カテゴリーアーカイブ: 消防団活動

午前1時30分 厚木市消防本部「風水害警備に基づく招集区分、2号配備及び1号配備を解除する」

本日午前1時30分、2号配備解除により、消防団出動が解除となりました。ゆっくり風呂に入り、午前3時に就寝。
私は、昨日夕方からの出動でしたが、消防団幹部、消防職員さんは、朝の6時から出動していますから、長時間勤務となりました。
本当にお疲れ様です。

※ 午前1時30分 厚木市消防本部「風水害警備に基づく招集区分、2号配備及び1号配備を解除する」

【写真】: 相模川、中津川、小鮎川の三川合流地点付近を警戒警備の様子。雨も止みはじめ、大丈夫と考える方が多いのか、川の様子を見に来られる方も増えてきました。川も増水し、危険ですので、控えて頂きたい。カップルでわざわざ車で見物に来られたり、親子連れも、見られます。子を持つ親としては、ちょっと信じられません。水の怖さを甘くみないほうがいい。この時、神奈川県の大雨特別警報は、解除されていません。

県議会決算特別委員会/大型で猛烈な勢力の台風19号接近

本日は、県議会決算特別委員会。早く登庁し、勉強中です。皆様から収めて頂いた税金の支出が適切なものであったのか、分厚い決算書類ときちんと向きあう一ヶ月間とします。
さぁ、頑張ろう!

昨日、消防団長から、以下のメールが届きました。週末の警戒警備、必要とあらば、地元消防団員として、私も出動します。
『 こちらは厚木市消防団です。
大型で猛烈な勢力の台風19号は、父島の南西を北に進んでいます。
今後も北寄りに進み、12日には本州に上陸する可能性があります。各団員にあっては、今後の気象情報に注意し、団本部からの連絡体制を整えるとともに、風水害警備計画等に伴う配備に備えてください。
以上 消防団長 』

/首都圏に大きな被害をもたらした狩野川台風(1958年・昭和33年台風第22号)は、特に東海地方や関東地方で大雨になり、1200人以上が犠牲になりました。土砂災害が多発し、川の氾濫が相次ぐなど、大きな被害をもたらしたとのことです。

私は、狩野川のほとりにある旧 月ヶ瀬旅館(当時・天城湯ヶ島町=現在の伊豆市)で、二年ほど、調理師として働いていました。台風が来ると、地元のお年寄りは必ずと言っていいほど「狩野川台風」の被害について語ります。狩野川台風の被害について聞きました。この台風による死者・行方不明者は、1269人超、私の居住した近くの旧修善寺町の死者行方不明は460人以上(当時の修善寺町の人口は約1万5000人)とのことで、本当にすごい被害をもたらした台風です。

今回の台風19号は、この狩野川台風に匹敵する記録的な大雨となる恐れがあります。ご注意ください。

===============
【企業庁からのお知らせ】
台風第19号の影響により、大雨と強風が予測されています。今後の気象情報やダム放流情報に注意していただくようお願いします。なお、川の水位が上昇しますので、注意してください。ダム放流情報、河川水位情報については、こちらをご覧ください。
ダム情報
http://kanagawa-dam.jp/web_data/genkyo_kokai/mizugame_h.html
神奈川県雨量水位情報
http://www.pref.kanagawa.jp/…/suib…/web_general/suibou_joho/

===============

厚木市総合防災訓練/本日は、厚木北地区は、(以下、自治会名)松枝、元町、東町、天王町、大手北、大手西(その他自治会は時間の関係で廻れませんでした)、厚木南地区は、泉町、旭町各町内(その他自治会は時間の関係で廻れませんでした)を中心に廻らせて頂きました/学生インターン活動(県立厚木高校生)地方自治に関するレポート作成にかかわるヒアリング/夜は消防団月例会

