかり遊びました。写真にはありませんが、家族連れの子ども達が、服を脱ぎ、シャツとパンツで海に入って遊ぶ姿もたくさん見られました。

【写真】: 石英やメノウ、紫水晶の宝庫「菖蒲沢海岸」でビーチコーミング/昨年オープンした「グランピング施設」UFUFU VILLAGE を訪問し施設見学/西伊豆の土肥金山で家族そろって、砂金取り体験、資料館や坑内巡り/南熱海・上多賀の海岸、長浜海浜公園「ながはま特設市@うみえーる長浜」(網代)