本日発行「タウンニュース厚木版(2018年10月12日号)」に活動報告関係記事掲載/「活動報告 No.258 地域の価値を高める」「政治活動ポスター」「枚数制限なし」「私たちも考えよう」「景観を意識する」「景観と無電柱化」

本日発行の「タウンニュース厚木版(2018年10月12日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。大見出しは「活動報告 No.258 地域の価値を高める」、小見出しは「政治活動ポスター」「枚数制限なし」「私たちも考えよう」「景観を意識する」「景観と無電柱化」です。

https://www.townnews.co.jp/0404/2018/10/12/452947.html

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算258日目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も17年1ヶ月28日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

タウンニュース厚木版は、朝日・読売・毎日・日経新聞を主力に折込まれております。配布部数変更に伴い、市内公共施設や商業施設、農協支所等への配架も始まっています。幅広い方たちのお目に留まることを期待しています。

==========
【数字でみる佐藤知一】(2018年10月12日 現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2358日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 17年2ヶ月12日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算258回
・タウンニュース掲載部数(合計) - 1546万9890部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回18万部発行)総発行部数 -217万9000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木版(発行部数50,930部)2018年10月12日号に掲載された さとう知一の寄稿記事(通算第258号)
※ 下の記事画像をクリックすることで、サイズが大きくなります。

2018-10-12-タウンニュース

 

神奈川県議会 全常任委員会 採決日(総務政策、防災警察、国際文化観光・スポーツ、環境農政、厚生、産業労働、建設・企業、文教)/故・服部 信明 茅ヶ崎市長通夜参列

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(8歳)の小学校見送り、長女(5歳)を保育園に送り届けてから、公務に就きました。

/本日は、神奈川県議会 全常任委員会(総務政策常任委員会、防災警察常任委員会、国際文化観光・スポーツ常任委員会、環境農政常任委員会、厚生常任委員会、産業労働常任委員会、建設・企業常任委員会、文教常任委員会)の採決日です。

/夜は、故・服部 信明 茅ヶ崎市長の通夜に参列をさせて頂く予定です。
私の所属委員会の終了時刻が長引いた場合は、参列叶いませんが、故人のご冥福をお祈りし、哀悼の誠を捧げます。

【写真】: 2015年5月21日 県議会民主党(当時)の先輩である服部信明 茅ヶ崎市長が、御当選の御報告と御挨拶にお見えになった時の写真です。

伯母の通夜に参列します/明日は、常任委員会/明後日からは、一か月間近くにわたる決算審査(決算特別委員会)

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(8歳)の小学校見送り、長女(5歳)を保育園に送り届けてから、公務に就きました。

/本日は、これから、伯母の通夜に参列します。
伯母の他界の悲報は、胸が潰れる思いですが、兄弟姉妹4人の中で、母は次女として、伯母は長女として育ちました。
一か月ほど先に母は他界しましたが、天国では、姉妹仲良く、互いに寂しい想いをすることはないと思います。在りし日の姿を偲び、心からご冥福をお祈りします。

/明日は、常任委員会。明後日からは、一か月間近くにわたる決算審査(決算特別委員会)が行われます。私も決算特別委員会委員として、質問に立ちます。

神奈川県退職公務員連盟 厚木愛甲支部「敬老祝賀会」(宮嶋固建 厚木愛甲支部長)

本日は、神奈川県退職公務員連盟 厚木愛甲支部「敬老祝賀会」(宮嶋固建 厚木愛甲支部長)にお招き頂き、来賓の一人として、ご挨拶の時間も頂戴しました。
本日は、お一人お一人とゆっくり、お話しをさせて頂きました。毎回、小中学校時代の恩師から、叱咤激励を頂戴しています。

朝4時半に起床し、午前5時から始まる実践倫理宏正会 朝起き会に出席/家族で回転寿司屋さん。生まれて初めてアプリを使って予約し入店しました/伯母他界

本日は、朝4時半に起床し、午前5時から始まる実践倫理宏正会 朝起き会に出席をさせて頂きました。
式典・朝起き会終了後、壮年部の皆様とお茶を飲み打つ、様々なことについて、お話をさせて頂きました。手作りのお漬物やおにぎりが、とても美味しかったです。

/10月4日、母の四十九日法要を菩提寺である妻田の青松寺にて執り行い、無事に納骨を済ませることができました。一方、体調を崩した亡き母の実姉(長姉)は、入院し、通夜・告別式、四十九日法要と参列して頂けませんでしたが、10月6日、実妹である母のあとを追うようにして、他界しました。今年の正月は、藤沢の実家で、母、伯母共に体調がすぐれない中にありながらも親族が集まり、共に新年を祝いました。そうした中でありましたが、とても残念です。

伯母の他界の悲報は、胸が潰れる思いですが、兄弟姉妹4人の中で、母は次女として、伯母は長女として育ちました。一か月ほど先に母は他界しましたが、天上界では、姉妹仲良く、互いに寂しい想いをすることはないと思います。在りし日の姿を偲び、心からご冥福をお祈りします。