本日は、厚木市総合防災訓練です。今年も、地元選出県議会議員として原付バイクで各自治会、各団体を廻らせて頂きました。地元消防団(私の所属する)第一分団第三部と第一分団第一部の団員とは、一部、一緒に廻らせて頂き、御挨拶をさせて頂きました。
午前8時30分に大規模地震発生を想定して訓練が開始されました。まずは、シェイクアウトから始まり、厚木市内各地の会場で、総合防災訓練が行われました。
これまでも毎年、地元選出県議会議員として、各自治会の防災訓練の現場を廻らせて頂いております。今年も、防災服に身を包み、各自治会の訓練に加わりました。各自治会では、機器の点検、消火器の使用訓練、トイレやテントの設置、炊き出し訓練などが行われました。関係者、参加者の方々は、本当にお疲れ様でした。

/本日は、厚木北地区は、(以下、自治会名)松枝、元町、東町、天王町、大手北、大手西(その他自治会は時間の関係で廻れませんでした)と各地域でそれぞれ防災訓練が実施され、廻らせて頂きました、厚木南地区は、泉町、旭町各町内(その他自治会は時間の関係で廻れませんでした)を中心に廻らせて頂きました。

厚木市、厚木市消防本部、厚木市消防団、厚木市アマチュア無線協会(被災情報を対策本部へ提供)、一般社団法人厚木歯科医師会(救急歯科医療、口腔ケア、個人識別(身元確認)他)等のブース(厚木市中央公園)も廻らせて頂きました。

=======
令和元年度厚木市総合防災訓練(自主防災隊)実施要領
1 目的 この訓練は、本市に被害を及ぼす大規模な地震を想定し、防災関係機関 及び市内 216 の自主防災隊を中心に、市民一人一人が実践的な訓練を基礎 とした防災訓練を行うことにより、身体安全の確保及び自主防災隊の組織 強化並びに本市における防災体制の確立と防災意識の高揚を図ることを目 的とします。
2  訓練の想定
(1)想定地震    都心南部直下地震 マグニチュード 7.3    市内最大震度   6強    発生時刻 令和元年8月 29 日(木)正午
(2)訓練 都心南部直下地震を想定した対応型訓練    ※本訓練では、発災3日後などを複数想定し訓練を実施
3  日時     令和元年9月1日(日)午前 8 時 30 分~
4  場 所   各地区自主防災隊長が定める場所
5  主 催     厚木市、厚木市自主防災隊連絡協議会
6  実施主体     各自主防災隊
7  協力団体等 (1)厚木市消防団 (2)厚木市防災指導員 (3)厚木市自主防災隊防災推進員 (4)その他防災関係機関
8  重 点 (1)発災時における的確な判断力と行動力の養成 (2)自主防災隊の役割と活動内容の把握 (3)避難行動要支援者等の把握
=======

/その後は、県立厚木高校生の大迫渚乃さんが事務所にて、地方自治に関するレポート作成にかかわるヒアリング。

/夜は地元消防団月例会に参加します。

【写真】: 厚木市総合防災訓練/本日は、厚木北地区は、(以下、自治会名)松枝、元町、東町、天王町、大手北、大手西(その他自治会は時間の関係で廻れませんでした)、厚木南地区は、泉町、旭町各町内(その他自治会は時間の関係で廻れませんでした)を中心に廻らせて頂きました/学生インターン活動(県立厚木高校生)地方自治に関するレポート作成にかかわるヒアリング


 

『火の用心!』本日夕方、火災による消防団出動。ほどなく鎮火。明日は多くのご家庭で お迎え火を炊きます。 お盆休み、仏壇のロウソク、線香等、火の取り扱いにはご注意を

『火の用心!』
本日夕方、火災による消防団出動。ほどなく鎮火。
明日は多くのご家庭では、オガラを燃やし、お迎え火を炊きます。
お盆休み、仏壇のロウソク、線香等、火の取り扱いには、くれぐれも御注意下さい。

〉「発生した建物第1火災は仏壇とその周辺を焼損し鎮火」

第18回厚木市消防団消防操法大会@厚木市消防本部北消防署睦合分署(消防訓練場)

本日は、第18回厚木市消防団消防操法大会が、厚木市消防本部北消防署睦合分署(消防訓練場)にて行われました。
消防団員は、地域の安全・安心を支える地域防災の要として、日ごろから火災予防や地域の防災活動、災害時の消火救助などの活動を行っています。本日は、2年に1度の「厚木市消防操法大会」を開催し、消防団員が日頃の訓練で磨き上げた消火技術を競い合うものです。