【写真】: 朝4時半に起床し、午前5時から始まる実践倫理宏正会 朝起き会に出席/家族で回転寿司屋さん。生まれて初めてアプリを使って予約し入店しました

厚木市内公民館単位の地区大運動会・スポーツ祭(厚木市内14か所で開催)/ワールドフェスタ・ヨコハマ2018(山下公園)/第43回 中区民祭り ハローヨコハマ2018(横浜公園・日本大通り・象の鼻パーク)

本日は、厚木市内公民館単位の地区大運動会・スポーツ祭が、14か所で行われています。本日も、厚木南地区の開会式に出席し、一言御挨拶をさせて頂きその後、厚木北地区、荻野地区などの会場をそれぞれ廻らせて頂き、それぞれの会場で、一言ご挨拶をさせて頂きました。全て廻ることはできませんので、事前に各公民館を廻り、「お祝いメッセージ」を持参し、公民館関係者の皆様にご挨拶をさせて頂いております。

/妻と共に子ども達は、横浜のワールドフェスタ・ヨコハマ2018(山下公園)/第43回 中区民祭り ハローヨコハマ2018(横浜公園・日本大通り・象の鼻パーク) を廻っていました。ワールドフェスタで購入した本場のガーナチョコを食べて、ごきげんだったようです。妻と子ども達の昼食は、エジプト料理だったようです。

【写真】: 厚木市内公民館単位の地区大運動会・スポーツ祭(厚木市内14か所で開催)/ワールドフェスタ・ヨコハマ2018(山下公園)/第43回 中区民祭り ハローヨコハマ2018(横浜公園・日本大通り・象の鼻パーク)

本日は、長女の保育園運動会。保育園最後となる運動会でした。今年の親子競技も頑張りました

本日は、長女の運動会。保育園最後の運動会となります。ほぼ同じ時間の「第57回厚木市障がい者体育大会(荻野運動公園)」開会式は、申し訳ありませんが、今年は欠席させて頂きました。
長女は一番身体が小さいですが、対抗リレーでは、コーナーで相手を抜き去り、チームも勝利。卒業生の徒競走では、長男も参加し、一応勝利。親子競技では、私のチームも勝利と家族全員気持ち良く、最後の運動会を終えることができました。

会場で仲良く昼食(妻が早起きして作ったお弁当)を食べた後は、妻と長女は来年入所する学童保育の面接、長男は将棋教室、私は政治活動事務所訪問(新宿区)と立正佼成会団参(杉並区・第二団参会館)とそれぞれ、精力的に動きました。

【写真】: 本日は、長女の保育園運動会。保育園最後となる運動会でした。今年の親子競技も頑張りました。長女が食べてるのは「パン食い競争でGETしたパン」

本日の県議会は、4つの特別委員会(ともに生きる社会推進特別委員会/東京オリンピック・パラリンピック・ラグビーワールドカップ特別委員会/社会問題・安全安心推進特別委員会/経済・産業振興特別委員会)/赤い袋に入ったポンパドウルのパン

日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(8歳)の小学校見送り、長女(5歳)を保育園に送り届けてから、公務に就きました。

/本日の県議会は、4つの特別委員会(ともに生きる社会推進特別委員会/東京オリンピック・パラリンピック・ラグビーワールドカップ特別委員会/社会問題・安全安心推進特別委員会/経済・産業振興特別委員会)が開かれました。私は、経済・産業振興特別委員会の委員として、質問に立ちました。
「青少年センター機能の充実を図るために行う、厚木市への科学部移転」「さがみロボット産業特区協議会」「WHO世界保健機関との連携・エイジフレンドリーシティの取組み」「ヘルスケア・ニューフロンティア・ファンド」「第9回アジア地域セーフコミュニティ会議厚木大会 」等について、質疑を行いました。

【写真】: 昨日、母の四十九日法要も無事に終わりました。厚木には、美味しいパン屋さん・ベーカリーが沢山ありますが、亡き母は、ポンパドウルのパンを好んで、よく買っていました。実家に寄るといつも、赤い袋に入ったポンパドウルのパンがありました。肺機能を患い24時間呼吸器を付けるようになって、駅までの外出も億劫になってからは、少しずつ減っていったように思います。今思うと、私が購入して、実家に顔出しをもっとしてあげればよかったと本当に後悔しています。昨日の法要時に供えてあげようとも思いましたが、前日の帰りが遅かったもので、それも敵わず、本日、帰りがけに買って帰宅しました。 サンマも好きでした。実家の庭で取れたスダチを絞り、厚木の大根でおろした大根おろしをたっぷり添えて、美味しく食べました。

本日は、母の四十九日法要を菩提寺である妻田の青松寺にて執り行いました。無事に納骨を済ませることができました/玉川公民館、南毛利公民館、愛甲公民館、森の里公民館、小鮎公民館を廻り、日曜日の地区大運動会・スポーツ祭の「お祝いメッセージ」をお届けしました/国民民主党神奈川県第16区総支部 常任幹事会に幹事長として出席