今回、私は選手としてではなく「補欠」でした。補欠といえども、出場選手として掲載されていました。

消防操法大会の競技内容としては、4人(小型ポンプ操法)で、消防ホースの延長、接続、筒先の結合等を行い、放水により標的を倒します。所要時間、各隊員の士気、規律、迅速な行動、確実な動作、チームワーク等を審査し、順位を決めます。

【写真】: 第18回厚木市消防団消防操法大会@厚木市消防本部北消防署睦合分署(消防訓練場)

消防団水防警報待機/事務所にて陳情対応/メールでもご相談 受付けています

「水防警報待機(小鮎川・小鮎)#001796」
本日、午前9時41分、厚木市消防本部から、小鮎川(小鮎・堺橋)に水防警報(待機)が発令されました。第1分団・第3分団の団員は、自宅待機となり、午後3時32分、水防警報が解除されました。

私が消防団員として所属する第1分団第3部の担当区域は、厚木中学校、厚木市役所(本庁・第二庁舎)、厚木商工会議所、厚木郵便局、(旧イトーヨーカドー)、本厚木駅(北口から東口)、厚木サティ、厚木神社等を含む中心市街地のエリアです。大型商業施設も多い地域です。

2013年4月9日の大雨で、厚木市内(中心市街地)においては、床上床下浸水被害が多数(59件)でました。我が家は大丈夫でしたが、消防団の仲間の中には、自分の自家用車が浸水被害にあっているにもかかわらず、消防団で出動し、市民の方の家屋や車の救出作業にあたっている者もおりました。当時は、地下駐車場にたまった水を外に出す作業等を行い、午前3時30分をもって作業終了・警戒解除となりました。
大雨の時には、この時の消防団出動が、いつも頭をよぎります。

/午後は事務所で陳情対応など。また、別途メール(私の公式HPより)では、厚木児童相談所の対応にかかわる相談を頂きました。
相談の内容には触れませんが、事実とすれば非常に遺憾で、にわかには信じられない対応です。夜間ではありましたが、県庁の担当課に報告し、明日以降、私もご本人よりヒアリングを行い対応させて頂きます。

追記1: 児相の件については、翌朝より県としても早急な対応を頂いています。
追記2: 医療的ケア児の保護者の方から、次のようなコメントを頂きました。「2015年の話ですが、家族全員が高熱で倒れ、動けない状態となり、中には医療ケア児が居たため病院へ入院させたく厚木児童相談所に一時保護をお願いしましたが、何も対応しませんでした。体裁だけ保とうとする厚木児童相談所の対応には、以前から疑問に思っていました。」

児童相談所の主な業務(神奈川県HPより引用)
児童福祉法に基づき、18歳未満の子どもに関する様々な相談に応じる機関です。
・子育ての悩み
・虐待に関する相談
・言葉や発達の遅れに関する相談
・性格やしつけの相談
・非行の相談
・不登校の相談
・里親に関する相談本人、家族、地域の方、学校の先生等からの相談に専門スタッフが応じます。

【写真】:

本日は 昭和の日。明日は 平成最後の日で、県議会初登庁日です。明後日は 令和初日/消防団出動指令(災害出動順次指令)→ 火災出動

本日は 昭和の日。明日は 平成最後の日。明後日は 令和初日。

そんな本日、お声掛け頂いたBBQへと移動していると、消防団出動指令(災害出動順次指令)が出されて、火災出動しました。
渋滞の中、市内に戻り、(BBQに行けない旨、連絡ののち)現場に到着しました。詳細は申し上げられませんが、建造物の一部を焼損し鎮火しました。
その後、反転帰署命令(帰宅指示)がでました。負傷者は居りませんでしたが、出火し、建物の焼失・損失がありました。私も地元の消防団員として出動し、しっかりと消火活動に参加しています。

長女と一緒に出掛ける予定だったバーベキューは、お伺いできませんでしたが、その後、安藤玄一伊勢原市議会議員の選挙事務所の撤収作業に長女と共に参加しました。私の選挙でも可愛がって頂いた方々ばかりでしたので、長女も機嫌よく、お手伝いをできました。

明日が、県議会議員とししての初登庁日となります。(当選後から これまでは、あくまでも県議会当選者としての登庁でした)
「議員記章(議員バッヂ)」が午前10時から11時まで記章の交付がなされます。ちなみに 前期 初登庁日(2015年4月30日)は、私は、105人中4人目に交付(受付順)を受けました。議員バッヂには通し番号がついており、通し番号は94番でありました。

本日は、朝から「春の火災予防運動」に係る消防団の消防器具点検(第一分団第三部)に団員として参加しました。

本日は、朝から「春の火災予防運動」に係る消防団の消防器具点検(第一分団第三部)に団員として参加しました。
この点検は、有効適切な消防活動を行うため、消防団の人員・器具などを点検するもので、これにより消防団員の器具愛護の精神や士気高揚を目的として行われます。消防本部から職員が派遣され、消防団員と共に「春の火災予防運動」開催時に毎年実施しています。今年は、火災出動(私たちの受持地区外)と重複したこともあり、消防職員二名と消防団員による点検となりました。

【写真】: 「春の火災予防運動」に係る消防団の消防器具点検(第一分団第三部)の様子。

本日も市内各地を精力的に廻りました。市議会議員時代より通算で、2383日目(実数)となります。

本日も市内各地を精力的に廻りました。午後は街頭活動。市議会議員時代より通算で、2383日目(実数)となります。

本日も2時間半ほど、本厚木駅北口、中心市街地交差点をお借りして街頭演説/ご挨拶廻り/消防団出動指令(災害出動順次指令)が出され火災出動/支援者の方から、高幡不動尊の勝守(勝ち守り)を頂きました

本日も2時間半ほど、本厚木駅北口、中心市街地交差点をお借りして街頭演説を行いました。議会活動報告は、厚木市議会議員時代より16年超続けており、本日で通算2378日目(延べ日数ではなく実数)となります。
早朝できない時は、夕方に行うなど柔軟に対応しています。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。

/ご挨拶廻りの中で、支援者の方から、高幡不動尊の勝守(勝ち守り)を頂きました。ありがたいことです。絶対に勝ち抜きます。

/1月7日14時51分、消防団出動指令(災害出動順次指令)が出されて、火災出動しました。大渋滞の中、市内に戻り、現場に到着しました。詳細は申し上げられませんが、その後、屋上の一部を焼損し鎮火しました。その後、反転帰署命令(帰宅指示)がでました。(鎮火連絡は16時12分)負傷者は居りませんでしたが、出火し、家屋の損失がありました。私も地元の消防団員として出動し、しっかりと消火活動に参加しています。

/現在、厚木市は、厚木市役所を本厚木駅前(中町2‐2地区)に移転することを決めていますが、これに合わせて、厚木市消防本部も合築することとしています。

昨日も市内は大渋滞でしたし、平日の市内渋滞も常態化しています。厚木市消防本部では、分署も含めて、45分に一回の割合で、救急車が出動しています。(数は年々増加しています)
駅前一等地で、交通渋滞が日常となっている本厚木駅前に消防本部を持ってくることを知っている市民は、どれほどいるのでしょうか?

厚木市民は、厚木市役所や消防本部の本厚木駅前移転を決めたことと、消防署が駅前に来ることで、火災や救急車搬送にどれほど、影響を与えることとなるのか、十分に説明を受けているのでしょうか?
現職が再選すれば、それは既成事実となり、市役所庁舎のみならず、消防本部(消防署)も本厚木駅前に移転することとなります。本来は、厚木市長選挙の争点となるべきと考えますが、現職は、「争点隠し」をしています。

私は、市民に問いたいと強く考えています。

~~~~
平成 29 年中の救急出動件数は 11,612 件で、前年に比べ 319 件(2.8%)の増、搬送人員は 10,525 人で、前年に比べ 349 人増となり、1日当りの平均は、出動件数が 31.8 件、搬送人員は 28.8 人で、これは約 45.3 分に1回の割合で救急車が出動したことになります。
厚木市消防本部「救急活動の概要」
~~~~

【写真】: 支援者の方から、高幡不動尊の勝守(勝ち守り)を頂きました/本日の消防団火災出動。鎮火・反転指令後。
※ 撮影は(分団長・消防本部から)反転帰署命令が出たのちに行いました。