本日は、母の四十九日法要を菩提寺である妻田の青松寺にて執り行いました。無事に納骨を済ませることができました。
遺族が祈ることによって故人の善業を足していくという意味も込めて、追善法要と呼ばれ、四十九日は、7回目のお裁きの日であり、極楽浄土に旅立てるかどうかの最終的な決断が下されるため、追善法要の中で一番重要な日とされているとのことです。

家業を継いだ弟にほとんど任せきりとなりましたが、御住職の御配慮を頂き、本堂を使わせて頂き、お斎(会食)まで、青松寺にて法要・納骨をさせて頂きました。

/午後は、玉川公民館、南毛利公民館、愛甲公民館、森の里公民館、小鮎公民館を廻り、日曜日の地区大運動会・スポーツ祭の「お祝いメッセージ」をお届けしました。当日もそれぞれ会場にお伺いし、一言御挨拶をさせて頂く予定ですが、公民館単位の地区運動会が14か所、その他のイベントもありますので、先にメッセージをお届けしています。郵送することもありますが、可能な限り、それぞれの公民館を廻り、自分自身でお届けするように心がけています。

/夜は、国民民主党神奈川県第16区総支部 常任幹事会に幹事長の立場で、出席しました。党勢拡大のための課題もたくさんあります。

【写真】: 本日は、母の四十九日法要を菩提寺である妻田の青松寺にて執り行いました。無事に納骨を済ませることができました。

神奈川県議会 常任委員会B日程(厚生、産業労働、建設・企業、文教)/厚生常任委員会で50分間質疑に立ちました/県立厚木東高校と県立厚木商業高校が再編・統合対象校/「日本政策学校一般公開講座」第1回パブリテック自治体講座<共生×鎌倉×パブリテック>〜テクノロジーを活用して自分らしく生きる〜

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、子ども二人(長男8歳と長女5歳)をそれぞれ、小学校見送り、保育園に送り届けてから、公務に就きました。

/常任委員会・特別委員会(経済・産業振興特別委員会、決算特別委員会)において、それぞれ質問に立つための質問内容とりまとめ、そのための勉強会を精力的に重ねています。

/本日は、午前10時30分から、神奈川県議会 常任委員会B日程(厚生、産業労働、建設・企業、文教)として、4常任委員会が開かれています。私は、厚生常任委員会に所属しています。

本日は、「医療的ケア児について」「青少年センター機能の充実について(科学部の厚木市への移転について)」「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例の見直しについて」「旧七沢リハビリテーション病院脳血管センターの移譲、及び、新病院の開院について」「動物愛護管理の取組について」「子どもの支援体制の充実について(県児童相談所・児童虐待)」「地域生活拠点事業について(津久井やまゆり園再生に向けた取組とその全県展開)」「学童保育・放課後児童クラブについて(施設・職場環境・待遇の改善)」等について触れて、50分間にわたり質疑を行いました。

/夜は、「日本政策学校一般公開講座」第1回パブリテック自治体講座<共生×鎌倉×パブリテック>〜テクノロジーを活用して自分らしく生きる〜 を受講します。行政のデジタル化、テレワークの推進については、私自身も県議会でこれまで取組んできた施策です。鎌倉市と民間の事例を学んで参ります。

~~~~~
パブリテックとは: Public×Technology の造語で、テクノロジーを社会に実装して、より便利で豊かな世の中の創造を目指す言葉です。
・行政のデジタル化
・スマートシティー
・AR、VRを活用したまちづくり
・RPAの導入
・テレワークの推進
など様々なテーマをまたがり、「技術×社会」の融合を通してどのような社会を目指すのかを実践する方々のケーススタディーを通して共有します。

プレゼンター:
●鎌倉市長 松尾崇氏
「脱満員電車、鎌倉市のテレワークへ込めた覚悟」 7月に「鎌倉テレワーク・ライフスタイル研究会準備会」を、市内外の50以上の企業や事業者とともに発足させた鎌倉市。鎌倉市がいかなる経緯でテレワーク推進に舵を切ったのか、そしてテクノロジーの進展がいかなる影響を与えているのかについて。

●株式会社ぐるんとびー代表取締役 菅原健介氏
「ごちゃ混ぜ、共生、デンマーク」菅原健介氏は、共創かまくらプロジェクトの賛同者として福祉・医療にかかる政策提言を鎌倉市に対して行い、藤沢市でUR住宅を活用した介護施設を運営し注目を浴びる「ぐるんとびー駒寄(小規模多機能型居宅介護施設)」を運営している。
その設立理念は、デンマークの影響を強く受ける。菅原氏が影響を受けたデンマークはEUでも最もIT指数が高い国。デジタル化は手段であり、その背景にある共生の理念について。
~~~~~

【写真】: 神奈川県教育委員会は、2020~2023年度に実施する県立高校改革・2期実施計画案を文教常任委員会で示しています。学校の再編・統合計画について、県内を5地域に分けて検討を進めていますが、今回の計画案では3地域の8校を4校に統合する案が盛り込まれました。厚木東高校と厚木商業高校が、再編・統合対象校となりました。残念ですが、前向きに対応して参ります。県教育委員会とも、しっかりと話し合い、情報共有を進めています。